>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ・ウルスにランボルギーニらしくないリコール届け出!「リアシートにチャイルドシートをシートベルトで固定するとうまく機能しない可能性がある」

投稿日:2021/08/13 更新日:

ランボルギーニ・ウルスのコンフィギュレーター

| 「ランボルギーニとチャイルドシート」という組合わせがなんともユーモラス(危険性があるのでそう言っている場合ではないけれど) |

ディーラー側もウルスの登場によってこれまでにない対応を迫られそうだ

さて、ランボルギーニ・ウルスに「チャイルドシートの装着時に問題が生じる」として米国にてリコール。

「ランボルギーニとチャイルドシート」というところに(先入観からくる)ミスマッチを覚えますが、これもウルスならではの事例なのかもしれません。

現在リコールが出されているのは北米のみで、対象となるウルスは224台。

御存知の通りウルスは現在ランボルギーニ唯一のSUVそして後部ドアを持つクルマで、そのために「ブランケット」や「わんこ用スロープ」といった、これまでのランボルギーニでは考えられなかったファミリー/ペットフレンドリーなオプションが用意されています。

ランボルギーニ・ウルス、ウラカンに新オプション登場
ランボルギーニに新オプション登場!「ウルス用わんこスロープ」「ウラカン用カーボンミラー」「ウルス用ドラレコ」etc.

| ここ最近のランボルギーニは積極的にオプションを投入 |この記事のもくじ| ここ最近のランボルギーニは積極的にオプションを投入 |ウルス用の新オプションは「ランボルギーニ・アイ」「ペットランプ」ウル ...

続きを見る

今回のリコールの内容はこうなっている

そして今回のリコール内容ですが、2020年12月11日から2021年6月25日の間に製造されたウルスのモデルに、サプライヤーであるAutoliv Group社が製造した欠陥のあるシートベルトアセンブリが搭載されている可能性がある、とのこと(サプライヤー名が晒されているのは一種のペナルティのようなものだと思う)。

さらに細かくいうと、問題のあるアッセンブリは2020年10月26日から2021年1月27日の間に製造されたもので、自動ロックリトラクターが早期に解除される可能性があるとされています。

ランボルギーニによると、通常の使用では、このシートベルトは問題なく機能するものの、チャイルドシートを付属のLATCH(Lower Anchors and Tethers for Children)システムではなくシートベルトで固定しようとすると、アセンブリを使用してチャイルドシートをしっかりと固定することができず、衝突時に子供が怪我をする危険性が高まると述べています。

L1110853

加えて、シートベルトの自動ロック機能につき、ウェビングが完全に引き込まれる前に早期に解除される可能性があると警告していますが、現段階でランボルギーニは(幸いなことに)この問題に関連する事故を確認していない(起きていない)とコメント。

問題のあるシートベルトアッセンブリを装着している可能性があるウルスは検査のうえ、必要な場合は無償でシートベルトアッセンブリを交換することになり、北米では10月1日からオーナーに対してアナウンスが始まる模様。

内容からすると「世界共通」で問題が発生するものと思われ、日本においてもなんらかのアナウンスがあるかもしれませんね。

合わせて読みたい、ランボルギーニのリコール関連投稿

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJにリコール!サスアーム付近に問題がありフレーム要交換。幸い対象車両はすべて納車前

| 補修はけっこう大掛かりとなりそうだ |この記事のもくじ| 補修はけっこう大掛かりとなりそうだ |対象期間に製造されたアヴェンタドールSVJは100%対応が必要他にはこんなリコールもあわせて読みたい ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウルスにリコール
ランボルギーニ・ウルス、アウディA6/A7に「火災の可能性」でリコール!ミニは「エンジン停止」、ハスラーは「シートベルト」、ホンダは「エアバッグ」と一気にリコールが届け出に

| ランボルギーニはもともとリコールの少ないブランドだが |この記事のもくじ| ランボルギーニはもともとリコールの少ないブランドだが |やっぱりまだまだ尾を引く「エアバッグ」問題ミニクーパー(ディーゼ ...

続きを見る

ランボルギーニがアヴェンタドールSVJの「リアフードが外れる」としてリコール届け出
ランボルギーニがアヴェンタドールSVJの「リアフードが外れる」としてリコール届け出。メルセデス・ベンツもリコール3件、AMG GTについては「ホイールセンターキャップが飛んでゆく」

| やはり新しく採用された機構には問題が出る可能性が内包されている |この記事のもくじ| やはり新しく採用された機構には問題が出る可能性が内包されている |リコール対象となるアヴェンタドールSVJは1 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5