>アストンマーティン(Astonmartin) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

アストンマーティンCEOがAMGのトップに置き換えられた!今後は「この人事がメルセデスの意向かどうか」によって変わりそう

投稿日:2020/05/26 更新日:

| アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが |

アストンマーティンCEOがアンディ・パーマー氏から(メルセデスAMGトップの)トビアス・メアース氏へと交代する、との報道。

この理由としては止まらぬ株価下落の責任を取らされるというものですが、つい最近、アストンマーティンはカナダの富豪にしてレーシングポイントF1チームのオーナー、ローレンス・ストロール氏の出資を受け入れたばかり。

そしてその際には「アストンマーティン会長にはローレンス・ストロール氏が就任するが、アンディ・パーマー氏は変わらずCEOを務める」とも発表されていただけに、今回の報道には相当な衝撃を受けています。

どうしてこうなった・・・!アストンマーティンの売り上げが1/3に、そして6.6億もの資金を得たのに1.5億の赤字。自動車会社の経営は難しい

この記事のもくじ1 | まさかここまでアストンマーティンが苦境に陥るとは想像していなかった |1.1 アストンマーティンの売り上げは前年比1/3規模に1.2 今後はDBXとヴァルキリーの納車に期待1. ...

続きを見る

アンディ・パーマー氏は元「カルロス・ゴーンの右腕」

アンディ・パーマー氏の小さい頃の夢は「自動車会社のCEOになること」で、この業界には16歳で入り、日産自動車ではナンバー2にまで上り詰めた人物。

カルロス・ゴーン氏の右腕と言われ、次期日産CEO最有力とみなされながらもスカウトによってアストンマーティンのCEO職へと(2014年に)ジョブチェンジ。

その後は「万年赤字で、何年に一度しか新型車を出せない会社」だったアストンマーティンを見事黒字化させ、「1年に何度も新型車を発売できる会社」へと変化させています。

万年赤字のアストンマーティンを復活させた男、アンディ・パーマーCEO。日産副社長からの転身に「トップでいることに意味がある」

| 「トップでいたかった」 | さて、今回はアストンマーティンのCEO、アンディ・パーマー氏について触れたいと思います。 同氏は日産自動車の副社長を務め、当時「カルロス・ゴーンCEOの右腕」「次期日産 ...

続きを見る

ただ、株式上場後から極端に販売が落ちてしまい、直近だと前年同期比で販売台数が1/3になってしまうなど苦境に立たされ、株価もそれを反映してズルズル下がることに。

しかしながら現在の「儲かっていない」状況としては、DBXの開発や、「ヴァルキリー」などハイパーカーの開発、それを皮切りにしたミドシップスーパースポーツへの参入にかかる投資がかさんでいることが背景にあり、それらのデリバリーが始まっていない状況下では「投下した資金が回収できていない」ため。

andy-palmer-aston-martin_w1200

今後はDBXのデリバリーがスタートし、ヴァルキリーやヴァルハラの納車も進むことで何百億円といううお金が懐に入ってくることになり、よって「未来は明るかった」はずですが、突然の解任劇となってしまったわけですね。

なお、同氏は「苦しいときこそ前に」というモットーを胸にアグレッシブな展開を続けてきたわけですが、それが裏目に出た、ということになるのかもしれません。

ただ、何もしなければこれまでのように「ジリ貧」が続き、様々な投資によって新しいジャンルへと進出するしか手がなかったのだと思われ、この環境下では「よくやった」んじゃないかとも考えています。

惜しむらくは、タワーマンションや潜水艦など「異業種」にまで進出してしまったことで、足場が固まるまでは自動車に集中したほうが良かったのかもしれませんね(これまでの色々な産業の例を見ても、同時多角化で成功した例は少ない。成功したのはいずれも”切り捨てた”企業)。

アストンマーティンが今度はタワーマンション建設。ペントハウスはプール付き、56億円ナリ

|アストンマーティンが世界の富豪を対象にしたビジネスを本格化?| アストンマーティンがマイアミに高級タワーマンションを着工。 部屋数は391、一番小さい部屋でも「4ベッドルーム」という豪華さ。 それに ...

続きを見る

トビアス・メアースはこんな人

そして新しくCEOへと就任するトビアス・メアース氏ですが、こちらは上述の通りメルセデスAMGのトップだった人。

メルセデスAMGとアストンマーティンとは「(AMGからの)エンジン等の供給」で繋がりがあり、メルセデス・ベンツはアストンマーティンの株式を少量ながら保持していたと記憶していますが(もう売ったというような話も聞いたことがある)、その関係でトビアス・メアース氏がメルセデスAMGから送り込まれたのか、それともメルセデスAMGを辞してアストンマーティンにやってきたのかは全く不明。

c

雰囲気としてはこんな感じのカジュアルな人で、歯に衣着せぬ発言、ジェスチャーを交えた熱弁が特徴だと認識しており、アストンマーティンというイメージとは「ちょっとギャップがある」感も否めません。

ただ、新しい会長のローレンス・ストロール氏はモータースポーツ色を強めてゆくようにも思われ、であればトビアス・メアース氏はある意味で「最適」な人物なのかも(同氏はメルセデスAMG Oneや、ブラックシリーズの開発を率いている)。

そして、もし「メルセデスAMGからアストンマーティンに送り込まれた」のだとしたら、アストンマーティンは「レーシングポイント」「レッドブル」「メルセデスAMG」という3つのF1チームと接点を持つ類まれな自動車メーカーということになり、ここに奇妙な関係が成立しそう。※ちょっと前だが、メルセデスAMGはアストンマーティンの株式追加取得や、これ以上の深い提携、買収は考えていないと発言

ちなみにこちらはリンキン・パークのマイク・シノダと。

TobiasMoers-MikeShinoda

メルセデスAMGはかつてリンキン・パークとのコラボレーションによるグラフィックを持ったレーシングカーで走ったことがあり(メンバーの一人が芸術に明るく、自分たちのCDジャケットもデザインしていた)、今後のメルセデスAMG製EVが発するサウンドについてもリンキン・パークと共同にて制作しているとアナウンスされているので、その打ち合わせの様子なのかもしれませんね。

アストンマーティンのスポークスマンは今回のCEO交代を認めており、しかし「詳細は然るべきときに発表する」とコメントしており、これ以上の情報は正式発表を待つしかなさそうです。

メルセデスAMG製EVの擬似エンジン音は「リンキン・パーク」に。ほかメーカーはどのアーティストと?

| 未来のエレクトリックAMGはリンキン・パークサウンド? | メルセデスAMGのボス、トビアス・メアース氏によると、「リンキン・パークと共同でサウンド作りをしている」とのこと。 詳細は不明ではあるも ...

続きを見る

参照:The Guardian

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5