>ロータス(Lotus)

ロータスのロードカー史上最速「エキシージ・カップ430」発表。0-100キロ加速はウラカンと同じ

投稿日:2017/11/11 更新日:

ロータスがエヴォーラGT430の心臓を移植した「エキシージ・カップ430」発表

限定モデルが好調なロータスより、「ロータス・エキシージ・カップ430」が発表に。
これまでの「エキシージ・カップ380」の上に位置するモデルですが、出力は名称の通り430馬力。
この「430馬力」達成のため、ロータスは「エヴォーラGT430」の3.5リッターV6(スーパーチャージャー付き)エンジンを移植しており、これに6速マニュアル・トランスミッションを組み合わせ。

エキシージ・カップ430は単にパワフルなエキシージではない

Lotus Exige Cup 430 (9) copy

さらにロータスはこれまでどおり軽量化にも力を入れ、さらにダウンフォースも強化。
重量は1,055キロにまで落とされ、これによってパワーウエイトレシオは2.45へ、そして「0-100キロ加速は3.2秒へ。
この「3.2秒」はランボルギーニ・ウラカンと同じタイムであり、いかに強烈な加速を得たかもかわります。
※同じエンジンを持つエヴォーラGT430の0-100キロ加速は3.7秒

Lotus Exige Cup 430 (5) copy

ダウンフォースについては最高速である時速289キロ時点で220キロを発生し、かつダウンフォースのバランスを「前寄り」とすることでクイックなステアリングを実現した、とのこと。

Lotus Exige Cup 430 (4) copy

結果としてサーキットでの走行性能も当然ながら向上し、ロータスのテストラックでは3-Eleven(スリーイレブン)より1.2秒速い1分24秒8を記録し、「ロータスの市販車史上最速」を記録。
※レース用の「エキシージ・レース380」は1分23秒5というラップタイムなので、今回のカップ430の戦闘力は非常に高い

Lotus Exige Cup 430 (12) copy

なお、ロータスはここ最近限定モデルを多発しているものの、それぞれに「パワー」「軽量性」「トップスピード(ダウンフォースを抑えている)」など異なる要素を特徴として持たせており、各々に「積極的に選ぶべき理由」「その人の用途に合ったモデル」を提供していることが奏効しているのでしょうね。

Lotus Exige Cup 430 (7) copy

Lotus Exige Cup 430 (6) copy

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロータス(Lotus)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5