>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン復活に光明!メルセデスがアストン株を20%まで購入し、さらに提携を深める模様。一方アストンはメルセデスの電動化技術を使用可能に

投稿日:2020/10/28 更新日:

アストンマーティン

| 株価はほぼ底値だと思われ、今買っておけば後々大きなリターンを得られる可能性も |

さて、厳しい状況が続くアストンマーティン。

会社のオーナーそしてCEOも変わって新しい一歩を踏み出していますが、今のところ唯一の希望が新型SUV「DBX」。

これが売れるか売れないかで大きくその運命が分かれるものだと思われ、うまく行けばランボルギーニのように「販売台数が倍」となる可能性も。

ただし現在のところ「DBXの受注が好調」という話も聞かれず、そのために不安要素を拭いきれないのもまた事実だと思います。

アストンマーティンはメルセデスAMGとの協業を延長

なお、アストンマーティンはメルセデスAMGと(10年くらい前に)提携関係を結んでおり、そのパートナーシップ締結後に誕生したのが「DB11」。

パートナーシップの範囲は「エンジン、トランスミッション含む駆動系」から「電装系」にまで幅広く及ぶと見え、実際にDB11のインターフェースは一部メルセデスAMGを思わせるものへ。

それによって大きく信頼性が向上したこともまた事実であり、DB11のヒットによって成長に転じたのも記憶に新しいところです。

ただし(当時)アストンマーティンが考えていたのは、このメルセデスAMGとのパートナーシップは「立ち直るまで」の暫定であり、一定のところでメルセデスAMGとの関係を断ち切る、というもの。

実際にアストンマーティンは自社でV6ツインターボエンジンを開発しており、これをメルセデスAMGより供給を受けた「V8と置き換える」計画を持っていたようです。

アストンマーティン
アストンマーティンはメルセデスAMGのV8を捨てて自社開発のV6へ!さらにV12エンジンを継続することについても明確に意思を表明

| 新型V6ツインターボエンジンは現在開発中 | アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏がCar and Driverに語ったところによると、「現在のV8エンジンをV6エンジンに置き換える」そ ...

続きを見る

しかしながらその後コロナウイルスの影響にて一気に業績が傾き、カナダの富豪であるローレンス・ストロール氏の出資を受け入れ、その後まもなくCEOがアンディ・パーマー氏からメルセデスAMG出身のトビアス・メアース氏へ。

この人事については謎が多く、メルセデスAMGの意思が絡んでいたのかどうかは不明であったものの、今回メルセデスAMGとアストンマーティンが「新しく、戦略的かつ技術的パートナーシップ契約を締結した」と発表したことを鑑みるに、どうやらトビアス・メアース氏は「メルセデス・ベンツの意向によって、アストンマーティンへと送り込まれた」と考えるのが妥当かもしれません。

アストンマーティンは明日への切符を手に入れる

なお、今回の「さらに範囲を拡大した」パートナーシップ締結によって、アストンマーティンはメルセデス・ベンツの持つエレクトリックパワートレイン、ハイブリッドユニットを使用できるようになるといい、今回の動きによりアストンマーティンの未来が大きく開けたと考えることもできそうです。

そしてもうひとつ驚かされるのは、メルセデスAMGがアストンマーティンの株式を、今後3年間かけて買い進むということ。

現在メルセデスAMGはアストンマーティンの株式2.6%を保有していますが、数年前に報じられたところでは「アストンマーティンとのパートナーシップは、メルセデスAMGの持つ技術をアストンマーティンに販売するというものであって、それ以上の提携、買収は考えていない」。

ただし最新の報道だとメルセデスAMGは(アストンマーティンの)株式を20%まで買い進むとされ、さらにメルセデスAMGのCEOをアストンマーティンへと送り込んだということを考慮するに、「メルセデスAMGがアストンマーティンを事実上の子会社化」する可能性がない、とも言えそう。※同時にアストンマーティンもメルセデスAMGの株式を追加で購入し、「持ち合い」関係が生まれる

ただ、メルセデスAMGとアストンマーティンはパフォーマンス的に、そしてモータースポーツ上においても競合する部分が多く、今後それらをどう整理してゆくのかも気になるところですね。

あわせて読みたい、関連投稿

アストンマーティン販売苦戦→残価引上げ→即完売。やはりクルマに魅力を感じながらもリセールを気にして購入しない人が多かった?

| アストンマーティンのクルマに魅力を感じる人は多く、しかし「リセール」がネックで購入をためらう? | さて、いつもお世話になっている八光さんがアストンマーティンについて「3年後の残価70%を保証」キ ...

続きを見る

アストンマーティンがガレージ付き8億円豪邸を発売!なぜアストンは自動車以外のビジネスに熱心なのか?

| もうじき、自動車のみでは会社が成立しない時代がやってくる | アストンマーティンが米シルヴァン・ロック(マンハッタンからクルマで2時間くらいのところらしい)に8億円の豪邸を建設して販売を開始した、 ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンCEOがAMGのトップに置き換えられた!今後は「この人事がメルセデスの意向かどうか」によって変わりそう

| アンディ・パーマー氏は当面CEOのポジションを継続すると発表されていたが | アストンマーティンCEOがアンディ・パーマー氏から(メルセデスAMGトップの)トビアス・メアース氏へと交代する、との報 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5