>テスラ(TESLA)

テスラ関連ニュース3連発!「バッテリー工場で大規模火災」「サイバートラックの納車が遅れる」「電動超音速垂直離着陸機(VTOL機)開発か」

投稿日:

テスラ関連ニュース3連発!「バッテリー工場で大規模火災」「サイバートラックの納車が遅れる」「電動超音速垂直離着陸機(VTOL機)開発か」

| 良くも悪くも、テスラの話題にはこと欠かない |

バッテリー工場の火災はテスラだけの問題ではなく、今後は各自動車メーカーにとってひとつの課題となりうるだろう

さて、先日「過去最高の販売台数と利益を記録した」と報じられたテスラ。

ただし良いこともあれば「そうでないこと」もあり、今回は工場の火災が広く報じられています。

オーストラリアのABCニュースによると、火災はオーストラリアのジーロング近郊にあるビクトリアン・ビッグ・バッテリーの製造工場にて、まずは13トンのリチウム電池が発火したのに続き、隣接する設備にも延焼したとのこと。

現在、生産に関する遅れは不透明

この大規模な火災を鎮火するため、現地では150名の消防士が動員されたそうですが、「有毒ガス」が発生していることが報じられており、近隣のジーロングでは、有毒煙警報が発令され、付近の住民に対しては窓を閉め、暖炉の煙突を閉め、ペットを室内に入れるよう警告が発せられている、とのこと。

幸いなことにけが人は出ておらず、現在はほぼ鎮火しているそうで、「完全に火が収まるのを待っている」状態なのだそう。

なお、バッテリーの火災は様々な問題をはらんでいるようで、火を消し止めたとしても再び燃えだすこともあり、車だと意図的に水没させたり、今回のように「ひたすら待つ」という対応が必要となるようですね。

加えて、事故の衝撃によって、発火したバッテリーが周囲に飛散すると二次災害を引き起こす危険性も指摘されています。

その意味では消防士たちも新たな訓練が必要になるものと思われ、エレクトリック時代の消火活動はこれまでとは異なるものとなるのかもしれません。

BMW i8が炎上→消火が難しく消防士がやむなく水没させる。構造や動力源が複雑になれば「完全鎮火」が難しくなり、消防士にとっても困難な時代に

| メーカーがそのクルマに関する勉強会開催、資料配布を行う必要がある | オランダにて、炎上したBMW i8を鎮火させるため、消防署が水を貯めたコンテナにBMW i8を突っ込んだ、というニュース。これ ...

続きを見る

テスラ・サイバートラックは「納期遅れ」も

そしてこの工場の火災とは無関係ではあるものの、どうやらサイバートラックの納車が遅れ、今年後半の予定から「2022年」へとずれ込む模様。

この理由としては「バッテリーセルの入手が限られており、グローバルなサプライチェーンの課題がある」ということですが、予約が100万台ほどに達しているとも報じられているので、落胆している人も多いかもしれませんね。

なお、テスラはドイツ(ベルリン)、アメリカ(オースティン)にて新しい工場を建設しており、これらでは秋以降に(一番の売れ筋の)モデルYの生産を開始し、その後にサイバートラックの製造を開始する、とも。

テスラ・サイバートラック

テスラは現時点で明確に遅れに対し言及しているわけではありませんが、テスラの車両エンジニアリング担当副社長によると、「サイバートラックは現在、アルファ段階にある」「(アーキテクチャの)基本的なエンジニアリングを終えた」ところであり、まだまだ開発段階にあること、そして「ベルリンとオースティンで製造されているModel Yの構造パックと大規模なキャスティングデザインの多くを受け継ぐ」ため、これらの生産が軌道に乗った後にサイバートラックが製造されるであろうこと、「今年後半にはベルリンでサイバートラックのベータ版を開始し、モデルYの生産稼働後には生産設備を拡大してテキサスに持ち込むことを検討している」ことについてコメント。

さらにテスラのCEO、イーロン・マスク氏は、「サイバートラックが顧客への配送に適した規模になるためには、サプライヤーと協力してチップ不足を解消する必要がある」とも述べており、様々な解決すべき問題、そして優先事項の問題があるとも考えられます。

テスラ・サイバートラック
テスラ・サイバートラックの予約が100万台(2020年のテスラ総販売台数の倍)を超えた模様。「枠」の確保のために一人で数百台注文した人もいるようだ

| 数々のライバルが登場すれど、やはりサイバートラックの人気は圧倒的 | サイバートラックはパフォーマンス面においてもライバルを圧倒しそうだ さて、テスラ・サイバートラックの予約が「100万台を超えて ...

続きを見る

参照:Electrek

テスラは電動垂直離着陸機を開発?

そしてテスラCEO、イーロン・マスク氏は「超音速の垂直離着陸(VTOL)電気ジェット機」に興味があると述べています。

これまで同氏は「空飛ぶクルマのたぐいはなんの解決策にもならない」「バッテリーのエネルギー密度の低さとコストの高さから見て実用化できない」というスタンスを示していたものの、今回「超音速のVTOL(垂直離着陸)電動ジェット機の開発を行いたくてたまらない。しかし、私はすでに仕事を抱えすぎており、これ以上、仕事が増えると脳が爆発してしまうことになるだろう」と語ることに。

まだまだ先にはなりそうですが、ポルシェのように、テスラも「空を目指す」ことになるのかもしれませんね。

テスラCEO「空飛ぶ車はなんの解決にもならない。いつか重大事故を起こす」

| テスラCEO「空とぶ車は無駄 | テスラCEO、イーロン・マスク氏が自身の所有する「ボーリングカンパニー」のイベントにて、「空飛ぶ車は何も解決にならない。それどころか重大ない事故を引き起こすだろう ...

続きを見る

参照:InsideEVs

合わせて読みたい、関連投稿

やはりポルシェは「空」に強い興味があるようだ!エアタクシーに関するレポートを公表し、「200億ドルの投資、勇気と粘り強さが必要だが、市場規模は320億ドルになる」
やはりポルシェは「空」に強い興味があるようだ!エアタクシーに関するレポートを公表し、「200億ドルの投資、勇気と粘り強さが必要だが、市場規模は320億ドルになる」

| 今後、ポルシェがどう判断するのかはちょっとした見ものだ | 空飛ぶクルマは自社のみではどうやっても実現できず、法規やインフラに関わる課題も多い さて、「空」に対して強い興味を持つとされるポルシェ。 ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが2021年第二四半期の実績を報告!販売台数は20万台、利益は初の10億ドル超え、売上高も過去最高に

| その上、クレジット依存体質からも抜け出すことができそうだ | このままサイバートラックの納車を成功させてほしいところだが さて、テスラが2021年第二四半期(4~6月)の決算報告を行い、8四半期連 ...

続きを見る

テスラ・モデルSプレッド
【動画】テスラ・モデルSプラッドは一般道でも「0-60マイル加速1.99秒」を出せるようだ!こんなクルマを普通に売ってもいいものか・・・

| EVは加速に優れるという特徴を持つが、そのうち「加速制限」が導入されそうだ | それにしてもテスラ・モデルSプラッドの速さには驚かされる さて、テスラは0-60マイル(0−96km/h)加速を1. ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5