>フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ(Lamborghini)

ミニカーでも新車続々登場!オートアートからはアヴェンタドール×リバティウォーク、ルックスマートからはSC20、ウラカンSTOなどランボルギーニ最新モデルも

投稿日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォーク仕様ミニカーをオートアートが発売

| ミニカー業界は自動車業界以上に忙しそうだ |

さて、10月あたりからは各自動車メーカーとも「コロナウイルスによる事業展開の遅れを取り戻そうと」積極的にニューモデルを発表していますが、それはミニカー業界も同じだと見え、ルックスマート(LookSmart)からはつい先日に実車が発表されたばかりのワンオフハイパーカー、ランボルギーニSC20の発売(1/43)がアナウンスされています。

ランボルギーニの新型ハイパーカー、SC20
ランボルギーニが「SC」シリーズ第二のワンオフモデル"SC20"発表!過去の特別モデルからデザインを継承したスピードスター

この記事のもくじ1 | SC18から2年、「2台目の」スクアドラ・コルセによるワンオフモデル |1.1 ボディパネルはカーボンファイバー製2 ランボルギーニSC20のデザインソースはディアブロVTロー ...

続きを見る

加えてこれもニューモデルとなるウラカンSTO、さらにはウラカンEVOの新バリエーション、ウラカンEVO”FLUO CAPSULE”、そしてアヴェンタドール「サゴ・エディション」、エセンツァSCV12等、ランボルギーニがここ最近発表したニューモデルについてはすべからくモデルカーを投入してゆくようですね。

lamborghini-huracan-sto_01

ランボルギーニ・ウラカンSTO
【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTO発表会へ行ってきた!このクルマがナンバーを付けて公道を走れるとは・・・!

この記事のもくじ1 | ランボルギーニ・ウラカンSTOはどう見てもレーシングカーにしか見えない |2 正直、ウラカンSTOは予想のずっと上を行っていた3 ランボルギーニ・ウラカンSTOではエアロダイナ ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに限定モデル「Xagoエディション」追加!”土星のヘキサゴン”をモチーフにした神秘的なデザイン

この記事のもくじ1 | デザインを行ったのはランボルギーニのパーソナリゼーション部門”アドペルソナム” |1.1 「アドペルソナム」では無限のカスタムが可能1.2 アヴェンタドールSVJロードスター「 ...

続きを見る

一方、ウラカンEVO RWDの「ブルー」は発売されない

さらにルックスマートではシアンFKP37、シアン・ロードスター、そしてウラカンEVO RWD、ウラカンEVO RWDスパイダーという、今年に発表/発売されたランボルギーニの新型車についても積極的にリリースを重ねています。

なお、ルックスマートでは「ワンオフ」以外だと様々なボディカラーを取り揃える傾向にあり、たとえばウラカンEVO RWDのだと「Arancio Xanto」「Bianco Canopus」「Rosso Efesto」「Verde Selvans」「Giallo Belenus」というボディカラーが揃うものの、ぼくのウラカンEVO RWDのボディカラー、ル・マン・ブルーもしくはそれに近いものは用意されておらず、ここはちょっと残念。

ただ、これまでの例を見ると、再生産時には今までとは異なるボディカラーを作ることもあるので、今後に期待したいところです。

ランボルギーニ・ウラカンのミニカー
一足先にランボルギーニから「自分仕様のミニカー」が納車される!イタリアの職人がワンオフにて自分のクルマと同じスペックで作ってくれた

この記事のもくじ1 | この購入者特典は非常にうれしい |1.1 このミニカーは「ワンオフ」で製造される1.2 届いたミニカーはこんな感じ1.3 あわせて読みたい、関連投稿1.4 こんな記事も読まれて ...

続きを見る

9

ちなみにウラカンSTOだとイメージカラーのブルーのほか、これだけのバリエーションを展開する模様。

10

そのほかではデイトナ24時間レース優勝記念限定車「ウラカンEVO GTセレブレーション」、ウラカンのオフローダー「ウラカンSTO」までもモデルカー化がアナウンスされており、ファンには楽しみなラインアップとなりそうですね。

加えてイスレロ、マルツァルといったクラシックモデルも現在鋭意開発中、とのこと。

まさかのランボルギーニ本家から「ウラカンのオフローダー」、Huracan Sterratoが発表。車高47ミリアップ、オーバーフェンダーで武装

| たしかに以前から「ウラカンのオフローダー」はウワサされていた | ランボルギーニが突如として「ウラカンのオフローダー」、”Huracan Sterrato(ウラカン・ステラート)”を発表。これは市 ...

