>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

新型VWポロが電撃発表!1800万台を売った屋台骨だけあって「クラス最高の装備」が与えられたようだ

投稿日:

新型VWポロが電撃発表!1800万台を売った屋台骨だけあって「クラス最高の装備」が与えられたようだ

| ここまでの装備を与えられると、競合他社は自社の製品について最高せざるを得ない |

さて、フォルクスワーゲンが突如ポロをフェイスリフト(マイナーチェンジ)。

今回価格は発表されていないものの、それでも改良内容を見るに「コンパクトカーの中ではもっとも高いコストパフォーマンスを発揮しそうだ」ということが直感的にわかるほどの充実した内容となっています。

ここでフォルクスワーゲンが発表した「新型ポロ」を見てみましょう。

ポロはフォルクスワーゲンの稼ぎ頭のひとつ

なお、ポロは誕生から50年という歴史の中でじつに1800万台を販売しており、文字通りフォルクスワーゲンを支えるひとつの「柱」に。

よって、フォルクスワーゲンにとっては「販売を維持し、絶対にそのポジションを他社に奪われてはならぬ」という使命を与えたクルマとなりますが、そういった期待度の高さが今回のフェイスリフトにも現れているように思います。

VW-Polo (2)

まずは外装だと、ヘッドライト/テールランプと前後バンパーとが変更され、LEDヘッドライト/テールランプは全車標準装備化へ(このクラスでは、かなり異例だと思う)。

これによってその表情及び印象が一新されており、ヘッドライト下部に内蔵されたLEDデイライト・ランニングランプはフロントグリル下部にあるイルミネーションストリップと連結することに。

なお、フロントバンパー下部のデザインはこれまでのフォルクスワーゲンには見られないもので(これまではハの字=オメガデザインが多かった)、今後はこういった意匠を持つフロントが広く採用されるのかもしれません。

VW-Polo (3)

さらにはオプションといえど、そこまで一般化していないアダプティブマトリクスLEDを選べるのも嬉しいところですね。

VW-Polo (5)

テールランプの発光グラフィックも新しくなり、ゴルフ8やアウディA3を連想させるスタイルに。

VW-Polo (4)

ちなみにテールパイプのように見えるクロームのパーツは「ダミー」。

これからエレクトリック時代を迎えるにあたり、ガソリン車では当たり前の存在だった「テールパイプ」が姿を消しゆくことになりますが、そういった将来を見据えるといった点においても、「スポーティーさを演出するための手法として、ダミーにてテールパイプを強調する」というステレオタイプなデザイン手法は消滅して然るべきだと考えています。※特にこの”ダミーパイプ”手法はフォルクスワーゲンにて良く用いられている

VW-Polo (6)

【動画】アウディS6のテールパイプは完全フェイク!実際は貫通せずに排気は別のところから行われる。ほかのフェイクマフラーも見てみよう

この記事のもくじ1 | 現代において、フェイクテールパイプは珍しいものではない |1.1 ドイツの自動車メーカーは大きな矛盾を抱えている1.2 ほかにはこういった「フェイク」エキゾーストも1.3 スー ...

続きを見る

新型ポロに用意されるエンジンは(本国だと)いずれも1リッター3気筒で、もっともベーシックなものはノンターボの79馬力、そこから上のグレードだとダーボチャージャーとの組み合わせにて94馬力、109馬力といった仕様が存在します。

グレードについて、やはり本国だとLife、Style、R-Line、さらにはGTIが用意されるようですね。

新型フォルクスワーゲン・ポロのインテリアはこうなっている

そしてこちらが新型ポロのインテリア。

「デジタルインストルメントパック」が標準装備され、グレードによって8インチ~10.25インチのインフォテイメントタッチスクリーン、10.25インチのデジタルメーターが与えられることに。

オプションでは「クライメートコントロール」が用意されるものの、先行してこれを装備しているゴルフ8、ID.4での評判は(扱いにくいとして)高くなく、実際に使用した際の反応等について改良されているのかどうかは気になるところです。

VW-Polo (7)

新型ポロについては「2022年モデル」扱いとなり、夏以降に生産され、本国だと2021年末あたりから納車が開始される、とのこと。

VW-Polo (8)

合わせて読みたい、フォルクスワーゲン・ポロ関連投稿

VWが新型ポロを発表。ゴルフ4同等の大きさに成長し、内装にはゴルフ以上の先進性

フォルクスワーゲンが先日よりティーザーキャンペーンを開始していた新型ポロをついに公開。 6世代目となりますがそのサイズはさらに大きくなり、ゴルフ4とほぼ同じ大きさにまで成長しています。 全長4053ミ ...

続きを見る

クレイジーカラーのVWポロ、「ハーレクイン」
まさかのVWオフィシャル!クレイジーカラーのポロ「ハーレクイン」が公開に。このカラーリングは1964年のビートルまで遡れるらしい

この記事のもくじ1 | そこには以外なフォルクスワーゲンの歴史が絡んでいた |1.1 当時は実際に販売されていた2 ポロ・ハーレクインの誕生には意外な背景があった2.1 合わせて読みたい、関連投稿 | ...

続きを見る

VWがポロに”R”を設定!? ゴルフRと同じ2リッターターボエンジン、4WDを搭載するとのウワサ

★兄貴分のゴルフRを食ってしまうのは確実。どうするVW?★ フォルクスワーゲンが「R」ファミリーを拡大し、発表されたばかりの「T-ROC」にも「T-ROC R」を設定したうえ、ポロにも「Polo R」 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f