■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT) ■ニュース

プジョーはやはり本気だった!680馬力級ハイパーカーの開発に取り掛かり、ル・マンのハイパーカークラスに参戦する車両のティーザー画像を公開

投稿日:

| 実際のところ、プジョーはモータースポーツにおいて豊かな経験を持っている |

さて、プジョーがル・マンのハイパーカークラス(LMH)へと参戦させるレーシングカーのティーザー画像を公開。

ちょっと意外なことですが、プジョーは2019年11月に突然「我々はル・マンのハイパーカークラスに参戦するッ!」と発表しており、そのほぼ1年後である今、このクルマのティーザー画像をリリースした、ということになりますね。

なお、このハイパーカークラスは2021年からスタートする予定ですが(この状況だと無理っぽいようにも思われる)、まずはトヨタが参戦を表明し、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、アルピーヌ、アストンマーティンが参戦の意を表明しています(アストンマーティンはのちに参戦を取下げ)。

ランボルギーニはちょっと前に参戦を検討中だとコメントしていますが、こんな情勢なので参戦を見送るかもしれませんね。

プジョーの発表したLMHマシンは完全オリジナルデザイン

なお、プジョーは2017年に、580馬力のガソリンエンジンと170馬力のハイブリッドシステムを搭載した「ヴィジョン・グランツーリスモL750Rハイブリッド」を発表しており、これに近い姿でル・マン・ハイパーカークラスに参戦すると考えられていたものの、今回のティーザー画像を見るに完全なるオリジナルデザインを持つように思います。

Peugeot-GT-Concept-08

フロントは例によって「ライオンの爪痕」を模したヘッドライトを持っていて、前後フェンダーは大きく盛り上がり、そしてコクピットはバブル形状に。

つまりは典型的なLMP1マシンに近いスタイルを持っている、とも言えそうですね。

サイドから見ても、やはりLMP1マシンらしくコクピットがフロント寄りに配置されています。

リアはちょっと独特なデザインを持ち、ウイングが低い位置に、しかし後方に配置され、テールランプやストップランプが独特の表情を演出。

これが実現すれば、「ル・マン史上、もっともオシャレなレーシングカー」となりうるかもしれません。

ル・マン・ハイパーカークラスの規定はこうなっている

なお、ル・マン・ハイパーカークラスに参戦可能な条件は「2年以上、そして20台生産された公道走行可能なハイパーカーをベースにしていること」「重量は最低1,100キロ、出力は750馬力」「ハイブリッドでなくてもOK(もちろんハイブリッドでもOK)」という決まりがあり、これをクリアしたクルマのみが参戦のための切符を獲得可能。

とくに「市販されている」というところがミソで、プジョーはこの条件を満たすため、実際に市販可能なハイパーカーを、パートナーのトタルとともに開発中だとも伝えられています。

さらにこのハイパーカーは「ガソリンエンジン+シングルモーターを持つハイブリッドで、出力は680PS」だと報じられ、これにさらなるモディファイを加え、ハイパーカークラスに参戦するということになりそうですね。

Peugeot-Sport-Total-Hypercar-racer-for-2021-Le-Mans-24-Hours-1

Peugeot-Sport-Total-Hypercar-racer-for-2021-Le-Mans-24-Hours-3

参照:Peugeot

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >プジョー(PEUGEOT), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5