>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

「すごく・・・真っ黒です・・・」。BMWが”世界でもっとも黒い”特殊塗装を持つBMW X6を発表

投稿日:2019/08/28 更新日:

| けしてフォトショップで加工を失敗したわけではない |

BMWが、フランクフルト・モーターショーにて実車を公開するという”BMW VB X6”を公開。
一見すると失敗して光沢の無くなったレンダリングのように見えますが、それもそのはずで、これは可視光線の99%を吸収してしまうという「Vantablack VBx2コーティング」をボディ表面に施しているため。

BMWはこのペイント「バンタブラック(Vantablack)」の実現を目的に、塗料メーカーのサリー・ナノシステム、レビエーション29との協業を行い、その結果として「世界で最も黒い」塗装を持つBMW X6を再現することに成功。

おそらくフランクフルト・モーターショーの会場ではカメラマンが苦労することになりそうだ

画像は「実車」を写したもののようですが、どう見てもフォトショップにて明度と彩度を落とした加工のようにしか見えず、つまりはそれだけ「ブラックホール的」に光を吸収してしまうのでしょうね。

bmw-x6-in-vantablack

それを考えると、この塗装を使用すれば「光を吸収するので」ディティール(ボディの凹凸)がわからなくなり、 今後BMWはプロトタイプについて、カモフラージュ用のシートを使用するのではなく、 この塗装を使用すればいいんじゃないかと思ったり。

bmw-x6-in-vantablack-2019 (1)

バンタブラックはマットブラックに変わる選択肢に?

なお、BMWは現在「フローズン」という呼称にてマットカラーを採用していますが、この「バンタブラック」はマットの次に来るペイントだと言えるのかもしれません。

bmw-x6-in-vantablack-2019 (2)

ただ、その性質上「ブラックでしか」再現できない可能性があり、カラーの選択肢は狭くなるの可能性も(ただしBMWはホワイトとブラックで全体の80%程度を占めるので問題はなさそう)。

現在のところこのバンタブラックが市販車に採用されるのか、だとしたらコストがいくら位になるのかは非公開。
おそらくはフランクフルトモーターショーに実車を展示し、そこでの反響を見るのだと思われますが、もっとも黒い塗装であるのと同時に、もっともカメラマン泣かせな塗装であるのも間違いないだろう、と思います。

bmw-x6-in-vantablack-2019 (3)

塗装表面については、一見「ベルベット」のようにも見えるものの、実際には「毛羽立っている」わけではなく、ごく普通のなめらかな表面を持っているようにも見えますが、メンテナンスには格別の注意を要するのかも知れません(摩擦でエッジがテカってくると変な見え方になるのかも)。

bmw-x6-in-vantablack-2019 (4)

なかなかに面白いペイントであり(しかしなれるのに時間がかかりそう)、マットブラックに代わる選択肢として人気が出そうですね。

bmw-x6-in-vantablack-2019 (5)

VIA: BMW

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.