>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

その加速はM3並み。BMWが史上最強の3シリーズ、「M340i」を発表

更新日:

| 3シリーズの最強モデル、M340iが登場 |

BMWはつい先日新型3シリーズ(G20)を発表したところですが、今回はその3シリーズのトップレンジ、M340i、そして4WD版のM340i xDriveをリリース。

現在のBMWでは下から「(1)数字とアルファベットの通常シリーズ(320iなど)」「(2)M+2桁もしくは3桁の数字(M340iなど)」「(3)M+一桁の数字(M3など)」といった分類へと派生。

これまでは(1)と(3)しかなかったものの、(2)ができたことによって(3)の「M+一桁」モデルはよりスパルタン方向に振ることができたとも考えられますが、(2)はそれまでの(3)が持っていた性格の一部を有していると考えられ、つまり「M+数字2桁もしくは3桁モデル」はこれまでの(1)よりもずっとスポーティ、ということになります。

-55kg、ボディ剛性は50%UP。全幅1827ミリに成長した新型BMW 3シリーズが発表

M3を除けば最もハイパフォーマンス

つまり、このM340iはM3とまでは行かないものの相当なパフォーマンスを持つということになり、実際に3リッター6気筒ツインスクロールターボエンジンは382馬力を発生(現行M3は431馬力なので、それに迫る勢い)。

09c3b79a-2020-bmw-m340i-01

M340i xDriveはその名称の通り4WDとなり、そのトラクションを生かして0-100キロ加速はなんと4.2秒。
現行M3はマニュアル・トランスミッションだと0-100キロ加速が4.3秒、DCTだと4.1秒なので、新型M340i xDriveは現行M3なみの速さを誇る、ということになりますね。
ちなみに最高速度は「リミッター作動」にて250km/hに制限されますが、そこまでの速度は軽々と出すことができそう。

631f2bf1-2020-bmw-m340i-02

トランスミッションは8速ATを採用していて、そしてBMWはMTやDCTを切り捨てる方向にあるため、今後は「M+一桁」モデルでもトルコン式ATの採用が拡大するのかもしれません。

なお足回りは「Mスポーツサスペンション」が標準装備となり、電制デフ、可変ステアリングラック、スポーツブレーキシステムもスタンダード。

フロントバンパーのエアインテークも拡大し、周辺の形状もより複雑かつアグレッシブなデザインに。

7cef9551-2020-bmw-m340i-10

なお、M340iのフロントグリルフレームは「チタン調」。
最近のBMWはこのあたりを「使い分け」ていて、スポーツモデルのキドニーグリルフレームにはチタン調を、ラグジュアリーモデルにはメッキを用いていますね。

なお、グリル内部についてもZ4からとなるものの、こういった「縦ルーバーではない」意匠を採用しており、グレードごとの差異をどんどん拡大させているように思います。

b37d8f50-2020-bmw-m340i-03

BMW M340iのインテリアはこうなっている

M340iの内装はこんな感じ。
標準3シリーズの「ノーマル」内装がどういった状態なのかが明白ではないので比較が難しいのですが、ステアリングホイールがスポーティーに、そしてペダルがステンレス製に変更されているようですね。

b8c2efee-2020-bmw-m340i-06

おそらくオプションだとは思いますが、ヘッドアップディスプレイも。

95d32767-2020-bmw-m340i-09

シート形状はちょっとスポーティーになっているようですね。
シートにはMカラーのタブ、そしてシートベルトにもMカラーのステッチが採用されています。

04aca1ab-2020-bmw-m340i-07

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5