>その他の国の車

40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ

投稿日:2021/07/28 更新日:

40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ

| フルモデルチェンジはなされていないものの、ニーヴァには頻繁な改良が施されている |

2024年には親会社、ルノーの協力を得てついにモデルチェンジという話もあるようだ

さて、走る化石と言われる「ラーダ・ニーヴァ(ロシアでは4x 4に改名)」の新バリエーション、ブロント(ブロンコと間違えそうだ)の受注が本国に開始。

これはニーヴァのハードコア版という位置づけですが、もともとこの「ブロント」はアフターマケットでのカスタムとして人気を博し、その後にニーヴァを展開するアフトヴァース社がこれを買収することで「正式なバリエーション」となったのだそう(JCWやAMGに似た展開)。

Lada-Niva-Bronto-1

そのエクステリアはワイルドに

そしてこのニーヴァ・ブロントのエクステリアについて、通常版のニーヴァ(下の画像)に比較するとぐっとワイルドなイメージを持っており、まずは車高が上げられてオフロードタイヤが装備。

さらにフロントバンパーやグリルが力強いデザインへと変更され、大きなタイヤを収めるための前後オーバーフェンダーにサイドステップ、ルーフにはレール、マッドフラップが装着されるなどアウトドアテイストが満載となっています。

obnovlennaya-lada-4x4 (1)

どれくらいリフトアップされているのか詳細は不明ではあるものの、前後アクスルが「丸見え」となっているので、けっこう車高を上げられているのかもしれません。

Lada-Niva-Bronto-2

タイヤとホイールハウスとの隙間もけっこう大きく、最低地上高がかなり高くなっているので(240ミリある、とされている)、乗降の際は「ヨイショ」という感じなのかもしれませんね。

Lada-Niva-Bronto-5

なお、通常版ニーヴァのボディサイズは全長3640ミリ、全幅1680ミリ、全高1640ミリなので、ジムニーシエラよりも9センチ長く、0.5センチ広く、9センチ低いといったサイズ感です。

2020年モデルの(通常版)ニーヴァだと、搭載されるエンジンは1.7リッター自然吸気/83馬力、トランスミッションは5速マニュアル、駆動方式はトランスファーを備える4WDで、0-100km/h加速は17秒(これは40年前とあまり変わらないのかも)、最高速は142km/hだとアナウンスされています。

もちろん日本では正規の取り扱いはなく、しかしオートリーゼンさんにて扱いがあるようですね。

Lada-Niva-Bronto-4

今回インテリアの画像は公開されていないものの、2021年のアップデートでは、メーター類やシート、エアコンなどがアップデートされ、さらに振動や騒音を低減するパッケージオプションも導入されており、より日常性を高めているようですね。

このニーヴァ・ブロントには「リュクス(Luxe)」「プレスティッジ(Prestige)」の2グレードが存在し、リュクスだとメタルバンパー、レール、ホイールアーチエクステンション、オールテレインタイヤを装着した15インチホイールが装備され、プレスティッジ(こちらが上位)ではプラスチック製バンパー、専用グリル、フォグランプ、プラスチック製ホイールアーチライニング、サイドシルプロテクションが与えられます。

オプションとしてはルーフ上のライトバー、カモフラージュペイントがあるというのでかなり「本格的」。

ニーヴァ・ブロントについて価格は公表されていないものの、通常版ニーヴァでは632,900〜717,900ルーブル(95万円〜108万円くらい)という価格設定を持っています。

このニーヴァについて、「40年以上もモデルチェンジを経験していない」という異例のクルマではありますが、そのかわりということなのか頻繁に改良を続けており、ラーダの「ニーヴァに対する」愛情が伺えますね。

なお、そのニーヴァについても、ついにフルモデルチェンジが行われると(親会社のルノーから)アナウンスされており、こちらにも期待したいところです。

あの「走る化石」ラーダ・ニーヴァに2020年モデル登場!内外装はほぼ一緒、しかし「フェイスリフト」扱い、そして名称は「4×4」に変更

| 価格が安ければちょっと欲しいクルマのひとつ | 1977年の登場以来、モデルチェンジを受けずに42年も製造されているラーダ・ニーヴァ。今回2020年モデルを発表するとともに、「ニーヴァ」の名称を「 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ラーダ・ニーヴァ関連投稿

モデルチェンジ版、ラーダ・ニーヴァ
1977年の登場以来モデルチェンジをしていない「走る化石」ラーダ・ニーヴァ。しかし今回、ついにフルモデルチェンジされることになったようだ

| おそらくラーダ・ニーヴァは自動車業界における最長寿モデル | あの「生きた化石」「走る化石」と言われるラーダ・ニーヴァ(LADA NIVA)。1977年に発売された後、一度もモデルチェンジすること ...

続きを見る

こんなにカッコいいオフローダーは見たことない!メルセデスGクラスと”走る化石”ラーダニーヴァが合体したらこうなった

| 単なるキワモノではないその姿を見てみよう | インダストリアルデザイナー、Aleksandr Isaev氏が「G-Niva」なるレンダリングを公開。これはその名から、そして見た目から推測できるとお ...

続きを見る

40年間変わらないスタイルで生産された「ラーダ・ニーヴァ」にアニバーサリーモデル登場

| 今まで生き残っているのはまさに奇跡 | ロシアの自動車メーカー、ラーダが製造する「ニーヴァ」が40週年に。1977年に発売されたということになりますが、40年間変わらないルックスには意外とファンが ...

続きを見る

参照:LADA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5