>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

S2000発売25周年、2024年発売と言われる新型S2000はこうなる?ホンダの最新デザインを取りいれたCGが公開。社長の変わるホンダには期待したい

投稿日:

新型ホンダS2000

| 今から開発してもガソリンエンジン車は生き残れず、よってコストを考えると新型S2000発売は「無い」だろう |

さて、一部では2024年に復活するとも言われるホンダS2000。

米経済誌によると「デザインは初代S2000を踏襲」「アルミとカーボンを使用して車体重量は1360kg程度に収まる」「シビック・タイプRの2リッターターボエンジンを採用」という報道がなされています。

新型ホンダS2000が登場?
米経済誌がホンダS2000の2024年復活を報じる!「シビック・タイプRのエンジン搭載、外観は初代風、アルミとカーボンを使用して重量1360kgに収まる」

| まだまだ開発にGOサインは出ていないものの、発売に向けてなんらかの動きはあるようだ | ホンダが2024年にS2000を復活させる可能性がある、との報道。これは「ホンダに近い関係筋」がForbes ...

続きを見る

そこでデザイナーは考えた

この報道に触発されたのかどうかは不明ではあるものの、デザイナーであるSomak Biswas氏が考えたのが「新型ホンダS2000」。

予定する登場時期はS2000が発売された25周年記念(発表からだと26年)の2024年で、パッケージングとしては2シーターFR、ソフトトップにマニュアル・トランスミッション採用という「初代」の特徴をそのまま踏襲しています。

まず、同氏がこの「新型S2000」を考えるに際してピックアップしたのがライバルたち。

BMW Z4、ポルシェ718ボクスターといった面々を想定しているようですね(このあたりも初代と同じ。当時のBMWはZ4ではなくZ3でしたが)。

2021-02-21 21.52.44

新型ホンダS2000のデザインはこうなる?

そこからは新型ホンダS2000のデザインに取りかかることになり、ここで重視したのは初代のクリーンさ、そして長いボンネット。

加えて、最近発表された新型シビック(プロトタイプ)のデザイン的要素も取り入れているといい、たしかにフロントからリアにかけての「水平」なライン、フロントバンパー先端の台形ロワーグリル、その両横のエアインテークにはその面影が見えるようですね。

021-02-21 21.53.00

新型ホンダ・シビック
【動画】新型ホンダ シビック プロトタイプ正式発表!「薄く軽く水平に」、これは1980-1990年代のホンダデザインのリバイバル?

| ホンダは思い切ったデザインシフトを図ろうとしている | さて、ホンダが先日より予告を行っていた「新型シビックセダン」を公開。現時点では「プロトタイプ」にとどまるものの、これまでの例からすると、ほぼ ...

続きを見る

レイアウトは典型的なFRで、フロントエンジン、そしてリアにトランスミッションを積むトランスアクスル。

エンジンはウワサどおり、シビック・タイプRの2リッター4気筒ターボを想定しています。

2021-02-21 21.53.03

インテリアは逆に独創的

なお、そのプロポーションやFRレイアウトについては初代S2000をイメージしたものの、インテリアはまったくのオリジナルなのが面白いところ。

ダッシュボードは「水平」で、その上には液晶ディスプレイが鎮座します。

ダッシュボードは「ムードバー」と命名されており、「サウンド(スピーカー)」、アンビエントライト、エアコンベントがひとまとめになった構造。

面白いのはセンターコンソールですが、この「三段」になったタッチ式コントロールパネルは「日本の寺院にインスパイアされた」のだそう。

2021-02-21 21.53.23

実際のところどうなる「新型ホンダS2000」

新型ホンダS2000についてはこれまでにも様々なウワサがあり、今回の「前」だとホンダ創立70周年に新型S2000が登場すると言われながらもまったくそういった気配がないままに終わっています(初代S2000はホンダ創立50周年の折に発表されている)。

ホンダとしては「今はスポーツカーを作っている場合ではない」「SUVに注力しなくては」という考えもあったようですが、流行に迎合するのはホンダのやり方ではなかったはずで、それがむしろホンダの衰退を招いたのかもしれないと考えることも。

2021-02-21 21.53.28

逆に「利益にならなくとも」スポーツカーを積極的にリリースするトヨタには大きな注目が集まっており、いわばその企業が「理想を追求するか」「利益を追求するのか」について消費者は敏感に嗅ぎ分けていて、やはり理想を追い求める企業に共感をおぼえることになるのでしょうね(たしかに、スポーツカーは儲からないから、より儲かるSUVを作ると公言する企業を支持する気にはなれない)。

ただ、ホンダでは八郷氏から三部氏(エンジニア出身)へと社長が交代することが決定しており、トヨタの社長が豊田章男氏へと変わった後に大きく(トヨタが)変わったように、ホンダも変わってゆく可能性があるのかもしれません。

合わせて読みたい、ホンダS2000関連投稿

ホンダS2000の元祖「SSMコンセプト」はピニンファリーナデザインだった。S2000との差、そしてS2000を再評価してみよう

S2000はピュアさを貫いたからこそ今も変わらぬ輝きを放っている さて、今回は1995年の東京モーターショーにて発表されたホンダのコンセプトカー、「SSM」を紹介。これは見ての通り後のS2000へと繋 ...

続きを見る

ホンダS2000が現代に登場したら?NSXのフロントデザインを持つ新型S2000のレンダリング

| 誰がどう見ても、紛うかたなきS2000 | CGアーティスト、Jon Sibal氏が「もしもホンダS2000が復活したら」というレンダリングを作成。説明がなくとも「これはホンダS2000」だとわか ...

続きを見る

ホンダS2000がオークションに
まさかの「未登録、新車」のホンダS2000が競売に登場!走行わずか54km、S2000のオーナーが保管用にと購入した一台が売りに出される

| ここまで走行距離が少なくコンディション良好なS2000もまたとないだろう | 走行わずか54キロという新車コンディションのホンダS2000が、来年1月にメカム・オークションが開催する競売に登場する ...

続きを見る

参照: Somak Biswas - Behance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5