>中国/香港/台湾の自動車メーカー

この奇っ怪なフロントは一体?中国最高級ブランド「紅旗」がピュアEV、E-QM5を発表。この顔つきで実際に発売されるらしい

投稿日:

紅旗E-QM5

| ヘッドライトがいったいどこにあるのかわからない |

さて、日本へと上陸を果たすと言われたり、ロールスロイスのデザイナーを獲得したりと話題には事欠かない中国の自動車メーカー「紅旗」。

今回は上海モーターショーにて発表したピュアエレクトリックカー、「Hongqi E-QM5」のデザインがあまりに奇抜だとして話題となっています。

なお、紅旗は1000万円オーバーの高級エレクトリックSUV、E-HS9を(昨年10月の北京モーターショーにて)発表したばかりですが、今回はそれに続くエレクトリックモデルとして追加したのがこのE-QM5。

北京MSにて、中国最上位ブランド紅旗よりフラッグシップモデル「H9+」「E-HS9」公開!ロールスロイスへの対抗馬

この記事のもくじ1 | デザイナーはもとロールスロイスのジャイルズ・テイラー |1.1 紅旗は中国の官僚御用達ブランド1.2 紅旗E-HS9はこんなクルマ1.3 こんな記事も読まれています | デザイ ...

続きを見る

ライバルはBMW 5シリーズあたり?

なお、紅旗は「L」や「E」といったモデル名を採用する事が多く、Lはフラッグシップセダン、そしてEはエレクトリックモデルを指し、数字は「クラス」を表します(数字が大きいほうがサイズ、もしくはヒエラルキーが高い)。

hongqi-e-qm5 (4)

今回のE-QM5については「5」というナンバーが振られており、これは紅旗の通例からすると「アッパーミドル」クラスに位置し、BMWだと5シリーズ、メルセデス・ベンツだとEクラスに相当するのだと思われます。

hongqi-e-qm5 (5)

このE-QM5のボディサイズは全長5,040ミリ、全幅1,910ミリ、全高1,569ミリ、ホイールベースは2,990ミリという数字を持ち、バッテリーサイズは136PS/134HP、エレクトリックモーターは「シングル」(フロントにマウント)。

一回の満充電あたり航続可能距離は431キロ(NDECサイクル)、価格は20万元(330万円くらい)~30万元(500万円くらい)だと言われます。

hongqi-e-qm5 (6)

なお、そのデザインはあまりに「奇っ怪」と言わざるを得ず、しかしこれが「中国で好まれるデザイン」なのかもしれません(日米欧の自動車メーカーのクルマをコピーするよりはよっぽどいい)。

hongqi-e-qm5 (3)

奇妙に直線と曲線とが交錯する不思議さもあり、そして「フロントとリアのデザインに全く統一性がない」のも中国車の特徴だと言えるかもしれませんが、どれくらい売れるのかも気になるところですね。

hongqi-e-qm5 (2)

紅旗E-QM5のインテリアはこうなっている

そしてこちらは紅旗E-QM5のインテリア。

エクステリアに比べるとまだ「普通」といった印象ではあるものの、物理スイッチが少ないので、車両の機能の多くはセンターにある大きなタッチスクリーンにて行うのだと思われます。

hongqi-e-qm5 (7)

ステアリングホイール上に燦然と輝く「紅旗」の文字が印象的ですね。

hongqi-e-qm5 (1)

合わせて読みたい、中国・紅旗関連投稿

紅旗S9ハイパーカー
【動画】これが中国最高ブランド「紅旗」が世に問うハイパーカー「S9」だ!0-100km/h加速1.9秒、最高速400km/h、価格は1億円

この記事のもくじ1 | HongQi S9の限定台数は99台というが、実際にそこまで売れるかどうかはわからない |1.1 紅旗S9の生産はイタリアにて1.2 そのデザインは完全にリブート1.3 デザイ ...

続きを見る

紅旗Lコンセプト
中国の最高級ブランド「紅旗」より、フラッグシップを予告する「Lコンセプト」が発表に!LEDが眩しくて目が潰れそうだ・・・。

この記事のもくじ1 | ここへ来て、紅旗のデザインは急激に高いオリジナリティを持つに至ったようだ |1.1 「紅旗 L-Condept」はこんなクルマ1.2 紅旗 Lコンセプトのシートは「3座」1.3 ...

続きを見る

中国・紅旗公式サイトが日本語対応!「L5」購入には資格審査あり
中国・紅旗公式サイトが日本語対応!「L5」購入には資格審査あり、納車の際には式典が開催され、オーダー礼服まで作ってくれるようだ

この記事のもくじ1 | 紅旗の第一号試作車はマツダの市販車第一号よりも早く登場していた |1.1 紅旗は日本市場へと本格的に進出?2 中国・紅旗の歴史はこうなっている2.1 紅旗L5は細部に至るまでの ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5