>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

投稿日:2021/10/12 更新日:

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想差レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

| 現在までリリースされている情報、ベースとなるシビックとをあわせて考えると、新型シビック・タイプRはこうなるだろう |

まだまだ「中身」はわからず、しかしホンダは「最後のガソリンエンジン搭載タイプR」に心血を注いでくるはずだ

さて、これまでにも様々な精度の高い「予想レンダリング」を公開し、先日も復活する新型インテグラの予想CGを公開したロシアのカーメディア、Kolesa。

今回Kolesaは、ホンダより公式にリリースされた新型シビック・タイプRのプロトタイプをもとにその姿の予想を行っていますが、おそらくはこれについても”かなり正確”なんじゃないかと思います。

新型シビック・タイプRの公式ティーザー画像公開!「派手すぎ」の批判を受けずいぶんおとなしい外観となるも、リアの「3本テールパイプ」は健在
新型シビック・タイプRの公式ティーザー画像公開!「派手すぎ」の批判を受けずいぶんおとなしい外観となるも、リアの「3本テールパイプ」は健在

| 今後の環境規制を鑑みるに、シビック・タイプRのようなクルマはもう二度と登場しないだろう | 外観はずいぶん大人しくなるようだが、「派手好き」のためにオプションでエアロパーツが用意されるかも さて、 ...

続きを見る

新型シビック・タイプRは「優しい」デザインに

なお、ベースとなるシビックともども、新型シビック系は(先代に比較して)かなり大人しいデザインを採用しています。

その理由は不明ではあるものの、新型フィットや新型ヴェゼルも同様に低刺激性へと移行しているので、これはホンダ全体の傾向だと考えていいのかもしれません。

最近のホンダは「シャープで都会的な」デザインが人気であったとは思われ、しかしホンダはこれを捨てて(おそらくは)見た目から「環境への配慮」を感じられるテイストを採用することで新しい時代に対応しようとしているんじゃないかと考えています。

シビック「タイプR」についてだと、先代は賛否両論あるアグレッシブすぎるスタイルを持っており、ある程度歳を重ねた人からは「派手すぎて乗れん・・・」という声もあったといい、「いい年してあんな派手なクルマに乗って・・・」と周囲から指をさされることを懸念するケースも多かった模様。

よって、タイムレスなデザインを採用することで、幅広い年齢層に愛され、長く乗られるコレクタブルなクルマとなることを目指したのかもしれません。

1

ちなみに、シビック・タイプRやGR86/スバルBRZのような国産スポーツに「一定以上の年齢の人が」乗っている場合、周囲にはあまりポジティブな印象を与えない(いい年して、とか道楽だとか似合っていないだとか若作りしているとか)ようですが、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェだとそういったこともなく、むしろ若い人たちがこれらに乗っている場合のほうがポジティブな印象を周囲に与えないようにも思います。

加えて、ランボルギーニやフェラーリの「派手さ」について、「歳を取ったら乗るのが恥ずかしい」という声を聞くことはあまりなく、しかし国産スポーツだと「歳を取ってからだと乗りにくい」とよく聞くように感じられ、同じ「派手」でも、欧州車のそれと日本車のそれとでは質が異なるのかもしれません。

新型シビック・タイプRはどんなスペックに?

なお、その外観は公開されていても、まだまだわからないのが新型シビック・タイプRのスペック。

一部では「ハイブリッド4WDになる」という荒唐無稽なウワサもあったものの、実際にはそんなことはなく、これまでどおりFFそしてガソリンエンジンのみを動力源とするようで、しかし「ガソリンエンジンのみで走る最後のタイプR」となる模様。

次期シビック・タイプRは2022年発表、HV+4WD化というウワサ。ただしボクが「それは無い」と考えるその理由

| タイプRは常に軽量であるべきで、ハイブリッドとは相性が良くはない | さて、先日プロトタイプが目撃されたフルモデルチェンジ版となる次世代シビック・タイプR。これまでのウワサだと、「現行タイプRと同 ...

続きを見る

おそらくエンジンは従来型シビック・タイプRと同じ2リッター4気筒ターボ、しかし出力は「多少」上げられるという予想が有力です。

もちろん、ホンダとしては「最後のガソリンエンジン搭載タイプR」ということで、この有終の美を飾るべくガツンとパワーを上げたいのだと思いますが、環境規制という厚く立ちはだかる壁によって、その情熱が絶たれることになるのだろう、とも考えています。

合わせて読みたい、新型シビック・タイプR関連投稿

違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開
違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開

| もちろん、北米で発売が予告される「アキュラ・インテグラ」とは別モノ | 中国ではやや特殊なボディカラーが好まれるようだ さて、北米では「アキュラ・インテグラ」の登場がアナウンスされており大きな話題 ...

続きを見る

新型シビック・タイプRの予想CG登場
新型シビック・タイプRの予想CG登場!2022年に発売される新型シビック・タイプRは近年のホンダのデザイントレンドを反映し「低刺激性」に?

| 新型ホンダ・シビック・タイプRは「近年のホンダの意向に従い」低刺激性デザインになりそうだ | スパイフォトによるとリアウイングも「おとなしめ」に さて、ホンダは新型シビック・ハッチバックの発表を無 ...

続きを見る

新型インテグラの予想CGがさっそく登場!フロント/リアともにティーザー画像を再現し、「かなり実車に近い」かも
新型インテグラの予想CGがさっそく登場!フロント/リアともにティーザー画像を再現し、「かなり実車に近い」かも

| インテグラほど話題を呼んだアキュラのニューモデルも珍しい | これまでアキュラはずっと「アルファベット3文字」を車名に採用していたが さて、ホンダはアキュアブランドよりインテグラを復活させることを ...

続きを見る

参照:Kolesa

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5