>ランボルギーニ(Lamborghini) ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJにリコール!サスアーム付近に問題がありフレーム要交換。幸い対象車両はすべて納車前

投稿日:2020/10/27 更新日:

| 補修はけっこう大掛かりとなりそうだ |

さて、現時点ではアメリカ国内に限ってですが、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJにリコール発生。

部位としては「サスペンション」、そして問題の内容としては「サスペンションアームを取り付ける際に周囲を傷つけている可能性があり、最悪の場合は該当部署が破損し、車両のコントロールができなくなる」というもの。

なお、これはサプライヤーが不適切なツールを使用したためだと報じられています。

対象期間に製造されたアヴェンタドールSVJは100%対応が必要

今回のリコール届出内容によると、対象となるのは2020年6月10日から8月31日の間に製造されたアヴェンタドールSVJクーペ/ロードスター。

これらについては「100%」問題があるとも報じられており、しかし幸いなことに(アメリカの場合)これらの個体はすべて納車前なのだそう。

対策としてはフロントフレームを入れ替える必要があるとしており、補修内容としてはかなり大きなものとなりそうですね。

他にはこんなリコールも

なお、ランボルギーニは基本的にリコールが少ないメーカーですが、これまでにはいくつかアヴェンタドールに関するリコールが届け出されたことも。

一方でウラカン、ウルスのリコールは非常に少なく(聞いたことがない)、これらはアウディとの共同開発という部分がいい方向に働いているのかもしれません。

ちなみにこちらは「室内からドアを開けることができなくなる」という一風変わったリコール。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニが珍リコール届け出。「新人が作業したアヴェンタドールSVJは、ドアを車内から開けられない場合がある」

この記事のもくじ1 | 影響するのは26台のアヴェンタドールSVJ/アヴェンタドールSVJロードスター |1.1 自動車の組み立てには様々な責任が伴う1.2 他にはこんな「レア」なリコールも | 影響 ...

続きを見る

こちらは「エンスト」問題。

低速時に発生しやすいとされ、いくつかの国にてリコールが出されています。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSが豪にてリコール。対象は38台のみで、「低速時にエンストの可能性」

| さすがに大排気量V12をコントロールするのは難しい | lamborghini aventador ランボルギーニがカナダにて、アヴェンタドールSのリコールを届け出。ランボルギーニが現地Austr ...

続きを見る

日本でも届出済み。

ランボルギーニ・アヴェンタドールが日本国内にてリコール。エンジン制御に問題があり、最悪の場合はエンスト

この記事のもくじ1 | 昨年に海外にて届け出られていたリコールと同様の内容であるようだ |1.1 リコールの詳細はこうなっている1.2 フォルクスワーゲンもリコール届け出 | 昨年に海外にて届け出られ ...

続きを見る

こちらはちょっと前にランボルギーニ以外の自動車メーカーでも多くが届け出た「燃料タンク内のガス蒸発」。

非常に珍しい、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリコール。燃料タンク内の蒸発ガス関連

かなり珍しい、ランボルギーニのリコール。 今回はアヴェンタドール(LP700-4、LP720-4、LP750-4)で、対象台数は569台。 全て形式はABA-47L539となり、シリアルはZHWEC1 ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

スバルが10万台規模のリコール実施。国内主要メーカーのリコール率トップはやはりスバル、低いのはトヨタ

| SUBARUが10万台規模のリコール実施。利益570億円が消し飛ぶことに | スバル(SUBARU)が追加にて「10万台規模」のリコールを発表。 これは不正検査に絡むものですが、もとはというと日産 ...

続きを見る

メルセデス・ベンツのリコール4連発!AMG GT、Gクラスはやっぱりリコールがちょっと多いようだ

この記事のもくじ1 | 意外なことに、メルセデス・ベンツは全般的にリコールが多い |1.1 メルセデス・ベンツGクラス/AMG G63はディファレンシャルロックシステム1.2 メルセデス・ベンツAクラ ...

続きを見る

メルセデス・ベンツがほぼ1年分の販売台数に相当する6万台を「ルーフが飛んでゆく」としてリコール。なお北米では74万5千台が対象に

この記事のもくじ1 | メルセデス・ベンツにしては珍しい内容のリコール | 1.1 1件目は「スライディングルーフの脱落1.2 2件目は原動機(クロージャープラグ) | メルセデス・ベンツにしては珍し ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5