>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アルファロメオ「ティーポ33/2ストラダーレ」は50周年。記念イベント開催

投稿日:2017/09/10 更新日:

| いつの日か復活を希望 |

アルファロメオが「ティーポ33/2ストラダーレ」の50週年記念を祝うイベントを開催。
アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレは1967年8月31日に登場していますが、これは「ストラダーレ=道」の名の通り、レーシングカーである「ティーポ33」の公道バージョン(イタリア車で”ストラダーレ”とあるのはだいたいレーシングカーの公道版)。

ティーポ33自体は1960-1970年代に活躍した競技専用車で、その中の「ティーポ33/2」は1967年に登場。
2000cc(2500cc版もある)のV8エンジンを持ち、出力は270-315馬力、車体重量はわずか580キロ、とされています。

こういった昔のレーシングカーのスペックを見るといつも「相当に運転が難しかったであろう」と思うのですが、当然ながらタイヤ性能も現在とは比較にならないほど低く、エンジンやトランスミッション、ブレーキの扱いも相当に慎重になる必要があったでしょうし、当然ながらドライバーズエイドが何一つ無い状況であのスピードを出すというのは今から考えると「自殺行為のようなもの」だったんじゃないか、とも考えたり(レーシングドライバーは本当に偉大)。

なお、市販モデルのティーポ33/2ストラダーレはレースバージョンさながらのスペックを持っており、エンジンは2000cc/V8で出力は230馬力、トランスミッションは6速MT、レブリミット1万回転、0-100キロ加速は5.5秒、最高速度は時速260キロ、という現代の基準から見ても一級の性能をもつ車に仕上がっています。

デビューはトリノショー、ボディワークはカロッツェアリア・マラッツィで18台のみが製造された、とのこと。
このティーポ33ストラダーレをベースとしたコンセプトカーだと「アルファロメオ・ナバホ(Navajo)」、「アルファロメオ・イグアナ(IGUANA)」といったクルマも存在します。

関連投稿
【まとめ】どんなものがある?競売に出品された希少車、クラシックカー、ヴィンテージカー
「最も高額なクラシックカー」10選。10台中7台がフェラーリとなり、やはりレースの歴史は重要か

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5