ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

投稿日:

パガーニを6台所有しウアイラRの納車を待つ男!フルカスタムが施されたワンオフモデルの「ゾンダAY」がデリバリーされる

| これだけパガーニを揃えるオーナーも珍しい |

しかもさりげなくブガッティを2台所有

さて、パガーニ・ゾンダの最新カスタムバージョン、ワンオフモデルの「ゾンダAY」が登場。

これはカーコレクター、マイク・イン氏のもとへと納車されたもので、これまでに公開されたゾンダのいずれとも異なる外観を持っています。

なお、ゾンダはウアイラの先代に相当するモデルですが、ウアイラに切り替わったのちにも多くのファンがゾンダを求め、よってパガーニは少量ながらもゾンダを生産し続けていたわけですが、最近になり「もう新しいゾンダは作らない」とコメント。

ただしすでに納車されたゾンダのカスタムは現在も受け付けており、今回のゾンダAYもまた、パガーニ自身の手によってアップデートが施された一台なのだそう。

パガーニ・ゾンダAYはこんな仕様を持っている

ゾンダAYのベースは「ゾンダFロードスター」ですが、見ての通りエアロキットの装着はじめ大幅な改造が施されていて、パープルのエクステリア、それにマッチしたインテリア、ブラックのホイール、そしてルイス・ハミルトンのZonda 760LHを彷彿とさせるカーボンファイバー製のフェンダー上アドオンが見られます。

021-08-31 19.51.58

ただしこのゾンダAYをいっそう特別なクルマに仕立て上げているのはこのヘッドライトにユニークなカバー(現存するどのZondaとも異なる)。

021-08-31 19.51.59

加えてリアスポイラーも独自のデザインを持つ模様。

2021-08-31 19.52.13

なお、このゾンダAYは昨年に公表された「ゾンダZun」と非常によく似た仕様を持っているようですね。

2021-08-31 19.52.10

パガーニ・ゾンダ最新ワンオフモデル「Zun」公開!クリアパープル/マットグレーカーボンを組み合わせたほか、過去のゾンダからの「いいとこどり」

| パガーニは顧客の求めに応じ、納車済みの車両であっても自在にアップグレードしてくれる |この記事のもくじ| パガーニは顧客の求めに応じ、納車済みの車両であっても自在にアップグレードしてくれる |パガ ...

続きを見る

なお、このゾンダAYに搭載されるエンジンはメルセデスAMG製の7.3リッター「自然吸気」V12、そして出力は”最強スペック”の760馬力、トランスミッションは7速AT。

このオーナーが所有しているのは当然これだけではない

そしてこのゾンダAYのオーナー、マイク・イン氏はこのほかにもゾンダRエボリューション、ゾンダF、4台のウアイラ(ウアイラBCやウアイラ・ロードスターなど)を所有し、さらに現在はウアイラRの納車を待っている状態とのことで、パガーニにとってはVIP中のVIPなのだと思われます。

パガーニがついに「ウアイラR」発表!ウアイラと名乗るものの中身は新設計のレーシングカー
パガーニがついに「ウアイラR」発表!ウアイラと名乗るものの中身は新設計のレーシングカー。価格は3.4億、850馬力、30台限定

| まさかここまでハードなクルマを出してくるとは |この記事のもくじ| まさかここまでハードなクルマを出してくるとは |パガーニ・ウアイラRはこんなクルマエンジンの開発にかかったのは約2年パガーニ・ウ ...

続きを見る

そしてこのマイク・イン氏のインスタグラムを見ると、同氏はこれらパガーニのほかにブガッティ・シロンスポーツ / ディーヴォ、ラフェラーリ、ランボルギーニ・シアンFKP37、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・アゲーラRSも所有しているようですね。

なお、インスタグラム上にはフェラーリコレクターのデビッド・リー氏と一緒に写っている写真や、パガーニCEO、オラチオ・パガーニ氏からのバースデーメッセージも見られます。

フェラーリと関係を修復したフェラーリコレクターにSF90ストラダーレ納車
【動画】フェラーリと関係を修復したフェラーリコレクターにSF90ストラダーレ納車!職業は宝飾品小売業、ロレックスの販売権獲得によって運命が変わったようだ

| 現在のコレクションはフェラーリ一色 |この記事のもくじ| 現在のコレクションはフェラーリ一色 |財を成した後、フェラーリコレクターにフェラーリコレクターのガレージはこうなっているそこへフェラーリS ...

続きを見る

こちらはそれらハイパーカーたちのキー。

これだけあれば、「今日はどれに乗るか」なかなか決めることすらも難しそうですね。

参照:shinmikeyin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->パガーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5