>シボレー(CHEVROLET)

「最も高価な」シボレー・カマロCOPOが今年も限定販売。ドラッグレース専用、購入は抽選当選者のみ可能

投稿日:

カマロのラインアップ中もっとも高価なカマロ、それが「カマロCOPO」だ

シボレー・カマロCOPOの2018年モデルがSEMAショーにて公開へ。
新設計のスモールブロックエンジンを持つと発表されているものの、スペックの発表は今のところなし。
このエンジンはカマロSSに積まれる6.2リッターV8(LT1)をベースにすると見られ、当然ながら相当なパフォーマンスを発揮するものと思われます。
加えてエンジンに選択肢として7リッターV8、5.7リッターV8エンジンも選択可能、としています(エンジンが選べるのは珍しい)。

シボレー・カマロCOPとは?

なお、カマロ「COPO」とはドラッグレース用に製造される特別仕様のカマロのこと。
ダッジ・チャレンジャー・デーモンとの差異は「COPOカマロは公道走行できない」というところで、これは「法規の関係で登録できない」という意味合いよりも「直線をぶっ飛ばすことしか考えられていない」ため。

通常のカマロは20時間で1台生産できるのに対し、カマロCOPOは1台生産するのに約10日が必要。
NHRA(全米ホットロッド協会)のレギュレーションに沿ったスペックを持っており、リアアクスルが独立懸架から「ソリッド」に、ドラッグレース用の分厚いタイヤを装着できるように(つまり小さいホイールが装着できるように)ブレーキシステムが小型化され、トランスミッションは「3速」のレース専用となるなど、公道をはどう考えても「物理的に無理」。

エンジンの選択肢があるのは、カマロCOPOを購入したチームがチューンするそれぞれの「方向性」「得意分野」に対応するため、と思われます。

COPO-Camaro-2

もちろん限定生産となり、カマロCOPOがはじめて製造された1969年にちなんで69台のみが毎年製造。
当然ドラッグレース大好きなアメリカ人には高い人気を誇り、抽選にて当選しないと買えない、というレアカーですね。

もう一台、ホットウィールとのコラボモデルも登場

そしてSEMAで発表されるもう一台のカマロは「カマロ・ホットウィール50thアニバーサリーエディション(Camaro Hot Wheels 50th Anniversary Edition)」。

Chevy-Camaro-Hot-Wheels-2

これは2LT/2SSグレードに対して設定されるパッケージオプションで、ボディカラーはクラッシュオレンジ、専用ボディストライプ、オレンジブレーキキャリパー、ダーク仕上げテールランプ、専用グリル、専用エンブレムなどが含まれます。

Chevy-Camaro-Hot-Wheels-1

インテリアにおいてはブレックレザー×オレンジステッチ、エンボス加工の入ったヘッドレスト、オレンジシートベルト、専用サイドシル、専用フロアマット、ホットウィールのバッジ付きステアリングホイールなどが装備されることに。

Chevy-Camaro-Hot-Wheels-5

日本だと「ホットウィールよりもトミカ」ですが、トミカと実車とがコラボレーションしたケースは聞いたことがないような(聞いたこともあるような)気がします。

Chevy-Camaro-Hot-Wheels-4

なお、シボレーは毎年SEMAにてカマロの特別バージョンを発表するのが通例となっていますね。

あわせて読みたいシボレー・カマロ関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5