>その他イタリア車

すでに完売のイタルデザイン・ゼロウノ。公開されたばかりの「2号車」が新車価格の1.6倍、3.2億で販売中

投稿日:2017/09/12 更新日:

イタルデザインが発売したスーパーカー「ゼロウノ(ゼロウーノ)」ですが、これはランボルギーニ・ウラカン/アウディR8と共通のプラットフォーム/パワートレーンを持ち、しかし特別な内外装で架装されたスペシャルモデル。
パフォーマンスについてランボルギーニ・ウラカン/アウディR8 V10Plusと差はないものの、「限定5台」というところからコストが大きく上昇し、その価格はなんと「2億円」。

第一号車はホワイト(オフィシャルフォトにあったもの)、そして第二号車は画像のレッドとなりますが、今回この第二号者がなんとエキゾチックカーディーラー、「ジェームズ・エディション」にて販売されることに。

このジェームズ・エディションは車だけではなくヨットや航空機すら扱う「世界の富豪に向けた」ビジネスを展開しており、そのためか今回の「イタルデザイン・ゼロウノ」の価格はなんと250万ユーロ。
これは邦貨換算だと3億2500万円となっており、ブガッティ・シロンの価格をも超える設定となっています。

この「2号車」についてはペブルビーチにて公開され、実際に公道を走行する様子もイタルデザインによって動画がアップロードされていますが、今回売りに出された経緯は不明。

イタルデザインが直接販売するのであれば「新車価格超え」の価格設定は許さないはずですし、やはりこれは「ゼロウノを購入したオーナー」が売りに出した、と考えるのが妥当かもしれません。

なお、「ゼロウノ・クーペ」はすでに限定台数の5台は完売となっており、イタルデザインはこの「ロードスター」を製造する予定がある、と公表していますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5