>シボレー(CHEVROLET) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

モデルチェンジと同時に販売が激減したカマロ。それでもデザイナーは「後悔などない」。ちなみにそのデザイナーは今年に退任済み

投稿日:2019/08/31 更新日:

| ここまでモデルチェンジで販売が落ちたクルマも珍しい |

現在、アメリカンマッスルカー市場にて「一人負け」状態のシボレー・カマロ。
現行の「6世代目」カマロは2015年にモデルチェンジしているものの、注目スべきはモデルチェンジ前の(2010年から)2014年まで、カマロはアメリカンマッスルカー市場にて「No.1」であったこと。

しかしながらモデルチェンジを行った2015年にはフォード・マスタングに首位を持ってゆかれることとなっています。

さらにその後カマロは11年選手のダッジ・チャレンジャーにも販売面にて抜かれることになっていますが(3位に転落)、これはつまり「アメリカンマッスル市場が縮小しているのではなく、カマロだけが売れていない」。

シボレーは「フェイスリフト」でこれに対抗

もちろんシボレーはこの状況に甘んじるはずもなく、値下げを行ったり、さらにはフェイスリフトを早々に行うなどしていますが、現在も一向にその効果が現れず。

なお、ネット上にて酷評された新型カマロSS(2015-2018年モデルまで)はこういったデザイン。
ヘッドライトとアッパーグリルが薄くなり、ロワーグリルが縦方向に大きくなっています。

こちらはカマロZL1。
それまでの「レトロルックな」5世代目カマロに比較するとかなりアグレッシブなデザインを持ち、これはコルベットC7と同じチームがデザインを手掛けたため。

なお、こちらがコルベットC7(ZR1)ですが、たしかに似ていますね。
ただしコルベットのデザインが不評という話は聞いたことがないので、単に新型カマロのデザインが「カマロらしくなかった」ということなのかもしれません。

ちなみに5世代目の「カマロSS」はこういったデザイン。
やはり「カマロらしい」ような気もしますね。

そして最新のカマロがこちら。
SEMAショーにて発表された、カマロSSショック・コンセプトと同様の顔つきに変更されていますが、先代のカマロSSに近い、上下二箇所に「細長い」グリルを持つデザインへと変更されています(ただしイメージはさらにカマロから離れてきたような気もするが、ぼくはけっこう格好良いと思う)。

新型カマロのデザイナーは「酷評された」デザインを後悔している?

そして今回、Muscle Cars and Trucksが6世代目のカマロをデザインしたトム・ピータース氏にインタビューを行い、「6世代目のカマロのデザインは失敗だったか?」とモロに直球を投げています。

ただしトム・ピータース氏はこの質問に対して「いや、後悔していない」と即答。
さらには「我々は新型カマロにさらに彫刻的、かつユニークな性格を与えたかったのだ」とコメント。

たしかに6代目カマロは新しいイメージを持つに至っていますが、カマロの顧客はそれを受け入れることができなかった(カマロは変わるべきではなかった)というのもまた事実だと言えそうですね。

これまでのカマロはこうだった

そしてカマロの変遷ですが、4代目カマロはこんな感じ。
これはこれでけっこう売れたようにも思いますが、5代目カマロは大きく方向性を変え、初代カマロに回帰したということもわかります(そして5代目カマロのヒットには映画”トランスフォーマー”の存在が欠かせない)。

3代目はこう。

2代目はこんな感じ。

こちらは初代。

あわせて読みたい、シボレー・カマロ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シボレー(CHEVROLET), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.