ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

え?これがランボルギーニ・ウラカン?ミウラ風のまつ毛を装着したワンオフボディでCd値は0.39から0.279へ、ツインターボ1900馬力化により時速482キロを達成

投稿日:2021/09/05 更新日:

え?これがランボルギーニ・ウラカン?ミウラ風のまつ毛を装着したワンオフボディでCd値は0.39から0.279へ、ツインターボ1900馬力化により時速482キロを達成

| 正直、このランボルギーニ・ウラカン「7Xデザイン Rayoにはとんでもないお金がかかっていると思われる |

近年、富裕層向けの「ワンオフ」「超少量限定モデル」ビジネスの勢いは留まるところを知らないようだ

さて、ここ数年、コーチビルディングビジネスが活発化し、超限定エキゾチックカーが頻繁に登場しています。

それだけ「既存のクルマに満足しない」富裕層が増えたのだと思われますが、今回「7X Design」なるコーチビルダーがランボルギーニ・ウラカンを大きくカスタムした車両を公開。

これは「Rayo」と呼ばれ、製造そのものはコベントリーに拠点を置くエンヴィサージュグループによって行われ、イギリスのハンプトン・コートで開催されたコンクール・でレガンスにて初公開されています。

デザインモチーフはミウラ?

そしてこのRayoでパっと目につくのはランボルギーニ・ミウラ風のアイラッシュ(まつ毛)。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-5

当然ながらこれはランボルギーニ・ミウラをモチーフにしているのだと思われますが、ウラカンとミウラは当初より多くの共通性を持ち、たとえばサイドステップのエアインテーク、そしてエンジンフードの「ルーバー」は(ウラカンのデザインにおいて)ミウラをモチーフにしたとされる部分です。

ランボルギーニ・ミウラ

ランボルギーニ・ミウラの「あのルーバー」にはちゃんと”これでないとダメ”な理由があった!ほかにも今だからこそ話せる事実が公開に

ランボルギーニは昔からチャレンジ精神に溢れていた 「Octane」にて面白い記事があったので個々で紹介したいと思います。記事そのものは「ランボルギーニ・ミウラ誕生秘話」といったものですが、その中でもっ ...

続きを見る

ちなみにこの「まつ毛」は製造に手間がかかるため、フェルッチオ・ランボルギーニの命によってのちに「省略される」ことに。

ランボルギーニ・ミウラ

ランボルギーニ・ミウラSV
ランボルギーニ・ミウラSVは今年で50周年!ミウラSVで「まつ毛」が採用されなかったのは「製造に手間がかかるから」だった!

さて、ランボルギーニが「ミウラSVが50周年を迎えた」と発表。ミウラシリーズ最初の市販モデルであるミウラ「P400」は1966年に発売されており、その後1968年には「ミウラS」、そして1971年には ...

続きを見る

7Xデザイン Rayoはこんな仕様を持っている

そこで今回の7Xデザイン Rayoに話を戻すと、このボディパネルはすべて新設計され、使用される素材はカーボンファイバー。

見たところボディパネルではドアとAピラー、そしてルーフ以外はすべて新設計されているようで、特にフロントは相当に延長されているようですね。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-11

ホイールはHRE製でゴールド仕上げ。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-7

テールランプはバンパーにインテグレートされ、やはりゴールド仕上げです。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-10

ところどころにはマーブル調のテクスチャを持つ鍛造カーボンが顔を出します。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-9

そして面白いのはこのリアセクション。

もともとウラカンが持つ直線的なラインから一変して優雅な曲線を描いていますが、ケーニグセグ・ジェスコ・アブソリュートのようなフィンが屹立しています。

なお、ジェスコ・アブソリュートのフィンは「F-15戦闘機にインスパイアされた」と公表されていますね。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-8

ケーニグセグ・ジェスコ
イメージはF-15戦闘機!最高速チャレンジ仕様のケーニグセグ・ジェスコ”アブソリュート”登場

| 現在はまだ未走行なるも「シミュレーター上では、恐ろしく速い |この記事のもくじ| 現在はまだ未走行なるも「シミュレーター上では、恐ろしく速い |ダウンフォースは1,400kg実際の最高速は「これか ...

続きを見る

7X デザインでは、このRayoについて、なめらかなボディ表面を採用することで、ウラカンのCd値0.39を上回る0.279を実現したと述べていますが、これが事実だとするとかなり空力的に優れたクルマだということになりそう。

エンジンフードは「全閉」に近く、リアディフューザーはかなり大きなサイズを持っていることもわかります。

インテリアについては公開されておらず、ただしウラカンと多くを共有すると報じられ、しかし部分的にはボディカラーと同じ「スポーツオレンジ」にペイントされているようですね(シートは変更されているようだ)。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-4

ただ、この7Xデザイン Rayo最大の特徴はその外観だけではなく「エンジン」にあり、というのも、もともと610馬力を発生する5.2リッターV10にツインターボを追加して出力を1,900馬力にまで向上させているため。

加えて最高速は時速300マイル(482.8キロ)を超えると主張しています。

Envisage-7X-Design-Rayo-Hypercar-2

今回7Xデザインは、このRayoの価格を発表しておらず、おそらくは「一般に販売される」クルマではなく「誰かによって注文され、ワンオフで制作された」クルマだと言われ、となるとツインターボの架装費用、カーボン製のボディワークその他の開発費用を「一人で」負担したということになり、そうとうな資金力を持つ人物がオーダーしたということになりそうですね。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場
【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場

| ファビオ・ランボルギーニは現在、フェルッチオ・ランボルギーニ博物館の館長を務める |この記事のもくじ| ファビオ・ランボルギーニは現在、フェルッチオ・ランボルギーニ博物館の館長を務める |ただしア ...

続きを見る

ランボルギーニがメキシコ展開10周年を記念し特別なウラカンEVOを4台製作!テーマは「生命」「死」「夢」「時間」、けっこうカスタムの範囲は広いようだ
ランボルギーニがメキシコ展開10周年を記念し特別なウラカンEVOを4台製作!テーマは「生命」「死」「夢」「時間」、けっこうカスタムの範囲は広いようだ

| ゴールドのアクセント、室内に取り付けられた特別なプレートがカッコいい |この記事のもくじ| ゴールドのアクセント、室内に取り付けられた特別なプレートがカッコいい |ランボルギーニは現地代理店との関 ...

続きを見る

ノビテックよりランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用カスタム/チューニングパーツ登場
【動画】ノビテックよりランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用カスタム/チューニングパーツ登場!センターロックホイールは約280万円、インコネル製エキゾーストは120万円

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD特有の「トンガリ」が強調されているようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD特有の「トンガリ」が強調されているようだ |ノヴィテック ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5