>ダイハツ(DAIHATSU)

どうしたダイハツ!軽トラ「ハイゼット」をスピードスター化したカスタムカーを突如発表、さらにはコペン"スパイダー"も公開しバーチャルオートサロン2021へ臨む

投稿日:2020/12/27 更新日:

ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.

| ボクは過去に2年ほど、軽バン(ハイゼット)に乗っていたことがある |

さて、ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」に出展するカスタムカー5台を発表。

同時に特設サイト「DAIHATSU CUSTOMIZING WORLD 2021」も公開し、今後コンテンツを追加してゆく、としています。

この特設サイトのコンセプトは「DAIHATSU VILLAGE COLOURFUL CARNIVAL」というもので、今後インスタグラマーそしてYoutuberを起用してプロモーションを行ってゆくようですね。

5台のカスタムカーはこういった面々

そこで今回公開されたカスタマイズカーですが、まずは「ハイゼット ジャンボ キャンパーVer.」。

ちょっとレトロな雰囲気もあり、キャンパーらしくルーフにラックが取り付けられています。

5

こちらは「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」。

なんと軽トラをスピードスター風に改造したクルマですが、これは果樹園にてよく使用される、「ルーフを取り払った」軽トラをイメージしたものだそう。

ボディサイドには「ラグナ青果」のレターが入っています。

ちなみにぼくは2年ほどハイゼットに乗っていたことがあり(軽バンの”天晴”)、そのためけっこう軽バンそして軽トラには愛着を持っていて、今でも「軽バンを思いっきり改造したい」という衝動に駆られることも。

dauhatsu

コペンをスピードスター化した「コペン スパイダーVer.」。

今回なんとスピードスターが2台も展開されることになりますが、こちらは車高ダウンにタイヤ/ホイールがツライチとなっており、正統派スポーツカーといった感じですね。

なお、ダイハツはオートサロン2016に展示した「コペンクーペ」の反響の大きさを受け、実際に2019年に市販化に踏み切っていますが、こちらのコペン スパイダーVer.の発売にも期待してしまいます。

2

クロスオーバー「タフト」をさらにワイルドにカスタムした「タフト クロスフィールドVer.」。

ダイハツはなんとかスズキ・ジムニーに対抗したいという意向を持っていると思われますが、このルックスだと「ジムニーの(悪路走行性能よりも)外観が好きな人」にはアピールできるかもしれません。

53

こちらは「意外と売れている」トールのカスタム、「トール プレミアムVer.with D-sport 」。

1

あわせて読みたい、ダイハツ関連投稿

ダイハツが「消費者の声に応えて」コペン”クーペ”発売。過去にも「買う買う詐欺」に遭ったのをお忘れか?

通好みのシックな仕様とカラー、200台のみの限定販売 ダイハツが2019年に開催されるオートサロンの出展概要を公開。今回の目玉はなんといっても「コペンクーペ」。これは東京オートサロン2016年に出展さ ...

続きを見る

ダイハツ・タフトをランクル/ディフェンダー風に!ダムドがタフト用ボディパーツを計画しているようだ

この記事のもくじ1 | タフトはなかなかにカスタムのしがいがありそうなクルマだ |1.1 DAMDは高品質でキャッチーなボディパーツをリリース1.2 製品情報は動画でも公開中1.3 こんな記事も読まれ ...

続きを見る

ダイハツがオートサロンの布陣を公開!市販前提「TAFTコンセプト」ほかコペンGR Sport、ロッキーのカスタムカーも出展

この記事のもくじ1 | TAFT(タフト)コンセプトはなかなか面白そうなクルマだ |1.1 TAFTコンセプトは市販前提1.2 そのほかにはこんなコンセプトカーも出展予定1.3 こんな記事も読まれてい ...

続きを見る

参照:DAIHATSU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5