ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

フォード

ミサイル誘導装置開発者が新車で購入し56年も大切にしていたマスタング・シェルビーGT350。本人の怪我によってMTが運転できなくなり競売へと出品されることに

ミサイル誘導装置開発者が新車で購入し56年も大切にしていたマスタング・シェルビーGT350。本人の怪我によってMTが運転できなくなり競売へと出品されることに

| ただでさえ希少なマスタング・シェルビーGT350、そしてワンオーナーで低走行という貴重な個体 | 予想落札価格は最高で4500万円だが、もっと高い値がついてもおかしくはない さて、非常に希少なフォ ...

【動画】生産期間わずか1年、マスタングの希少モデルが46年ぶりに納屋から発見!オーナーは「レッド」で注文するもイエローにて納車され、しかし色盲なのでそれに気づかず

【動画】生産期間わずか1年、マスタングの希少モデルが46年ぶりに納屋から発見!オーナーは「レッド」で注文するもイエローにて納車され、しかし色盲なのでそれに気づかず

| 燃費を改善しようとインテークの改造に取り組むもそのまま放置、46年が過ぎ去る | 生産されたのは1806台のみ、相当に希少なクルマであることは間違いない さて、世界は広く、よって思いもかけないよう ...

内外装はセブンイレブンカラー、車内にはピザホルダー!コンビニ族にはたまらない「マスタング・タイプ711」が登場。抽選にて1名のみがゲットできる超レアカー

内外装はセブンイレブンカラー、車内にはピザホルダー!コンビニ族にはたまらない「マスタング・タイプ711」が登場。抽選にて1名のみがゲットできる超レアカー

| ボディカラーだけではなくユーザー属性を理解した「セブンイレブン仕様」を作ってくるとは恐れ入る | 残念ながら日本では展開なし、ぜひ日本でもやってほしい さて、米セブンイレブンがなんと「セブンイレブ ...

フォルクスワーゲン

VWは「自動車業界がEVへと完全移行するには時期尚早」、ステランティスは「内燃機関と電動車との事業を分けて考えるのはナンセンス」。いま自動車業界で何が起きているのか

| ここへ来て様々な事情によって電動化にブレーキがかかりそうだ | インフラ拡充不足はある意味で「致命的」だとも考えられる さて、電動化への急先鋒だとも考えられるのがフォルクスワーゲングループではあり ...

9200万円のフォードGTが購入後1ヶ月でクラッシュ!その理由はオーナーが「マニュアル・トランスミッションの操作に慣れていなかったから」

9200万円のフォードGTが購入後1ヶ月でクラッシュ!その理由はオーナーが「マニュアル・トランスミッションの操作に慣れていなかったから」

| 幸いにも、不フォードGT車両そのものは修復できそうに思える | シフトチェンジの際になんらかの不手際が生じ、スピンしたようだ さて、フォードは2006年にわずか343台のみ「フォードGT ヘリテー ...

ちょっとスッキリ顔になった次世代フォード・マスタングの画像がリーク!7代目にて「ダッジ・チャレンジャーに奪われた市場」の奪還なるか

ちょっとスッキリ顔になった次世代フォード・マスタングの画像がリーク!7代目にて「ダッジ・チャレンジャーに奪われた市場」の奪還なるか

| フォードはなんとしてもマスタングを「もっとも売れたスポーツカー」へと返り咲かせたいはずだ | そのデザイン、プロポーションは「キープコンセプト」なるも近代化 さて、2024年モデルとして発売される ...

米ロッカーが新車時から所有している「オプションを文字通り全部装着した」フォードGTが競売に登場!本人のギターも付属、とんでもなく高値が付きそうだ

米ロッカーが新車時から所有している「オプションを文字通り全部装着した」フォードGTが競売に登場!本人のギターも付属、とんでもなく高値が付きそうだ

| キッド・ロックがフォードGTを所有していたとは全然知らなかった | カラーコンビネーションは一番人気、1500台のうち669台がこのカラー さて、米ミュージシャンのキッド・ロック(ぼくは”ロックン ...

世界初!早くも6輪仕様のフォード・ブロンコが誕生し、その1号車がオークションへと登場するもよう。いかにもアメリカ人が好きそうだ・・・

世界初!早くも6輪仕様のフォード・ブロンコが誕生し、その1号車がオークションへと登場するもよう。いかにもアメリカ人が好きそうだ・・・

| アメリカでは6輪カスタムが人気だが、まさかこんなに早く6輪ブロンコが登場するとは | その仕様は超ハード、どこにでも走って行けそうだ さて、アメリカでは「6輪化カスタム」が宴もたけなわといったとこ ...

イギリスの会社がフォードの認可を受けて初代マスタングの「ピュアエレクトリック版」を製造販売!536馬力、4WD、価格は5400万円、499台の限定モデル

イギリスの会社がフォードの認可を受けて初代マスタングの「ピュアエレクトリック版」を製造販売!536馬力、4WD、価格は5400万円、499台の限定モデル

| すでにマスタング・エレクトリックの受注は開始済み、アメリカでも相当な話題となっているようだ | まさか「アメリカンマッスル」が英国でリメイクされるとは さて、ロンドンのコーチビルダー、「チャージ・ ...

