>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW X6 Mの内装をフルカスタム。ブラックにブルーアクセント、ステアリングホイールの形状は「太く立体的に」

投稿日:2019/04/07 更新日:

ブラックとの対比が美しく、見た目の満足度は高そう

ブルガリアの内装スペシャリスト、Vilner(ヴィルナー)がBMW X6 Mのカスタムインテリアを公開。

もともとは「ブラック一色」のインテリアだったそうですが、ヴィルナーではこれを「ブラック&ブルー」に張替え、さらにカーボンアクセントを付与しています。

なお、ヴィルナーは先日、「第二次大戦時の撃墜王が乗っていたフェアレディZ」の内外装をカスタムし公開したばかりですね。

ブラック→ブラックへの張替えはなかなかできない

なお、このBMW X6 Mのインテリアカラーは、上述のようにもともとブラック。
それを全部引っ剥がしてまた「ブラックをベースにした」インテリアにカスタムしているということになりますが、インテリアのカスタムは相当に費用がかかるため、通常は「もとの色とは別のカラーを選ぶ」ケースが多いと思われます。

そのほうが「カスタムした感」があり、投下した費用に対しての「イメージ的リターン」が大きいからだと考えていて、ぼくだったら「絶対に純正とは違う色を選ぶ」のは間違いのないところ。

写真の説明はありません。

なお、ブラック→ブラックへの張替えといっても、剥がしたレザーを再利用することは出来ないので、新規にブラックレザーを用意するということになりますが、見たところ「スムースレザー」と「パーフォレイテッドレザー」が使用されているようですね。

写真の説明はありません。

そしてステッチカラーは渋く「グレー」、アクセントカラーに鮮やかなブルー、シートベルトも同じ色味を持つブルー。

写真の説明はありません。

アームレストやセンターコンソールには、ノーマルにはない「レザーの切替えし」が採用。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

ダッシュボード、ステアリングホイールのスポークに用いられるのはカーボンファイバー。
ステアリングホイールについては、センターパッドの周囲にブルーアクセント、スポーク部にもブルー、そしてグリップ部の12時、4時、8時位置にもブルー。

さらにグリップも「太く」立体的に加工され、スムースレザーとパーフォレイテッド(穴あき)レザーへと張り替えられることに(グリップ部の形状変更やパッド追加については、張替え時に一緒に行う人が多い)。

ステアリングホイールのステッチに関しては、レッド、ライトブルー、ブルーという「Mカラー」が用いられているようです。

写真の説明はありません。

センターコンソールはこんな感じ。
ステアリングホイールはじめ、目に入りやすい部分に鮮やかなカラーが用いられていて、これはこれで満足度が高そうでもありますね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

シートの切り返しはオリジナルデザイン。
ヘッドレスト部には「M」の刺繍が入ります。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5