ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

その他の国の自動車メーカー

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

投稿日:2021/10/08 更新日:

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

| やはりピエヒ一族はポルシェに対し、強いライバル心を持っているのかもしれない |

そのデザインは異なれど、ボディサイズやパフォーマンス、価格はポルシェ911と近いものとなりそう

さて、ポルシェ創業者、フェルディナント・ポルシェの曾孫であるトニ・ピエヒが2019年に立ち上げた新興EVスタートアップ、「ピエヒ」。

トニ・ピエヒの父親はフォルクスワーゲングループの会長を努めたフェルディナンド・ピエヒなので、一族は揃って「カーガイ」なのだと言えそうです。

なお、会社立ち上げの際に発表されたコンセプトカーは「マーク・ゼロ」と命名され、しかしその後「GT2」と解明するも、最終的には「GT」と名乗って2024年に発売されることになり(ポルシェから名称変更の依頼があったのかもしれない)、今回最終テストの段階に入ったとアナウンスされています。※これまでに公開されたプロトタイプに比較すると、デザインもちょっとだけ変更されている

バッテリーの開発パートナーは香港のDesten Group、充電設備についてはQingdao TGOOD Electricと共同開発を行うと発表されており、そのせいか、オフィシャルフォトも上海万博でメインを務めた”中国館”をバックにしていたものが公開されていますね。

ポルシェ創業者一族の立ち上げた新ブランド「ピエヒ」。なんとなくアストンマーティンっぽいスポーツカー「マークゼロ」を発表する(開発パートナーは中国)

空冷、そしてドライバビリティを追求したところは「ポルシェ」っぽい 先日ティーザー画像が公開された「ポルシェ一族の手がける新型スポーツカー」、ピエヒ・マークゼロ( Piëch Mark ZERO)。ポル ...

続きを見る

あらゆる面でポルシェ911を意識?

まずはフェルディナント・ピエヒから説明してゆくと、ポルシェ一族であるのに姓が「ポルシェ」でないのは女系一族だからで、母はポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの娘であるルイーゼ。

そのルイーゼがアントン・ピエヒと結婚してルイーゼ・ピエヒとなり、その後に生まれたのがフェルディナント・ピエヒということになります。

このフェルディナント・ピエヒは1963年にポルシェに入社することで自動車業界のキャリアを開始しますが、1972年には「ポルシェの親族が会社の中枢を占めるのは良くない」という機運が社内で持ち上がったため、同じ立場にあるポルシェ一族ととともに退社し、その後はメルセデス・ベンツ、アウディと渡り歩き、アウディでは「クワトロ」を開発することで大きく成長に貢献しています(ポルシェはフェルディナント・ピエヒを追い出すべきではなかった)。

その後はフォルクスワーゲン・アウディグループにて出世街道をひた走り、2012年にはポルシェを同グループに併合するに至りますが、これは同氏なりの「復讐」であったのかもしれません(女系ということで”ポルシェ”本家にコンプレックスがあったといい、ポルシェを追い出される形で去ったことから、恨みもあったという)。

そして、その息子であるトニ・ピエヒが折に触れて「恨み節」を聞かされていた可能性も皆無ではなく、よって「打倒911」をここで目指したの可能性もありそうです。

Piech-GT (5)

ポルシェ創業者一族、フェルディナント・ピエヒ氏が亡くなる。アウディ・クワトロ、ブガッティ・シロンなどVWグループの「顔」をつくり続けた豪傑

| ここまで方針が明確で、推進力と権力を持った人物は他にいなかった |この記事のもくじ| ここまで方針が明確で、推進力と権力を持った人物は他にいなかった |ポルシェに入社しながらも、ポルシェを出ざるを ...

続きを見る

サイズはポルシェ911同様、バッテリーは「空冷」

そして今回のピエヒGTですが、古典的なロングノーズ・ショートデッキを採用しながらも、そのボディサイズは「ほぼポルシェ911と同様」。

スタイルが平凡でシンプルなことについては、「新しさを狙うと、逆にすぐに古くなる」と考え、あえてクラシカルかつタイムレスなデザインを採用することで「時の流れを感じさせない」ようにしたのかもしれません。

Piech-GT (3)

パワーソースは「ピュアエレクトリック」で、フロントとリアに1つづつエレクトリックモーターを搭載し、トータルでの出力は600馬力。

車体重量は1800kg、0-100km/h加速は3秒だと伝えられています。

Piech-GT (7)

なお、EVにしては「1800kg」という重量は相当に軽く、これを可能としている一つの要因が「空冷バッテリー」で、もしかすると、すでに空冷を捨てたポルシェ911に対する「あてつけ」の可能性も。

Piech-GT (6)

ピエヒは今後「SUV」「セダン」も発売予定

今回のピエヒGTに搭載されるバッテリーは上述の通りDesten社によって開発された「パウチセル」で、これは従来の電池に比べて軽量化、低温化、急速充電が可能になったと主張しています。

同社によると、GTはゼロから80%までの充電をわずか8分で行うことができ、フル充電時の航続距離は約500キロ。

Piech-GT (2)

パワーパックは、重量配分適正化と低い着座位置を実現するために、フロアではなく車の中央部とリアアクスル部に配置されていて、ピエヒ社は、この車のアーキテクチャーは柔軟性に富むため、他のセグメントにも容易に適応できるとし、SUVとスポーツセダンを開発中であることも公言(水素にも対応できるようだ)。

Piech-GT (8)

ピエヒによれば、初年度は年間1200台のペースで生産され、2024年から欧州、米国、中国で販売される予定だといい、価格については明らかにされていないものの、これもポルシェ911を意識した設定になるのでは、と言われています。

Piech-GT (4)

合わせて読みたい、ピエヒ関連投稿

ポルシェ創業者の曾孫が自身の自動車メーカー「ピエヒ」を設立!ジュネーブにそのコンセプトカー”マーク・ゼロ”を出展

ポルシェと協力関係にあるのかどうかはまだ不明この記事のもくじポルシェと協力関係にあるのかどうかはまだ不明ポルシェとピエヒ家とはこういった因縁があるブランド名はズバリ「ピエヒ」こんな記事も読まれています ...

続きを見る

ポルシェ創業者の末裔、BMWやポルシェを追い出された「はみ出し者」たちが展開する新興EVメーカー、ピエヒ。市販モデル「GT2」を発表し、実力が問われる

| 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが |この記事のもくじ| 一時期は中国から資金提供を受けるのではと言われたが |ピエヒGT2はピュアエレクトリックカー経営陣は大手自動車メーカー出身 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-その他の国の自動車メーカー
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5