プレミアム

現在の自動車におけるエレクトロニクス関連が占めるコストは「40%」。2000年代初めには20%程度だった電子制御装着率が現在では80%にも達したことがその理由

| おそらくこの傾向は想像するよりも速く進むことになりそうだ | 現代の自動車のコストにおけるエレクトロニクスの割合はなんと「車両の40%にものぼる」という報道。2004年にはスタビリティコントロール ...

MAZDA3に30万円も割安な1.5Lモデルが登場!その価格222万なるもカローラの「193万円」にはまだ遠い。やはりマツダは高かった?

| マツダの志は理解できるが、消費者がなかなかついてこない | さて、マツダはつい先日、「CX-3のベーシックグレードとして1.5リッターモデル」を追加しましたが、今回はMAZDA 3 セダンにも1. ...

マツダ副社長激白!「直6+FRはコスト削減のためで高価格化のためではない」「プレミアム化は”買ってもらって”はじめて成立する」。マツダほど誤解されているメーカーも他にない

| マツダは過去に自ら価格を上げて失敗した例から「プレミアム化の難しさをよく知っている | さて、創立100周年を迎え、さらには「電動」「直6」「FR」といった新しい方面へとチャレンジするマツダ。一見 ...

次期MAZDA6はやはりプレミアム化?直6エンジン搭載のFRとなり、レクサスと多くを共有か→価格もレクサス並みに?

| マツダの「いいクルマを作りたい」という情熱は理解できるが | マツダは次期(フルモデルチェンジ版)「MAZDA6」をFR化し、プレミアムセダン化すると言われていますが、これには現在開発中の直6エン ...

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない | なかなか業績が上向かず、2期連続で減益となる可能性が高いマツダですが、今回東洋経済がマツダの丸本明社長にインタビューを行い、その内容を公開し ...

マツダ「我々はさらにプレミアムを目指す」。なおマツダのデザイン部門トップはRX-7のデザイナーの息子、つまり親子二代でマツダ車をデザイン

| 同じ会社で「親子二代がデザイナー」というのは極めて珍しい | 英国Autocarがマツダの常務執行役員、前田育男氏の言として「さらにプレミアム化を目指す」という内容を紹介。これによると、「プレミア ...

メルセデス・ベンツはやはり「王様」! 世界の高級車市場ではNo.1を獲得し、「BMWの追撃なにするものぞ」

| おそらくこれからの高級車市場におけるライバルは「テスラやポルシェ」 | つい先日、BMWは「北米市場ではメルセデス・ベンツを抑え、もっとも売れたプレミアムカーメーカーになった」と発表したところです ...

今トミカが熱い!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、マクラーレン・スピードテールほかスーパーカーのラインナップを拡大中

| そのほかにもトヨタGRスープラなど話題のニューモデルも | さて、ぼくはけっこうな数のミニカー(モデルカー)を集めていますが、最近注目しているのがトミカ。トミカというとディティール、シルエットとも ...

ダイナースよりブラックカードの招待状が届く。ここでその内容を紹介してみる

| 突如ブラックカードの案内が届く | ダイナースから「ブラックカード(ダイナースではプレミアムカード)」の招待状が。 なにやら真っ黒で豪勢な封書が届き、中身を見ると「プレミアムカード」の招待とその特 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5