>フォード(FORD)

フォードGTに18kg軽くなる新オプション「カーボンシリーズ」登場。装着にはフォードへの申請と厳しい審査が必要

投稿日:

| フォードGTが新たなオプション「カーボンシリーズ」を公開 |

フォードが「GT」にスペシャルエディションとして”カーボン・シリーズ”を追加する、と発表。
その名の通りカーボンファイバーを多用したスペックを持ち、それらカーボンパーツによって18キロのダイエットに成功。

実際に軽量化に貢献するのはカーボンパーツだけではなく「ポリカーボネート製のリアウインドウ」「チタン製ホイールボルト」といった専用パーツの採用も効いているようですね。

カーボン製ホイールを標準装備

フォードGTはその骨格にもカーボンファイバーを使用するなど、もともとカーボン使用率の高いクルマ。
それに加えて今回の「フォードGTカーボン・シリーズ」については、カーボン製ホイールを追加し、さらにボディパネルのカーボン柄が見えるようにデザインされたダブルストライプが外観上の特徴となっています。

ford-gt (8)

ボディカラーについては画像の「グレー×レッド」が標準で、センターストライプ、ドアミラー、ブレーキキャリパーのカラーとして「ブルー、オレンジ、シルバー」を選べるようですね。

ford-gt (7)

こちらがカーボンホイール。
カーボン製ホイールを装着するクルマとしてはケーニグセグ、BAC MONOが挙げられますが、フェラーリも「488ピスタ」にてカーボンホイールをオプション設定していますね。

【まとめ】実用化はある?BMW、アウディ、フォードほかカーボンホイール各社まとめ

そのほか、BMWとアウディについてもカーボン製ホイールの実用化に向けて研究中だとされています。

ford-gt (6)

なお、このフォードGTカーボン・シリーズについては「週に一台しか生産できない」とのことで、フォードが認めた顧客のみしかこの仕様を選択できない、とのこと。

ford-gt (5)

フォードはGTにつき、これまでもいくつかのバリエーションを公開しているものの、いずれも限られた人しかそれを選べない、というハードルの高さが与えられていますね。

ford-gt (2)

さらに「ヴィジブルカーボン」はインテリアにおいても顕著ですが、シートのステッチやパネル、パドルシフターなどにシルバーのアクセントが使用されていることも特徴。

ford-gt (4)

ステアリングホイールやメーターパネル付近にもカーボンファイバーが使用され、かつ運転席からは「カラードドアミラー」が見えるため、実際に運転席に座ったときの満足度はかなり高そうですね。

ford-gt (3)

フォードGTにはこんなバリエーションがある

なお、これまでに公開されたフォードGTのバリエーションはこんな感じ。
まずは「ガルフカラー」をイメージしたオプションで、フォードの歴史的な名車をモチーフとした”ヘリテージ・コレクション”のひとつとして設定されています。

もちろんこのオプションを装着するには「フォードの許可」が必要。

フォードGTヘリテージ「ガルフ」カラー登場。ル・マン4連覇50周年記念オプション

そして「ヘリテージ・エディション」第一弾は1967年のフォードGTをイメージ。
A.J.フォイト、ダン・ガーニーがドライブした車両へのオマージュである、とのこと。

限定モデル、フォードGTのさらに限定仕様「’67ヘリテージ」登場。選ばれた人の中からさらに選ばれる究極レアモデル

そしてフォード役員のみが選べる、「LM GTE」カラーのオプションも。

フォード役員専用カラー。レースカー「LM GTE」と同じカラーリングのフォードGTがラインオフ

希少性を保つという意味では「オプションと言えども装着する人を選ぶ」のはわからなくもないですが、フォードの場合は「ちょっと行き過ぎ」感も。

なお、購入自体に審査のあったクルマとしてはマツダ・ロードスターの限定モデル(これは申込み方法自体もハードルが高かった)、オートバックスの発売したスポーツカー(ドライビングスキルの審査があった)が記憶に残る所。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フォード(FORD)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5