ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加でセラミックコーティング施工!プロテクションフィルム専用の液剤を使用、これまでとは一線を画すスベスベ感に

投稿日:2022/01/15 更新日:

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

| ペイントプロテクションフィルム施工後、「汚れやすい」のがちょっとした悩みだったが |

これでおそらくは、PPF施工前と同様に「汚れにくい」ボディ表面をゲット

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにコーティングのメンテナンス、追加でのコーティングを実施。

ぼくのウラカンEVO RWDには”ルーフとリヤハッチ以外”ペイントプロテクションフィルムを貼ってありますが、ペイントプロテクションフィルム施工前にいちどガラスコーティングを全体に施工しており、今回メンテナンスを行ったのはフィルムを貼っていないルーフとリアハッチそしてホイール。

逆に追加にてコーティングを行ったのはペイントプロテクションフィルムを貼った部分です。

L1380884

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加でペイントプロテクションフィルム(PPF)施工!これでほぼ「フルプロテクション」化、安心して乗れそうだ
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに追加でペイントプロテクションフィルム(PPF)施工!これでほぼ「フルプロテクション」化、安心して乗れそうだ

| もうペイントプロテクションフィルム「なし」の状態には戻れないかも |この記事のもくじ| もうペイントプロテクションフィルム「なし」の状態には戻れないかも |想像していたよりも満足度がずっと高い思っ ...

続きを見る

ペイントプロテクションフィルムはそのままだと汚れを拾いやすい

ちなみにぼくは今までペイントプロテクションフィルムを「貼らない派」だったものの、ウラカンEVO RWDのボディカラーはあまりに傷が目立ちやすく、よって今までの信念をあっさり覆してペイントプロテクションフィルムを施工することとなっていますが、そこで気づいたことがいくつかあり、そのひとつが「けっこう汚れやすい」。

今までであれば、ちょっとした水滴がついたりしても、ガラスコーティングが施されたボディ表面を”水滴が伝って飛んでゆく”ことであまり汚れなかったものの、ペイントプロテクションフィルムの表面はあまり水を弾かないようで、水滴がそこにとどまることが多いもよう。

加えて、タイヤが削れることで発生する小さな黒いダスト、長期間ガレージに保管していた際にボディ表面に乗る埃もペイントプロテクションフィルムを貼る前に比較して目立つようになり、これはつまりペイントプロテクションフィルムの摩擦係数が高いために汚れがくっついきやすいということなのだと思われます(そして落ちにくい)。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う

| 結果的には、やはりペイントプロテクションフィルムを貼ってよかったと思う |この記事のもくじ| 結果的には、やはりペイントプロテクションフィルムを貼ってよかったと思う |これから新車注文時にはPPF ...

続きを見る

これはちょっと困ったなということで、いつもコーティングをお願いしている「」さんに相談したところ、「ペイントプロテクションフィルムの上から施工できるコーティングもありますよ」ということで、今回追加にて、ペイントプロテクションフィルムの上からコーティングをお願いすることとなったわけですね。

L1380883

PPF専用セラミックコーティングの効果は絶大だった

そして今回紹介している画像が「コーティングメンテナンスと、追加でのコーティング施工後」ですが、見ての通りけっこうな光沢を放っており、とくにペイントプロテクションフィルム上へのコーティングはまさに効果絶大です。

L1380879

実際に手で触ってみた感じでも、(ペイントプロテクションフィルムを貼っていない)塗装の上からガラスコーティングを施工したときと同様の「スベスベ感」をもっていて、これであれば汚れを寄せ付けにくく、そして汚れも落ちやすいのかもしれません。

L1380864

今回施工に使用した液剤はサン・カンもオススメ

なお、コーティングをお願いしたのはもちろん煌さん、そしてコーティングに使用した液剤は「G TECHNIQ」の製品で”HALO Flexible Film Coating”というもの。

ちなみにG TECHNIQは、ワイルド・スピードにてハンを演じたサン・カンをイメージキャラクターに起用しており、現在大々的に売り出しているようですね(イギリスの製品らしい)。

L1380871

そしてG TECHINIQはこのペイントプロテクションフィルム用のセラミックコーティングについて下記のように紹介しており、これを読むとやはりペイントプロテクションフィルムは多少「引っ掛かり」があるようで、ちょっと「納得」です。

HALO は2年間の研究開発を経て誕生したペイントプロテクションフィルム (PPF) とラッピング車両専用のセラミックコーティングです。あらゆるフィルムメーカーと協力して開発されたHALOは、「X P E L社」「プレミアムシールド社」「S T E K社」「3M」などの主要メーカーのフィルムはもちろんのこと、多種多様のフィルムと互換性があります。ジーテクニック独自の化学結合により、柔軟で超高密度な保護膜を形成し、撥水性を付与します。

プロテクションフィルムは、コーティングよりも保護性能が高く、飛び石や洗車傷から塗装面を守ることができますが、フィルムは多孔質であるため汚れがフィルム内部に浸透してしまうことがあります。HALOを施工することにより、PPF またはラッピングの汚れや雨に対する耐性を高め、汚れの固着や紫外線による黄変を防ぐことが出来るため、プロテクションフィルムを少しでも永く綺麗に維持したい方には非常におすすめです。

通常、フィルムはグリップしやすいテクスチャーですが、HALOを施工することで表面エネルギーを完全に変換して非常に滑らかな手触りになります。

G TECHNIC
L1380867

他の画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD」に保存しています。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDコーティング施行直後の動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカン関連投稿

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを1年所有した維持・カスタム費は合計140万円!なにも弄らなければ年間30万円、スーパーカーもずいぶん維持のハードルが下がったようだ

| ランボルギーニの維持のハードルはぐっと下がった |この記事のもくじ| ランボルギーニの維持のハードルはぐっと下がった |正直、維持費としてはポルシェよりも安価ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
スーパーカーに乗っていてよく聞かれる質問ベスト8!いちばん多いのは「これいくら?」、そして次は「サウンド」

| やっぱり気になるのはその値段。ボクもやっぱりその価格が一番気になる |この記事のもくじ| やっぱり気になるのはその値段。ボクもやっぱりその価格が一番気になる |逆にボクがスーパーカーを見ても、同じ ...

続きを見る

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの納車から1年!ここでボクがウラカンEVO RWDに感じていることなどをまとめてみた

| ここまでランボルギーニを乗り継いでこれたのは幸運というより他はない |この記事のもくじ| ここまでランボルギーニを乗り継いでこれたのは幸運というより他はない |このウラカンEVO RWDはボクが「 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5