>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

投稿日:2021/09/22 更新日:

発売されたらバカ売れしそう!デザイナーの考えるアルファロメオGTSがカッコいい。ジュリアGTA風のレトロなルックスを採用

| アルファロメオはなぜ今に至るまで「レトロ路線」を採用しないのか |

一部デザイナーは「レトロ」なデザインに頼ることについてプライドが許さないらしい

カーデザイナー、ギルヘルム・アラウージョ氏が2025年モデルとしての「アルファロメオGTSクーペ」をレンダリングにて作成。

これは見ての通りジュリアGT/ジュリアGTAをイメージしたレトロなルックスを持っていますが、デザイナー氏は「BMW M2のライバル」としてこれを考案したそうで、現実的に発売されれば、かなり売れるんじゃないかという印象も。

なお、アルファロメオ・ジュリアGT/GTAは多くのデザイナーやショップを惹きつけており、今でも(下の画像のような)多くのレストモッドがリアル・バーチャルを問わず製作されています。

アルファロメオGTSはこんなクルマ

そしてこちらがギルヘルム・アラウージョ氏の考案した「アルファロメオGTS」。

丸形のヘッドライトや、ヘッドライトを囲む四角いグリル、その中央にある盾型グリルなどはまさにアルファロメオ・ジュリアGTAの直系といったところ。

アルファロメオ・ジュリアGTA(Gran Turismo Alleggerita)は1965年にデビューしたレーシングカーですが、アルファロメオは現代においても「ジュリアGTA」を蘇らせており、これをその資産のひとつとして認識しているのは間違いなさそうです。

Alfa-Romeo-GTS-1

思ったよりも凄いの出た!アルファロメオが本気すぎる「ジュリアGTA/GTAm」を発表。限定台数はわずか500台

| F1参戦によって得たノウハウをフィードバック | アルファロメオが予告通り、ジュリアのハイパフォーマンスバージョンである「ジュリアGTA」と「ジュリアGTAm」を発表。これは1965年にデビューし ...

続きを見る

ヘッドライトにはサークル状のLEDデイタイムランニングランプ、そして直線的な形状のリップつき。

Alfa-Romeo-GTS-9

正面から見ると、前後には大きなブリスターフェンダーが与えられていることがわかります。

Alfa-Romeo-GTS-17

サイドから見るとフェンダーには上下方向に抑揚が与えられ、キャビンは比較的後ろの方へと移動させられているようですね(新型2シリーズと同様の手法)。

Alfa-Romeo-GTS-11

テールランプにはLEDバーが採用され、リアウインドウ中央には段差が設けられるなどアクセントも。

ドアミラーの代わりとして「カメラ」が装着されています。

Alfa-Romeo-GTS-2

やはりリアフェンダーも相当なブリスター。

パワートレーンについては言及されておらず、しかしテールパイプがないところを見ると「ピュアエレクトリック」パワートレーンを積んでいるのかもしれません(ホイールもEVっぽい)。

Alfa-Romeo-GTS-3

現在アルファロメオはSUVに注力していますが、同社の資産を活かすという意味でも、当時のジュリアGTAっぽいルックスを持つモデルを蘇らせるのは「手っ取り早い」ブランド再起の手法だとも考えられ、ぜひ(4ドアでも構わないので)実現して欲しいものだと思います。

アルファロメオGTSを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、アルファロメオGTA関連投稿

その価格3300万!初代アルファロメオ・ジュリアにフルカーボンボディ、チタン製サスを装備した”GTA-R”登場

| しかもパワーウエイトレシオはわずか「3」 | 英国を拠点として活動する、クラシック・アルファロメオのスペシャリスト、「アルファホリックス(Alfaholics)」。今回そのアルファホリックスが、初 ...

続きを見る

かつてのアルファロメオ・ジュリアGTに現代ジュリアのエンジンを積んだレストモッド登場!22台限定、価格は5200万円
かつてのアルファロメオ・ジュリアGTに現代ジュリアのエンジンを積んだレストモッド登場!22台限定、価格は5200万円

| ここ1~2年、急激にレストモッドビジネスが盛んになってきたようだ | 続々と過去の名車が現代の技術で蘇るのは喜ばしい さて、ここ最近脚光を浴びているのが「レストモッド」。これは「レストア+モディフ ...

続きを見る

エレクトリック化されたアルファロメオ・ジュリア
世界初!クラシックアルファロメオのエレクトリック・レストモッド、「GTエレクトリック」現る!内外装は最新の素材と加工を用いて芸術品レベルの仕上げを持ち、価格は5330万円

| 価格だけを見ると高いと感じるものの、細部を見るとその価格にも納得 | さて、世の中には様々なカロッツェリアやコーチビルダーが存在し、それぞれに持ち味を生かしてビジネスを展開していますが、今回トーテ ...

続きを見る

参照:Autobala, REC Anything

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5