続きを見る

フェラーリ、ブガッティの1/43ミニカーも多数登場予定

なお、MRコレクションはランボルギーニのほかにも多数の「新車」を発表する意向を示しており、ブガッティだと先ごろ発表された限定モデル、シロン・レジェンデ・ドゥ・シエル、そして世界最速を記録したシロン・スーパースポーツ300+、さらにはディ^ヴォ、シロン・ピュールスポール、「世界で最も高価なクルマ」であるラ・ヴォワチュール・ノワールまで。

ブガッティ・シロン・スポーツの限定車
ブガッティの新たなる限定モデル「レジェンデ・ドゥ・シエル=空の伝説」登場!1920年代の航空機をモチーフにした内外装

ブガッティがシロンスポーツに新たなる限定モデル「Les Legendes du Ciel(空の伝説)」を20台限定にて追加。シロンは総生産台数が500台に限定されていますが、金額はもちろん「(購入にふ ...

続きを見る

フェラーリだとローマ、812GTS、SF90ストラダーレ、SF90ストラダーレ、488GTモディフィカータ、さらには「モデューロ」も登場予定となっています。

こんなコンセプトカーもあった。宇宙船がモチーフ、大阪万博にも展示された「フェラーリPF 512S モデューロ」

| フェラーリは1970年にこんな未来的な車を作っていた | 以前に「ストラトスHFゼロ」を紹介しましたが、ストラトスHFゼロと当時双璧をなしたコンセプトカー、「フェラーリ・モデューロ(Ferrari ...

続きを見る

オートアートからはリバティーウォーク仕様のアヴェンタドールも

そしてオートアートからはリバティーウォークのエアロキット「LB-WORKS アヴェンタドール リミテッド・エディション」を装着した1/18スケールのモデルカーが発売予定。

リバティウォークがランボルギーニ・アヴェンタドール向けに限定エアロ発売。キットのみで594万円

| エアロキットはVer.3まで進化 | おそらくオートサロン搬入時のものと思われますが、リバティーウォークがランボルギーニ・アヴェンタドールの最新カスタムを画像で公開。 これは「LB-WORKS A ...

続きを見る

1

これはダイキャストと樹脂とを組み合わせた「オートアート・コンポジットダイキャストモデル」からの登場となっており、ダイキャストモデルの重量感と剛性、そして樹脂パーツならではも精密さを組み合わせたシリーズ。

もちろん各部は「全開閉」。

5

フロントトランク内にはなんとエアサスユニットも内蔵。

4

JUN
芸が細かい!

V12エンジン、そしてエンジンベイも完璧に再現。

3

インテリアはスイッチ類、メーター、ペダルやステアリングホイール上のエンブレムに至るまでしっかり再現。

2

価格は27,800円~29,800円、現在予約受付中となっています。

合わせて読みたい、ミニカー関連投稿

1/64ミニカーに新生誕生!リバティウォーク等カスタム仕様アヴェンタドールやGT-R、シビック・タイプR等を揃えた「MINI GT」

この記事のもくじ1 | 「改造車」中心のラインアップは他に例を見ない |1.1 目の付けどころは侮れない1.2 MINI GTにはこんなラインアップがある1.3 こんな記事も読まれています | 「改造 ...

続きを見る

トミカがフェラーリのミニカーを一挙19種発売!ブラーゴと手を組み「トミカプレゼンツ」シリーズとして1:18 / 1:43 / 3インチ各種にて展開中

この記事のもくじ1 | 今後のラインナップ充実にも期待したい |1.1 フェラーリはライセンスビジネスに積極的だが1.2 トミカプレゼンツブラーゴからはこんな製品が発売される1.3 こんな記事も読まれ ...

続きを見る

京商が「頭文字D」に登場したRX-7(高橋弟)、ハチロク(藤原拓海)をモデルカー化!1/18サイズ、フィギュアも付属

この記事のもくじ1 | ハチロクには「水を入れたコップ」も再現 |1.1 作品中の仕様を忠実に再現1.2 京商はほかにもこんな新製品をリリース1.3 こんな記事も読まれています | ハチロクには「水を ...

続きを見る

参照:Looksmart, AutoArt

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5