>その他の国の車 ■ニュース

レースのことしか考えてないKTMより「X-BOW GTX」登場。ボディどころか内装や骨格すべてカーボン製、お値段は約3000万円

投稿日:

| これだけのスペックで3000万円だったら絶対に安い |

「READY TO RACE」をスローガンに掲げ、そのラインアップの半分くらいが競技用という、レースのことしか考えていないバイクメーカー「KTM」。

そのKTMが送り出す4輪車がX-BOW(クロスボウ)で、2008年に販売を開始したのち、現在ではX-BOW GT、X-BOW R、X-BOW RR、X-BOW GT4といったラインアップを持つに至っています。

そして今回發表されたのがX-BOW GTXということになりますが、KTMによれば、「もっともスペクタクルで、もっとも技術的に進んだクルマ」。

ボディパネルはフルカーボン

このX-BOW GTXはサーキット走行専用モデルとなり、公道での走行は一切不可。

公道走行可能なX-BOWをベースに、FIAのホモロゲーションを取得可能な安全装備等を追加したエクストリームなモデルです。

KTM-X-Bow-GTX-7

ボディパネルはフルカーボン製で、見る限りではX-BOWシリーズとの共通性が低く、「別のクルマ」のようにも見えますね。

なお、ドアは存在せず、乗降はジェット戦闘機よろしくキャノピー式のフードを開閉して行います。

このキャノピーはX-BOW GT4では一枚もののプレクシグラスだったものの、X-BOW GTXでカーボンファイバー製のフレーム構造へと改められ、両側の窓は開閉式に。

ちなみにドアミラーは存在せず、フロントフェンダーに装着されたカメラ、そして室内のモニターにて外部を確認します。

KTM-X-Bow-GTX-3

搭載されるエンジンはアウディ製の2.5リッター直列5気筒ターボが採用され、インジェクションバルブやウエストゲート、インテークシステム、エキゾーストシステム、ソフトウエア等を改良することで出力は530馬力へ。

KTM-X-Bow-GTX-4

車体重量はわずか1,048キロに収まるため、パワーウエイトレシオはスーパーカーと言うよりもハイパーカーに近い1.98をマークします。

KTM-X-Bow-GTX-6

装備としては120リッターサイズのFT3安全(燃料)タンク、ホリンジャー製MFシーケンシャル・トランスミッション(6速/シフトチェンジは「電制」)、メタルレーシンググラッチ、LSD、ザックス製超正式ダンパー、6ピストンブレーキキャリパー等が挙げられます。

KTM-X-Bow-GTX-5

KTM X-BOW GTXのインテリアも完全にレーシングカー

もともとX-BOWのインテリア自体がスパルタン極まりない仕様ですが、GTXともなるとさらにスパルタン。

ダッシュボード、ステアリングホイールやシートもカーボンファイバー製となり、シートベルトはシュロス製の6点式。

X-BOXシリーズ共通の「シートではなく、ペダルボックスを移動させて」ドライビングポジションを決めるスタイルも継承されています。

そしてこれだけのこだわりを持つからには安くはなく、その価格は邦貨換算で約2900万円。

ただしマクラーレンやランボルギーニ、ブガッティは「カーボン外装だけで」2500万円~3000万円のオプション価格だと言われるので、このKTX X-BOW GTXは(骨格や内外装フルカーボンとういうことを考慮すると)ある意味割安なのかもしれません。

KTM-X-Bow-GTX-2

あわせて読みたい、関連投稿

KTMクロスボウはもともと「500台くらい」売れればいいという当初の計画だったそうですが、現在の生産台数は1万台を超えており、しかもバリエーションがどんどん拡大していて、ある意味では「隠れたヒット商品」とも言えそうです。

参照:KTM

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他の国の車, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5