>その他の国の車

「機は熟した。地球上ではじめてのウルトラカーを発表する」。ギリシャより3000馬力の「カオス」登場、今後はニュルや世界最高速などの記録に挑戦するようだ

「機は熟した。地球上ではじめてのウルトラカーを発表する」。ギリシャより3000馬力、16億円の「カオス」登場。今後はニュルや世界最高速などの記録に挑戦するようだ

| 昨年プロジェクトが公表された際には「絵空事」だと捉えていたが、どうやら本当に発表するようだ | この出力に耐えうる駆動系が存在するのかどうかはちょっと不明 さて、ギリシャの新興ハイパーカーメーカー ...

日本での「ラーダ・ニーヴァ」の価格はロシアの2倍!ロシアのカーメディアでは「日本人は普及車のニーヴァを高級車なみの価格で購入しているのか・・・」と話題に

日本での「ラーダ・ニーヴァ」の価格はロシアの2倍!ロシアのカーメディアでは「日本人は普及車のニーヴァを高級車なみの価格で購入しているのか・・・」と話題に

| ロシアでのニーヴァ・トラベルの価格は150万円、日本だと乗り出し300万円 | ただし正規輸入されていないクルマを輸入・販売すればどうしてもくれくらいの価格になってしまう さて、ロシアで大人気のラ ...

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

ポルシェ創業者の曾孫がEVメーカー設立!第一弾のスポーツEV、ピエヒGTは「ポルシェ911への対抗」となりそうだ

| やはりピエヒ一族はポルシェに対し、強いライバル心を持っているのかもしれない | そのデザインは異なれど、ボディサイズやパフォーマンス、価格はポルシェ911と近いものとなりそう さて、ポルシェ創業者 ...

44年間モデルチェンジなし!あのラーダ・ニーヴァに限定モデル「アニバーサリー」登場。モデルチェンジもウワサされ、これが「最後の最後」?

44年間モデルチェンジなし!あのラーダ・ニーヴァに限定モデル「アニバーサリー」登場。モデルチェンジもウワサされ、これが「最後の最後」?

| できればこのルックスのままエレクトリック化してほしいものだが | 見かけによらず本格的な悪路走行性能を持つオフローダー さて、1977年以来一度もモデルチェンジを行っていない長寿モデル(もしかする ...

リマックとブガッティがついに手を組む!新会社「ブガッティ・リマック」が誕生すると公式に発表

ブガッティを配下に置いたリマックCEO語る。「私は安全策を取るような人間ではない。絶対にだ。だから、ブガッティ・リマックでも保守的な役員とは衝突するだろう」

| ブガッティ・リマックではなにか「とんでもない」クルマが発売される可能性がありそうだ | リマックはテスラとともに「ソフトウエア開発会社」型の考え方をする企業だと言える さて、リマックばブガッティを ...

「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる

【動画】「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる

| 事実上の市販車加速キング決定戦 | この勝負が市販車加速”最速”1位と2位を決するといっていいだろう さて、多くの人が気になっているであろう、リマック・ネヴェーラとテスラ・モデルSプレッドとの最速 ...

リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

【動画】リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

| さらに、リマックによればもっとゼロヨンタイムは速くなるという | おそらくはこの他の記録も続々更新してゆくことになりそうだ さて、リマックが発表したばかりのピュアエレクトリックハイパーカー、「ネヴ ...

「インド初のハイパーカー」、アザニが予約受注開始!1000馬力、0−100キロ加速2.1秒、最高速322km/h、航続距離は523km。絶対に発売は無理じゃろ・・・

「インド初のハイパーカー」、アザニが予約受注開始!1000馬力、0−100キロ加速2.1秒、最高速322km/h、航続距離は523km。絶対に発売は無理じゃろ・・・

  | なぜこういった実現不可能に思える計画が続々登場するのか不思議でならない | 資金を集めるための詐欺なんじゃないかと思ってしまうことも さて、とにかく現在は世界中にて新興ハイパーカーやスーパーカ ...

