>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

リバティーウォークがついにGRスープラ用ワイドボディキット発売!ストリートよりもレースイメージ重視で148万円から

投稿日:

| ホイール、エアサス、装着費用などを含めるとおそらく350万円くらいはかかりそう |

ワイドボディキットの「本命」とも言えるリバティーウォークがGRスープラ向けのエアロパーツ群をついに発売。

トヨタGRスープラは発売直後からカスタム市場が大きく盛り上がり、SEMAショーにおいては多数のチューナーが参加したものの、なぜかリバティーウォークはそこから距離を置いており、開発がアナウンスされたのも今年の6月です。

しかしながら、ついにそれらパーツが完成し、今回ようやく価格が公表された、ということになりますね。

リバティーウォーク製GRスープラ用ワイドキットはこういった構成を持っている

今回発表されたGRスープラ用ワイドボディキットは2種類。

ひとつは「コンプリートボディキット」で、FRP製が1,485,000円、カーボンファイバー製が1,595,000円。

もうひとつはこれにオリジナルボンネットが追加されたもので、FRP製だと1,793,000円、カーボン製では1,903,000円。

1

一部パーツは単品でも購入ができ、「LBフロントディフューザー」は275,000円、「LBボンネットフード」は308,000円、「LBリアディフューザー&リヤサイドフィン」は330,000円、LBリヤウイングは385,000円(CFRP製は495,000円)。

リアウイングは他社製品とは異なる、独自の形状を持っているようですね。

3

なお、このオーバーフェンダーは単体では購入できず、「キット」でのみの販売でフェンダーは前後とも、後ろの方に切り欠きがある「レーシングカー然とした」形状が特徴です。

4

そしてこれらエアロパーツを装着した際、ノーマル車高というわけにはゆかず、車高をベッタリ落とせるエアサス(AirRex製)は814,000円にて用意されています。

ホイールについてはメーカー不明で、とくにリバティーウォークからはホイールが発売されておらず、「好みに合わせてお好きに」ということなのかもしれません。

5

デモカーにはブリッド製バケットシートを装着。

ロールケージも見えますね。

6

ほかにはこんなGRスープラ用ボディキットも

各チューナーからボディキットが発表されているのは上述のとおりですが、まずは米HKS。

巨大なGTスタイルのリアウイングが特徴です。

こちらはパンデム(ロケットバニー)製。

かなり早い段階から発表され、斎藤太吾選手の「A90スープラ・ドリフトマシン」にも装着されたものですね。

そして日本のクールレーシングからもワイドボディキットが発売されています。

参照:LibertyWalk

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5