ad-728





>アウディ(Audi)

アウディR8にレース由来のエアロパーツを装着した、スパルタンな限定モデル発表。全世界で44台のみ

| アウディR8にハードな限定車が登場 |

アウディが全世界で44台限定となる「アウディR8 V10プラス アウディスポーツパフォーマンスパーツエディション(Audi R8 V10Plus Audisport Performance Edition)」を発表。
これは「アウディスポーツ(旧クワトロ)」製のパフォーマンスパーツを装着した外観が特徴で、本国での価格は約2600万円ほど。
これらパーツはウインドトンネルを使用して設計されたもので、素材はカーボンファイバー製。

装着されるエアロパーツはフロントスポイラー、エアロフリック、サイドスカート、リアウイング、リアバンパースパッツ、リアディフューザー、そしてその他の装備だと20インチ軽量ホイールにカーボンセラミックブレーキなど。

ダウンフォースは最高速達成時に250キロ

このエアロパーツの効果は非常に大きく、時速330キロの時点でノーマルだと150キロ程度のダウンフォースにとどまるものの、このエアロパーツを装着することで「250キロ」にまで増加する、とされています(時速150キロだと52キロで、これはノーマルの倍)。

r8-3

インテアリアについては画像の公開がないものの、アルカンターラ張りのステアリングホイール、リアビューカメラ、アウディ・スマートフォンインターフェース、バケットシート等が装備される、とのこと。

r8-2

なお、これらエアロパーツはすでに公開されたものではありますが、あとで装着すると相当なコストを強いられることになり、「お買い得」な限定者だと言えそうです。

こちらが昨年に「パーツ単体」で発表された際の画像。
これに比べると、今回発表された「アウディR8 V10プラス アウディスポーツパフォーマンスパーツエディション」に使用されるカーボンパーツにはレッドのアクセントがなく、いくぶん”落ち着いた”印象ですね。

こちらはリア。

こちらはアウディR8のレーシングカー、「アウディR8 LMS GT4」。
かなりの部分において今回の限定モデルとの共通性が見られ、これらパーツが”モータースポーツ由来”であることもわかりあmすね。

Audi R8 LMS GT4

アウディR8はフェイスリフトモデルも用意?

アウディR8の将来は不透明ではあるものの、とりあえずは「フェイスリフト」を受けてしばらくは継続販売されるようで、ここ最近、様々なプロトタイプが目撃に。
グリル、エアインテーク、サイドステップやリアバンパー/ディフューザーが変更される可能性が高そうで、もしかすると「ハードコアモデル」の追加があるかもしれない、とも言われていますね。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アウディ(Audi)
-, , , , , ,