シュコダは1957年にこんな美しいクルマ「1100 OHC」を作っていた!当時ル・マンに参加する予定で製造されるも冷戦によりその夢が閉ざされた悲運の一台

シュコダは1957年にこんな美しいクルマ「1100 OHC」を作っていた!当時ル・マンに参加する予定で製造されるも冷戦によりその夢が閉ざされた悲運の一台

| シュコダは歴史も古く、航空機用エンジンも生産するなど「実力十分」な自動車メーカー | 現在はフォルクスワーゲングループ参加にてコストパフォーマンスの高い車をリリースしている さて、チェコの自動車メ ...

40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ

40年以上モデルチェンジしていないラーダ・ニーヴァにワイルドな新グレード「ブロント」登場!オフロードタイヤにワイドボディ、オプションでは迷彩塗装もあるようだ

| フルモデルチェンジはなされていないものの、ニーヴァには頻繁な改良が施されている | 2024年には親会社、ルノーの協力を得てついにモデルチェンジという話もあるようだ さて、走る化石と言われる「ラー ...

まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

【動画】まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

| エレクトリックスポーツの納車が進んでくると、もはやこれまでの常識を修正する必要がありそうだ | しかもテスラ・モデルSとやモデルXのように、セダンやSUVでも速いから手に負えない さて、リマックは ...

ベトナムの自動車メーカー、ヴィンファスト

ベトナム初の自動車メーカー「ヴィンファスト」が北米と欧州に進出との報道!2017年設立の自動車メーカーとしては異例の速さで世界展開を加速中

| ほとんどの新興メーカーが「口だけ」だが、ヴィンファストには行動が伴っていたようだ | 車両自体はBMWやオペルからのパーツ供給によって製造、デザインはピニンファリーナ さて、ベトナム初の自動車メー ...

メイト・リマック

33歳でブガッティを支配下に置いた男、メイト・リマック。その生い立ち、これまでの歩みを見てみよう

| メイト・リマックが「リマック・アウトモビリ」を設立したのは21歳、そして12年後には事実上ブガッティを手中に収める | ここまで急速に成長した自動車メーカーも珍しい さて、先日ブガッティとの合弁会 ...

ブガッティとリマック

ブガッティxリマック続報!今後3台の新型車が控え、「ガソリン車も作り続けるがハイブリッド化される」「10年以内にはピュアエレクトリックカーを発売」

| ブガッティとリマックとの合弁会社設立に要した時間は18ヶ月 | 今後のブガッティは「ハイパーカー以外」もリリースする可能性があるようだ さて、つい先日リマックとブガッティが今後のビジネスを共同にて ...

リマック・ネヴェーラ

リマックが上場し、その資金でブガッティを買収するというウワサ。同様のウワサはこれで3回目、どうやら最終決着がつく?

| 今までのウワサは実現していないものの、短期間で同様の話が3度も出るということは、「なんらかの動きがある」と見ていいのかも | リマックの成功は、現代において、パガーニやケーニグセグを越える「神話」 ...

リアウイングが前後左右に傾く「トンデモ」ハイパーカー、ゼンヴォTSR-Sのレビュー登場

【動画】リアウイングが前後左右に傾く「トンデモ」ハイパーカー、ゼンヴォTSR-Sのレビュー登場!1,177馬力、0−100キロ加速2.8秒、その価格は1.9億円

| ゼンヴォTSR-Sの細部を見るに、ただのキワモノではなく細部までしっかり作り込んでいるようだ | さすがに2009年から今まで会社が存続しているだけのことはある さて、デンマークのトンデモハイパー ...

ケーニグセグが2004年に発売した「CCR」が競売に

ケーニグセグが2004年に発売した「CCR」が競売に!生産わずか14台、新車価格5000万円なるも予想落札価格は1億円オーバー

| ケーニグセグCCRはその後のアゲーラの礎を作った重要なモデル | ボディカラーは「ラバオレンジ」、ケーニグセグがデモカーとして使用 ケーニグセグが2004年に発売した「CCR」が競売に登場予定。ケ ...

リマックがネヴェーラの試乗イベント中、公道上にて「142km/hオーバー」で走ったことが判明

リマックがネヴェーラの試乗イベント中、公道上にて「142km/hオーバー」で走ったことが判明。CEO自ら謝罪、そしてドライバーは起訴される可能性も

| 「クリーン」さを売り物にするEV専業メーカーだけにイメージダウンは避けられない | なにかと堅苦しい世の中だけに、こういった問題は予見できそうではあるが さて、現在「市販モデルが公開」れているクル ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5