>シボレー(CHEVROLET) >ジャガー(Jaguar) >マクラーレン(McLaren) >その他アメリカ車 >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

マクラーレンからフランク・ステファンソン氏去る。新デザイナーはロブ・メルヴィーユ氏

投稿日:2017/06/06 更新日:

先日、マクラーレンのチーフデザイナーであるフランク・ステファンソン氏がマクラーレン離脱かと報じられましたが、今回正式にマクラーレンがフランク・ステファンソン氏退任を発表。
後継はスポーツシリーズのデザイナーを務めたロブ・メルヴィーユ氏が担当する、とのこと。

ロブ・メルヴィーユ氏はP1、650S、675LT、570S、720Sのデザインを実質的に主導してきたそうで、実力・経験ともに申し分ない、と言えそう。
なおマクラーレンの「顔つき」が変わったのは650Sからですが、メルヴィーユ氏のの手腕がここから発揮されているのかもしれませんね。

なおMP4-12Cまではマクラーレンの人気はさほど高くなく、しかし650Sから採用された新しい顔が受けてマクラーレンは大きく販売を伸長。
いかにスポーツカーと言えども性能よりも「外観」のほうが重要な時代に突入した、ということを実感させる事象ではあります。

メルヴィーユ氏がマクラーレンの加入したのは2009年ですが、それまではジャガー・ランドローバーに在籍し、レンジローバー・イヴォークのデザインにも参画。
その前の2006年にはGMにてコルベットやハマーH2のデザインにも関わっている、とのことでこれまでの実績を十二分に発揮してくれそうですね。

今後マクラーレンは「トラック22」プランに基づいて積極的に新型車を発表してゆきますが、14のニューモデルがここに含まれ、中には「LT」をサブブランド化しての展開、P1後継となるエレクトリックハイパーカーのデザインも同氏が手がけることになるようです。

関連投稿
マクラーレンのデザイナーがミニに復帰?過去にはBMW X5やフェラーリF430/590/612、フィアット500をデザイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5