>その他の国の車

またまた新興スーパーカー(ハイパーカー)登場。ハイブリッドにて1150馬力を発生する「Aria FXE」

投稿日:2017/12/19 更新日:

| 1150馬力、0-100キロ加速は2.7秒 |

欧州(製造拠点はカリフォルニア)からまた新興スーパーカー(ハイパーカー)が登場。
今回ロサンゼルス・モーターショーにて公開されたもので、これは「Aria FXE」という名を持ち、エンジンは6.2リッターV8自然吸気。
いくつかバリエーションがあり、トップレンジでは720馬力のV8エンジンに加え540馬力のエレクトリックモーターをプラス。
つまりシステム合計で1150馬力を発生することになり、トランスミッションは現時点で7速もしくは8速デュアルクラッチを予定している、と公表されています。

400台限定にて、1億円オーバーで発売予定

パフォーマンス面だと0-100キロ加速は2.7秒、最高速度は時速338キロ。
車体はカーボン製モノコックをベースにしており、ボディパネルもカーボン製。
そのほか多くのチタン製パーツ(3Dプリンタにて製造)を装備する、と言われます。
製造は400台に限定され、納車は2019年から、価格は1億円オーバー、とのこと。

Aria-FXE-Hypercar-5

テールランプはちょっとシボレー・コルベット風。

Aria-FXE-Hypercar-4

あちこちにウイングレットが見られ、かなりアグレッシブなルックスではありますが、クリーンなイメージもあってなかなかに格好良いですね。

Aria-FXE-Hypercar-3

ホイールはセンターロック、ルーフにはシュノーケル。

ほかにもこんなにある、小規模生産のスーパーカー/ハイパーカー

なお世界中からいろいろなスーパーカー/ハイパーカーの計画がリリースされているものの、実際に発売されたのはほんの一握り。
その中でも「次の」プロジェクトにまで進めたメーカーは非常に少なく、その意味でもいかにパガーニやケーニグセグの成功が稀有な例であるかもわかりますね。

PSC モータースが1700馬力のハイパーカーを公開。デザイナーは15歳
さすがモナコ。完全にSF映画な車(900馬力のEV)が目撃される
ポルシェチューナーが911のエンジンを搭載したハイパーカー発表。0-100キロ加速は2.4秒
フェラーリ元従業員が立ち上げた「ATS」。800馬力を標榜するスーパーカー「GT」を公開
世界初、3Dプリンターで作られたスーパーカー登場。なお価格はケーニグセグ並み
本当に発売する模様。中東の新興メーカーから砂上のスーパーカー「ザルーク・サンドレーサー」
中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台
ジュネーブにて、ポルシェ918スパイダーよりニュルを27秒速く走るスーパーカーが発表に
チャンピオン2回のF1ドライバー、フィッティパルディ氏がスーパーカーをジュネーブで発表
ポーランドから新型スポーツカー、 Hussarya GTが登場。英国ジェントルマンレースへのトリビュート
イタリアでもっともパワフルで速いハイパーカー登場。Mozzanti Elantra Millecavalli
よくわからない中東のスーパーカー、Devel16が4515馬力を記録した件
これは国民性?メキシコ初の1400馬力スーパーカーがエグい件
全然知られていないスーパーカー、Mazzantiエヴァントラに771馬力のハードコアモデルが追加された件
シンガポール製ハイパーカー、「デンドロビウム」見参。バンザイ・ドア装備
フィンランドより1341馬力のハイパーEV、「Tridion 1MW Concept」登場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5