ついに脳波でクルマをコントロールする時代がやってくる?フォードが「ブレイン・マシン・インターフェース」なる奇っ怪な特許を出願

ついに脳波でクルマをコントロールする時代がやってくる?フォードが「ブレイン・マシン・インターフェース」なる奇っ怪な特許を出願

2022/3/12    , ,

| 未来のクルマはいったいどこへ繋がってゆくのか | このシステムはあくまでも人の物理的動作を「補完」するために使用されるようだ さて、現在自動車の運転は「手でステアリングホイールを、足でアクセルとブ ...

【動画】新生デ・トマソ第一弾、「P72」がスイスの氷上を走る!イタリアンデザインにアメリカンエンジンという伝統を守り、この上なく刺激的な一台に

【動画】新生デ・トマソ第一弾、「P72」がスイスの氷上を走る!イタリアンデザインにアメリカンエンジンという伝統を守り、この上なく刺激的な一台に

| ここまで歴史を忠実にトレースした「リブート」ブランドも珍しい | 製造はアポロ・インテンサ・エモツィオーネで実績のある香港ITV さて、2年前にブランドの復活が発表されたデ・トマソ。これは香港の会 ...

テスラ

テスラのモデル展開はなぜ「SEXY」ではなく「S3XY」なのか?どうやらフォードが圧力をかけ「モデルE」の商標を奪ったもよう。なおフォードは実際に「モデルE」を発表

| 当時、テスラとフォードとのパワーバランスは今とは全く異なっていたようだ | 今だったらテスラはフォードの言うことを聞かないだろう さて、テスラは現在「モデルS、モデル3、モデルX、モデルY」という ...

フェラーリ

ついに映画「フェラーリ」が20年の歳月を経て5月から撮影開始!舞台は1957年の夏、「結婚生活の破綻」「破産寸前」「息子の死」を乗り越えてミッレミリアへ

| 監督は「フォードVSフェラーリ」のマイケル・マン | 1957年を境にエンツォ・フェラーリの運命は逆転し始める さて、長らく計画が進められてきたフェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの伝記映画がつ ...

テスラ

米バイデン大統領は今までテスラを無視し、公の場で「テスラ」という言葉を発していなかった!GMとフォードばかりを持ち上げていたのにはじめて「テスラ」を米国最大のEVメーカーだと認める

| さすがに「テスラ無視」があまりに不自然だと感じる人が多かったようだ | テスラが労組をもたないことが「テスラ無視」の理由だとされている さて、バイデン大統領が初めて公の場で「テスラ」という言葉を発 ...

高卒でGMの作業員からスタートし、同社初の女性CEOにまで上り詰めたメアリー・バーラ!EV増産計画を公表し「2025年にはテスラを捉える」と自信を見せる

高卒でGMの作業員からスタートし、同社初の女性CEOにまで上り詰めたメアリー・バーラ!EV増産計画を公表し「2025年にはテスラを捉える」と自信を見せる

| ちなみに親子二代でGMの工員を務める。現場からの叩き上げの実力は侮れない | ただしGMのEV躍進のきっかけとなったGMCハマーEVはアメリカ以外では売りにくいだろう さて、EV重視政策に転換した ...

フォードGT最新ヘリテージ・エディション「アラン・マン」発表!GT40開発時に軽量性を追求したモデルを現代に再現

フォードGT最新ヘリテージ・エディション「アラン・マン」発表!GT40開発時に軽量性を追求したモデルを現代に再現

| フォードGTもついにその生産が「最終年」に突入 | これまでには1000台程度がデリバリーされているはずだが、転売禁止期間を過ぎても売り物がほとんど出てこない さて、今年はフォードGTの生産最終年 ...

フォード・ブロンコに「高貴な」ローマ教皇とのコラボモデル、「ポープ・フランシス・センター・1stエディション」登場!競売にかけられ収益金はチャリティーへ

フォード・ブロンコに「高貴な」ローマ教皇とのコラボモデル、「ポープ・フランシス・センター・1stエディション」登場!競売にかけられ収益金はチャリティーへ

| 通常のブロンコとは異なるありがたさが漂ってくる | 1966年の初代ブロンコ、1979年のフォード”パパモビル”ブロンコへのオマージュ さて、先日「子どもを持たずにペットを飼うのは身勝手だ。父性や ...

フォードGTが競売に登場、数日を残して価格が大きく1億円をオーバー。やっぱりフォードGTは近年「もっとも価格の上がるスーパーカー」に

フォードGTが競売に登場、数日を残して価格が大きく1億円をオーバー。やっぱりフォードGTは近年「もっとも価格の上がるスーパーカー」に

| やはりそのピュアさ、そしてモータースポーツでの(初代の)功績が評価されていると考えて良さそう | フォードGTは今後も継続して価値を上げることになりそうだ さて、極めて印象的な1台のフォードGTが ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5