>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

スイスアーミーからの「退役」車両をレストアがてらカスタム メルセデス・ベンツのカスタムで知られるロリンザーですが、「ロリンザー・クラシック」なる部門にてメルセデス・ベンツのレストアを行っており、今回はレストア+モディファイ=レストモッドによって生まれ変わった1993年製メルセデス・ベンツGクラスを公開。なお、同じくメルセデス・ベンツのチューナでもあるブラバスもレストア事業を開始していて、今後チューナーにとってもレストア、ひいてはレストモッドはひとつの大きなビジネスチャンスになるのかも。 え?あのブラバスが ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

アストンCEO「今は自動車業界の”終わりの始まり”にいる。考え方をシフトせねば大衆車メーカーは絶滅するだろう」

投稿日:2018/06/16 更新日:

| 大衆車メーカーは絶滅の危機に瀕している |

アストンマーチンCEO、アンディ・パーマー氏によると「量産車メーカーはその戦略を変えるか、でなければ絶滅するだろう」とのこと。
これはAutomotive News Europeミーティング中に行われた発言で、「今や自動車はコモディティ化しており、自社のクルマを差別化する方法を考えなければならない」というのがその趣旨。

加えて、「今が”これまで続いてきた”自動車業界の終わりの始まりだ」とも語っています。








これまでにも「淘汰」の波はあった

たしかにこれについては理解できるところがあり、自動車の性能自体が発展途上であった頃は「どのメーカーの車が速い」「どのメーカーの車が壊れない」といった選ばれ方をしてたように思われます。
つまり、時速300キロ出すならポルシェかフェラーリかランボルギーニしか選択肢がなかったものの、今だと多くのメーカー、チューナーが「踏めば300キロ出る」クルマを作るように。

そうなるとスーパーカーはその存在意義を失い、「ブランド品」としての生き残る道を見つけているのが現代。
よって、以前の考え方で「速いだけ」のクルマを作る少量生産メーカーはほぼ存在意義がなく、それよりも「ブランド品」としての存在価値を身につけるほうが現代においては競争力の強化につながる、とも言えます。

たとえばライカン・ハイパースポーツは「ブランド品」なので富裕層に受け入れられ、新生TVRは「今やほかメーカーでも持ちうる走行性能しか無い」ために差別化ができずに苦しいだろう、ということですね。

同様に「品質が高い」「安全」という価値観も現在ではどのメーカーでも持ちうるファクターになり、つまりこれが「コモディティ化」。
たとえばボルボはかつて「世界で最も安全な車」と言われたものの、その後どのメーカーも安全になってしまい、その価値を失うことに。
しかしその後「スカンジナビアデザイン」という差別化によって再浮上し現在に至る、というのが現状です。

こういった「淘汰」がかつて起きており、これで消滅したのはサーブやMGといったメーカーだと言えそう。



今後はさらに厳しい時代に

そして今後予想されるのは「エレクトリック化」によって性能の差が出しにくくなるであろうこと(エンジンサウンドやフィーリングでクルマが語られることはなくなる)、そしてカーシェアリングが進むであろうこと。

これについてはすべてのメーカーが該当することになり、大衆車メーカーであっても高級車メーカーであってもそれは同じ。
将来的に「クルマを個人で持たなくなる」時代が来ることになり、高級車と言えども「シェアする」ことが当たり前になるかもしれません。

そういった時代に「個人で持ちたい」と思わせるには感情に訴えかけるクルマを作るしか無い、というのがアンディ・パーマー氏の主張で、まさに「必要のないモノを売らねばならない」時代に入ってゆくわけですね。

たとえば、今や時間を知るにはスマホで十分で(というかもっとも正確)腕時計は必要ありませんが、それでも「わざわざゼンマイを(手動にせよ自動にせよ)巻かねばならず、時間も正確ではない」器械式腕時計(しかも高い)がなぜ売れるのか、ということに近いかもしれません。

もしくは、ピカソやゴーギャンの絵を簡単にダウンロードしてスマートフォンの中に保存しておけるのに「なぜ」高いお金を出して本物を落札する人がいるのか、ということにも通じるのではないかと思います。

いずれにしても(カーシェアリングの一般化で)自動車の総販売台数が減少に向かう時代が来るのは間違いなく、もしかすると最初に打撃を受けるのは、アンディ・パーマーCEOの言うように「量産車メーカー」なのでしょうね。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->アストンマーティン(Astonmartin), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.