>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがi8に限定モデル「プロトニック・フローズン・ブラック」を追加。内装はイエローステッチ

投稿日:2017/02/03 更新日:

BMWがi8に新しい限定モデル「プロトニック・フローズン・ブラック・エディション」を設定。
実車はジュネーブ・モーターショーにて発表するとのことで、発売は2017年4月。
これまでもi8には「レッド・スペシャル・エディション」「プロトニック・ダークシルバー・エディション」が設定されており、新たな「カラー限定モデル」ということに。

なおインテリアについては「イエロー」のコントラストステッチがシート、センターコンソールに採用され、ヘッドライナーはアンスラサイト、シートベルトはグレー。

2016年にはイギリス国内限定にてカスタムカラー対応のi8を発売していますが(ジャバ・グリーン、スピード・イエロー、ソーラー・オレンジ、トワイライト・パープル・パール、フローズン・グレー、フローズン・ブラック、サンマリノ・ブルー、グリージョ・テレスト・パール)、2017年後半にはさらに「プロトニック・フローズン・イエロー・エディション」も追加で限定販売する、とのこと。

今回のジュネーブ・モーターショーでは(サプライズがない限り)BMWの目玉となる新型モデルはなさそうですが、フェイスリフトを受けた4シリーズ、モデルチェンジを行った5シリーズや5シリーズワゴンなど、多くのニューモデルが並ぶことになりそうですね。

なお日本でも発売が決定しており、その価格は2242万円。
BMWジャパンからプレスリリースも公開されています(下記は一部抜粋)。

BMW i8 Protonic Dark Silver は、クールで洗練された「プロトニック・ダーク・シルバー」の専用ボディ・カラーを身に纏い、ブラック・ハイグロスのフロント・ブレーキ・キャリパーを備えた20インチ アロイ・ホイールとの組み合わせにより、人目を惹きつけるより圧倒的な存在感を放つスタイリングを実現している。加えて、LED ヘッドライトに比べ 2 倍もの照射距離を実現した次世代のライト技術「BMW レーザー・ライト」を標準装備とし、フロント・フェイスから BMW i8の革新性と際立つ存在感をさらに主張している。

フル・レザーのインテリアは、気品と洗練さを兼ねそろえたダンベルギア・ブラウンのエクスクルーシブ・ナチュラル・レザー/クロス・アクセント・シートを標準装備し、クオリティーの高さとナチュラルな美しさを融合した高級感あふれる室内空間としている。さらに、エディション・ネームとシリアル・ナンバーの入った専用インテリア・バッジが、特別なモデルであることを主張している。

関連投稿
BMW i8にてスペシャルカラーの選択が可能に。ただしイギリス国内のみ
BMWがi8に初の限定モデルを設定。特別な内外装を持つ「Red Edition」
BMWがi8に限定カラーを追加。マツダのマシングレーっぽい「プロトニック・ダークシルバー・エディション」


関連投稿:BMW i8にてスペシャルカラーの選択が可能に。ただしイギリス国内のみ

イギリスにて、BMWがi8のカスタムカラーへの対応を開始。
他のマーケットについては言及がありませんが、今後拡大するかどうかは今のところ不明です。

カスタムカラーの費用は5,495ポンドでジャバ・グリーン、スピード・イエロー、ソーラー・オレンジ、トワイライト・パープル・パール、フローズン・グレー、フローズン・ブラック、サンマリノ・ブルー、グリージョ・テレスト・パール。

メタリックやソリッド、パール、マットなど様々なカラーを選ぶことができますが、i8はイメージ定着を狙ったのか永らく特定カラーしか選ぶことができず、したがってそれらのイメージが脳裏に焼き付いてしまっています。

ただ、英国内で限定販売されたプロトニック・レッドのi8については販売が非常に好調であったとのことで、「ほかの色」を求める人も多かったのでしょうね(ぼくもi3を購入する際、ボディカラーの少なさはちょと不満だった)。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5