>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「Z4に積まれるトルコンATは最高だ。ロードカー用としてこれ以上のトランスミッションは存在しない」

投稿日:2018/11/20 更新日:

| BMWは今後トルコンATの採用を拡大する意向 |

BMWは新型Z4を発表していますが、そのトップレンジである「M40i」のトランスミッションはATのみ。
しかも「DCT」ではなくトルコンATを採用しているのがミソで、このATについてBMWは「これ以上のトランスミッションはない」と自信を見せています(たしかに発表されたばかりの”最強”3シリーズ、M340iもトルコンATのみ)。

なお、このトランスミッションはZF製となり、新型トヨタ・スープラにもこれと同じものが搭載されると見られていますね。

ATにはどんな種類がある?

ATは「オートマティック・トランスミッション」の略ですが、つまりは「自動変速」。
そして自動変速の種類にもいくつかあり、たとえばランボルギーニ・ガヤルドに採用されていたような「ロボタイズドMT」。
これはマニュアル・トランスミッションのクラッチを、人の(左足の)かわりに油圧ロボットが自動的につないだり切ったりしてくれるもの。

DSC00345

そして現代のスポーツカーに採用されることが多いのが「DCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)」。
これはポルシェだとPDK、ランボルギーニだとLDF等メーカーによって呼び方は変わりますが、出力/入力軸とクラッチが2系統あるものの、ロボタイズドMTと同じく「マニュアル・トランスミッションの延長」とも言えるもの。
直接的にエンジン~トランスミッションをつなぐという意味ではダイレクト感があり、しかし変速時や低速走行時にギクシャクしてしまう、というデメリットも。

その他はプーリーを用いた無断変速トランスミッション「CVT」というものも存在(下はボッシュによる解説動画)。
これは燃費が良い(ロスが少ない)とされるものの、大パワーエンジンに対応できない、高回転に弱いといった特性があり、コンパクトカーや、そんなに速度を出さないクルマ(ミニバンなど)に用いられます。

そしてBMW Z4に採用されるのがトルクコンバーターを使用した「トルコンAT」と呼ばれるもので、これは遊星歯車機構(プラネタリーギア)を用いた構造を持っていますが、その構成が複雑で重量が重くなる、というデメリットも。
一方で多段化が容易、大きなトルクを持つエンジンに対応できる、というメリットもあります。

BMW Z4に積まれるATは「セットアップ幅が広い」

そしてBMWはZ4に積まれるトルコンATについて「8HP51」と呼ばれるZF製トランスミッションであり、「ストリート用のクルマに積むものとしてはこれ以上のトランスミッションはない」と発言(M5もこれと同じトランスミッション)。
その理由としては「セットアップの自由度が大きい」ということを挙げており、ドライブモードによるキャラクターの変化を大きくすることができる、と述べています。※ZFとはZahnradfabrik、つまりZahnrad=歯車、Fabrik=工場のイニシャルを取ったもので、まさにトランスミッション専門

63a18dd6-2019-bmw-3-series-m-performance-parts-10

そしてZFによると、この8HP51はロックアップ制御の進化によって「CVTやDCTの領域もカバーできるようになった」とのことで、さらには「スポーティで加速感を感じる制御」、反対に「滑らかな制御」もでき、DCTにはできない「段跳び減速」も可能に。
加えて「わざとDCTのようなシフトショックを演出する」こともできるようですね。

おまけに従来の6速ATに比較するとこの8速ATは小さく軽く(-20kg)なっていて、もはや「メリットしかない」トランスミッションと言えるかもしれません。

なおBMWは実際に「トルコンATに対しては、DCTもMTもメリットが存在しない」としていますが、この流れ、トルコンATの高性能化を見るに、BMW以外のスポーツカーにおいてもトルコンAT化の波がやってきそうですね。

BMW「マニュアルに加えDCTも消滅。もはやトルコン式ATには勝てない」

VIA:TOYOKEIZAI

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.