>中国/香港/台湾の自動車メーカー

中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?

投稿日:2021/07/13 更新日:

中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?

| もしかすると、宏光ミニEVはGMとWulingとの合弁会社に大きな利益をもたらすかもしれない |

現代の自動車は「単体」での損益を語ることができなくなっている

さて、とにかく中国で「売れに売れている」と言われる宏光ミニEV(Hong Guang MINI EV)。

その理由は「50万円以下」という破格のプライスにあると考えられますが、2021年は年間で40万台を販売するのではないかという予測もあるようです。

なお、この価格を実現するにはさすがに人件費の安価な中国といえど相当な苦労をしたようで、現地での報道によれば、この宏光ミニEV1台あたりの利益はなんと89元(日本円で1500円)。

pc-p6-img-9

それでも数が売れれば大きな利益に

この「利益」について、どこまでを原価として計算したものかはわかりませんが、この数字はとてつもなく少なく、「自動車業界でもっとも儲からない」日産自動車の1台あたり利益平均である11,000円すら下回る水準です。

自動車28ブランドの利益率公開!フェラーリは1台売って1023万円の利益。日産が同じ額を稼ぐには926台を売らなくてはならない・・・

| わかってはいたが、フェラーリの利益率は圧倒的だった | 2019年における自動車業界の統計が公開され、「フェラーリがもっとも利益の出る自動車メーカーであり、テスラは未だに赤字」という事実が明らかに ...

続きを見る

ただ、40万台も売れるとなると「6億円」の利益総額となるので、1台あたりで儲からなくとも、トータルではかなりな利益になるのかも(加えて、オプション販売や、納車後の整備等はプラスアルファでの収益となる)。

pc-p6-img-8

現在中国では「損して得を取る」ビジネススタイルが主流であり、とにかく利益を削ってでも数を販売し、市場での認知度を向上させるスタイルが好まれる模様。

これがメインストリームとなった理由としては、「市場(人口)が多い」ため、利益単価の少なさを数でカバーできるからだと思われ、ここは人口が限られる日本とは圧倒的に異なるところです。

宏光ミニEVの狙いは別のところに?

なお、中国でも欧州や米国同様に「環境クレジット」が導入されており、これは「環境を汚染するクルマを販売した分だけクレジットを失い(罰金を払い)」、「環境に優しいクルマを販売すれば、その分クレジットをもらえる」というもの。

ただ、もらうぶんのクレジットは「現金」ではなく、しかし「失うクレジット」に充当(差し引き)でき、これも欧州や米国同様に他社へと販売することも可能です。

現在、この宏光ミニEVを精算するのは中国のWulingとGMとの合弁企業ですが、ここで販売するクルマは「クレジットをプラスマイナスすると」現在マイナスであり、そのマイナス分クレジットを補填して罰金を支払わなくてもよくするためにテスラからクレジットを購入している、とも報じられています。

テスラ・スーパーチャージャー
2020年、通年ではじめて黒字化したテスラ。その利益構成は「自動車販売だけ」ではなく、他の自動車メーカーに販売する「クレジット」もかなりの割合を占めていた!

| テスラは将来的に、「バッテリー」「ソフトウェア」の販売も計画しているというが | さて、2020年にはじめて「通期で黒字を達成した」テスラですが、その利益構成は「車両の販売のみによるものではない」 ...

続きを見る

そこで考えねばならないのが「クレジットの価値」で、報道によれば「1クレジットは3000元(約5万円)に相当する」とのこと。

pc-p6-img-4

つまり、宏光ミニを売れば売るほどクレジットが加算され(宏光ミニ1台につき、2クレジットを獲得)、GMとWulingの合弁会社が支払う罰金、およびテスラから購入するクレジットの金額が少なくなるということを意味します。

さらには、この宏光ミニが売れまくれば「クレジットが余る」可能性も大いに出てくることになり、この余ったクレジットはもちろん他社へと販売することが可能なので、GMとWulingにとっての新たな収益源となる可能性も。

そうなると、ますます「損して得を取る」という性格が強まることになり、宏光ミニの価値は企業にとって「かなり高い」という判断もできそうですね(これに限らず、各社がEVを売りたいと考える背景にもクレジットが大きく関係している)。

スバルのキー
参考なぜスバルは儲かるのか!1台売って19万、「マツダの3万、ホンダの4万」より大幅に利益が出るナゾ。営業利益率は一時期ポルシェと並ぶまでに

| 現在、トヨタに抜かれたこそしたものの、すぐに抜き返しそうだ | さて、コロナウイルスの影響にて自動車業界にも様々な影響が出るのは必至ですが、中には「影響を受けやすい」メーカーもあれば、そうでないメ ...

続きを見る

あわせて読みたい、宏光ミニEV関連投稿

「中国ではテスラよりも売れている」48万円の格安EV、宏光ミニEV
「中国ではテスラよりも売れている」48万円の格安EV、宏光ミニEV。どうやら現地では「猫バス仕様」「(ポルシェの)ピンクピッグ仕様」が走っているようだ・・・。

| やはり中国はなんでもアリだったな | さて、「中国で、テスラよりも売れているEV」としてたびたび報道される「宏光ミニEV」。それもそのはずで、車両価格はなんと48万円という突出した安さです。 「テ ...

続きを見る

五菱HongGuang Mini EV
中国市場にて「48万円の」宏光ミニEVがさらに売れ、1-3月ではテスラ・モデル3の倍近くが販売される。市場シェアはなんと20%に達した模様

| このままだと猛烈な勢いで中国全土に蔓延し、一気に廃れることになりそうだ | さて、「テスラよりも売れている」と報道されて話題になった宏光ミニEV(五菱HongGuang Mini EV)。2021 ...

続きを見る

参照:Xcar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5