>韓国の自動車メーカー ■新型車情報/スパイフォト/噂など

「アイオニック5」が大人気のヒュンダイ!次なる一手としてウナギイヌっぽいデザインを持つ「プロフェシー」をアイオニック6として発売する模様

投稿日:2021/05/09 更新日:

「アイオニック5」が大人気のヒュンダイ!次なる一手としてウナギイヌっぽいデザインを持つ「プロフェシー」をアイオニック6として発売

| ヒュンダイは個々のクルマに個別のデザインを与えて個性を強調するようだ |

さて、ヒュンダイは「アイオニック5」を韓国とヨーロッパにて発売しており、それぞれの地域では記録的な受注を達成。

その人気の秘密はおそらく(性能よりも)デザインにあると思われ、まるでコンセプトカーがそのまま発売されたかのようなルックスがあまりに新鮮だったのだと思われます。

そこでヒュンダイが次の一手として考えていると言われるのが「アイオニック6」。

ヒュンダイの新型EV、アイオニック5が欧州でも爆発的人気
ヒュンダイの新型EV、アイオニック5が欧州でも爆発的人気!2020年に欧州でテスラが販売した台数の2.4倍の予約を数日で獲得、何がそんなにスゴいのか?

この記事のもくじ1 | アイオニック5は「テスラキラー」最右翼と見られるが |1.1 ヒュンダイ・アイオニック5はゲームチェンジャーに?2 ヒュンダイ・アイオニック5はこういったスペックを持っている2 ...

続きを見る

アイオニック6はまったく異なるデザインに

そしてアイオニック6について、これは発表済みのコンセプトカー「プロフェシー・コンセプト」の市販モデルになると言われます。

このプロフェシー・コンセプトはアイオニック5とは全く異なる、表面がヌルっとしたウナギイヌのようなデザインを持っており、「レトロフューチャー」なアイオニック5とは全く異なるもの。

hyundai-prophecy-concept

ヒュンダイがポルシェ930ターボみたいなウイングを持つ「プロフェシー・コンセプト」を発表した件

この記事のもくじ1 | おそらく何らかの意図があってのことだと思われるが |1.1 楽観的な未来と、悲観的な未来の両方を「予言」1.2 ヒュンダイ・プロフェシー・コンセプトのインテリアはこうなっている ...

続きを見る

ここ最近の自動車メーカー各社におけるデザイン的傾向としては、新興市場しかし最大でもある中国でのプレゼンスを高めるため、メーカー内にて類似した意匠をもたせる「金太郎飴」デザインを採用するのが常套手段となっていますが、ヒュンダイはこの金太郎飴に対して批判的であり、車種それぞれに固有のデザインを持たせるとも宣言しています。

実際のところ、ツーソンやヴェロスター、コナなど発売済みのクルマについても「それぞれ異なる」デザインを持っており、ヒュンダイはこれを「ヒュンダイルック」と主張しているようですね。

ヒュンダイはドイツの金太郎飴デザインを批判。「ヒュンダイ・ルック」採用の新コンセプトを発表予定

| ヒュンダイは新しいデザイン戦略を採用 | ヒュンダイのデザインディレクター、ルク・ドンカーヴォルケ氏は以前に「今後ヒュンダイの”つまらない”デザインを変える」と発言していますが、今回は(以前にジュ ...

続きを見る

アイオニック6はどんなクルマに?

現時点ではヒュンダイ・アイオニック6についてなんら情報はないものの、サイズ的にはアイオニック5よりも大きくなると思われ、ホイールベースが延長されることでバッテリー容量が大きくなり、一回の充電あたり走行可能距離は最大で700kmに達するとも。

hyundai-prophecy-concept1

なお、ヒュンダイは2020年にこのアイオニックブランドを立ち上げており、エレクトリックブランドとして運用する方針を示しています。

これはヒュンダイのサブブランドということになりますが、今後はSUVボディを持つ「アイオニック7」など、様々なモデルが登場すると言われていますね。

【動画】ヒュンダイが新ブランド「IONIQ」立ち上げ!BTSを起用しオリジナルソングをもってブランドイメージ浸透を図る

| ヒュンダイは豊富な資金力にモノを言わせてプロモーションに多額のコストを投じている | さて、ここしばらくはBTSと共同にてプロモーションを行っているヒュンダイ。日本においても公式ウエブサイトをリニ ...

続きを見る

hyundai-prophecy-concept2

ヒュンダイは急速にEV販売を拡大する意向

ヒュンダイは「ヒュンダイブランド」からもEVを発売しており、キア含むグループ全体では2021年に約16万台のEVを販売する予定を掲げています。

加えて2025年には12モデル、そして56万台にまで販売規模を拡大する計画を持っていますが、このアイオニックブランドとどう差別化や棲み分けを行うのかは今のところ不明。

hyundai-prophecy-concept5

おそらくヒュンダイブランドでは「不普及価格帯」、アイオニックブランドからはデザインにこだわった「プレミアムEV」をリリースするということになりそうですが、今後は「お手並み拝見」といったところですね。

hyundai-prophecy-concept7

合わせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

【動画】けっこうイケてるヒュンダイ・エッセンティア・コンセプト。市販予定なるもどこまで実現できる?

| ヒュンダイ・エッセンティア・コンセプトは市販化の予定 | ヴィラ・デステ2018コンコルソ・デレガンツァにて展示されたヒュンダイ・エッセンティア・コンセプト。 すでにオンラインとアメリカでは公開さ ...

続きを見る

ヒュンダイグループがヤル気だ。ジェネシス、ヒュンダイ、キアよりなかなかイケてるクルマたちを発表

それでもボクがヒュンダイを買うことは絶対にない ヒュンダイの高級ブランド、ジェネシスがニューヨーク・モーターショーにてエレクトリックコンセプト「ミント」を公開。これはピュアEVとなり、詳細は公開されて ...

続きを見る

「燃える」「爆発する」ために12万台のうち7.7万台がリコールされたヒュンダイ・コナ・エレクトリック。イメージ一新のためか発売2年で外観を変更

この記事のもくじ1 | とくにオーストラリアでは道の向こうに駐車していたガレージのドアが飛んでゆくほどの爆発を起こしている |2 韓国製のコナ・エレクトリックは火災もしくは爆発の恐れ3 そんなコナはフ ...

続きを見る

参照: thekoreancarblog.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5