ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイが「車外よりも車内を重視した」セブン・コンセプト発表!そのインテリアはまるで高級ラウンジのようだ

投稿日:

ヒュンダイが「車外よりも車内を重視した」セブン・コンセプト発表!そのインテリアはまるで高級ラウンジのようだ

| この「ラウンジ」という考え方自体は珍しくないが、ヒュンダイはさらに可能性を追求 |

ここしばらくでヒュンダイのデザインには一定の共通性が見られるように

さて、ヒュンダイ(ヒョンデ)がロサンゼルス・モーターショーにて「SEVEN(セブン)コンセプト」を発表。

これはミッドサイズSUV「アイオニック7」の市販モデルを予告するもので、ラウンジのようなインテリアを持つ「ミニバン型未来派モビリティ」。※アイオニックはヒュンダイのエレクトリックブランド

ヒュンダイ・モーター・ノース・アメリカ社長兼CEOのホセ・ムニョス氏によると、「SEVENコンセプトは、電動化されたモビリティの未来に向けたヒュンダイの創造的なビジョンと高度な技術開発を示すものです。その革新的な室内空間、環境に優しいパワートレイン、そして最先端の安全性と利便性の技術は、現代自動車のSUVのお客様にとってエキサイティングな未来を示すものです」とのこと。

ヒュンダイ・セブン・コンセプトはこんなクルマ

このセブン・コンセプトにつき、ヒュンダイが開発したエレクトリック・グローバル・モジュラー・プラットフォーム(E-GMP)をベースにしており、もちろんパワートレーンはフルエレクトリック、航続距離は300マイル(483km)以上、、10~80%の充電をわずか20分で行うというのが「目標スペック」。

Hyundai-SEVEN-Concept (2)

セブン・コンセプトの外装にはバイオペイントが施され(その詳細は不明)、内外装にはエコロジーに配慮した素材を使用しているといい、たとえば内装では、鉱物性漆喰、竹材やカーペット、バイオレジンなどのほか、ほとんどがリサイクル素材や再生可能素材でできています。

Hyundai-SEVEN-Concept (5)

エクステリアについては、一般的なSUVとは異なる、空気力学的にピュアなシルエットを目指しましたといいますが、ちょっと前に発表された「スターリア」を連想させ、アイオニック5にて導入されたパラメトリック・ピクセル・ライトを採用するなど「ヒュンダイらしい」デザインに仕上がっているようですね(車両の起動時にはアニメーション表示がなされる)。

Hyundai-SEVEN-Concept (4)

ヒュンダイ・スターリア
ヒュンダイが高級ミニバン市場に「スターリア」にて殴り込み!レクサスLM、トヨタ・アルファードの牙城を崩せるか?

| ヒュンダイはレクサス/トヨタとは全く異なる手法にて「高級」を表現 |この記事のもくじ| ヒュンダイはレクサス/トヨタとは全く異なる手法にて「高級」を表現 |そのデザインは「市販車離れ」している新型 ...

続きを見る

ヒュンダイ・セブンが重視したのは「インテリア」

そしてヒュンダイが強調するのは「外にあるものより、中にあるもの」を重視したということで、つまりはインテリアこそがこのヒュンダイ・セブンのハイライトということになりそう。

エレクトリックモデル専用プラットフォームのメリットを活かしてホイールを可能な限り端に寄せ、3.2mのホイールベースを確保することで室内の容積と快適性を最大限に高めており、ラウンジ状の空間を実現するため、従来のシート列を捨てて、セクショナルカウチ(ソファ)と回転式シートを採用しています。

また、インテリアには抗菌作用のある銅を多用し、ファブリックにも銅を織り込んでいるそうですが、”衛生的なエアフローシステム”の採用により、空気はルーフレールを通って後輪の後ろの通気口からキャビンの外に排出されるほか、乗客が車から降りた後に室内をUVC除菌することも可能だとしており、つまりは「公共モビリティ」として不特定多数の人が乗車することを考えているのでしょうね。

Hyundai-SEVEN-Concept (6)

車内のコンソールは「ユニバーサル・アイランド」と呼ばれ、ここには冷蔵庫などの家電製品や、シューズを収納するシューケア・コンパートメントなどが収められており、ルーフ内張りには、エンターテイメント等のコンテンツを表示し、また室内全体の雰囲気を(照明によって)変えることができるパノラミック有機ELスクリーンを搭載しています。

なお、運転席は回転することができ、使用しないときにはステアリングホイールなどが格納されて隠れるようになっていて、これを見るに、ヒュンダイはセブン・コンセプトを完全自律走行車として想定しているもよう。

よってコックピットをスリムかつコンパクトに収め、その後ろの居住空間を最大化したということになりますが、コーチドアをピラーレスとし、キャビンへのアクセスについても考慮されています。

Hyundai-SEVEN-Concept (3)

ヒュンダイ・グローバル・デザイン部門のシニア・バイス・プレジデントであるサンヤップ・リー氏は「セブン・コンセプトは、あえて既成概念にとらわれないデザインを採用しました。個性を損なうことなく、ユニークな空力的なピュアフォームを用いており、EV時代に必要なSUVのあり方を進化させます。インテリアは、家族のリビングスペースとして新次元の空間を提案しています」と語ります。

上述のとおり、このセブン・コンセプトは「アイオニック7」を示唆すると見られているものの、現時点では技術的に解決せねばならない問題も多いように思われ、市販時にはかなりトーンダウンしてしまうか、発売自体を数年先に伸ばすことで実現性を高めるのかもしれませんね。

合わせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

ヒュンダイ・エラントラNの購入検討者は「ホンダ・シビック・タイプR、スバルWRX STI、ゴルフGTIとの購入を迷っている」。なおMT比率は30%
ヒュンダイ・エラントラNの購入検討者は「ホンダ・シビック・タイプR、スバルWRX STI、ゴルフGTIとの購入を迷っている」。なおMT比率は30%

| 日本にいると、このクルマがホンダ・シビック・タイプRのライバル足りうるとは到底思えないが  |この記事のもくじ| 日本にいると、このクルマがホンダ・シビック・タイプRのライバル足りうるとは到底思え ...

続きを見る

ヒュンダイ・ジェネシス
ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」が2025年のフル電動化を表明!加えて「空」への参入も匂わせる。なお、ほか自動車メーカーはこんな電動化計画を持っている

| ヒュンダイ/ジェネシスは他の自動車メーカーとはちょっと変わった未来像を描いているようだ |この記事のもくじ| ヒュンダイ/ジェネシスは他の自動車メーカーとはちょっと変わった未来像を描いているようだ ...

続きを見る

ヒュンダイが高級EV「ジェネシスGV60」発表!「過剰デザイン」「過剰演出」がライバル対抗のために選んだ手段のようだ
ヒュンダイが高級EV「ジェネシスGV60」発表!「過剰デザイン」「過剰演出」がライバル対抗のために選んだ手段のようだ

| やはり見た目は大事。現代においてはかなりな訴求力を持つと思われる |この記事のもくじ| やはり見た目は大事。現代においてはかなりな訴求力を持つと思われる |ジェネシス特有の「ツーライン」「分割クワ ...

続きを見る

参照:Hyundai

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->韓国の自動車メーカー
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5