>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型フェアレディZの価格やオプションがリーク!「価格は34,995ドル」「OPでT/Sパッケージが5,000ドルで用意」「ボディカラーにはイエローとオレンジを用意」etc.

投稿日:

日産フェアレディZ

| 本当にこの価格が実現できれば新型フェアレディZはスポーツカーにおける「台風の目」に |

さて、先日は新型フェアレディZのプロダクションモデルと思われる画像がリークされましたが、今回は価格やグレードがリークされることに。

これは新型フェアレディZ専門の掲示板、「400Zフォーラム」にて書き込みがあったもので、全世界での名称はシンプルに「Z」となり、日本でのみ「フェアレディZ」と呼ばれる、としています。

新型フェアレディZの画像/動画がリーク
新型フェアレディZの画像/動画がリーク!仕様違いで2モデル、ATセレクターやオプションと思われるリヤスポイラーも確認可能

この記事のもくじ1 | これらフェアレディZのリークはそのうち投稿が消されるかもしれない |1.1 そのデザインは「フェアレディZプロト」とほぼ一緒1.2 インテリアも「フェアレディZプロト」そのまま ...

続きを見る

フェアレディZの開始価格は驚きの34,995ドル(380万円)

そして衝撃的なのはその価格で、書き込みによると、なんとスタートは(北米で)34,995ドルから。

おなじく北米にて、GRスープラ(2リッター)の価格が42,990ドル(日本だと4,995,000円)、BMW Z4 sDrive 30i(2リッター225HP)の価格が49,700ドル、スープラの3リッター版が50,990ドル(382HP、7,313,000円)であることを考慮するとまさにバーゲンプライスと言えそうです。

なお、新型フェアレディZに搭載されるエンジンはV6ツインターボ、そして400馬力を発生するというウワサ。

日産400Zプロトのスペックが判明
新型フェアレディZプロトのスペックが「444HP、1,475kg」と判明!もし440万円で発売できればM4(480馬力/1298万円)、ポルシェ718ケイマンGT4(420PS/1293万円)より圧倒的にコスパが高いクルマに

この記事のもくじ1 | この馬力で、かつMT搭載スポーツカーの価格は軒並み1000万円を超えている |1.1 ただ、このスペックを実現できれば魅力的1.2 世界で最もコストパフォーマンスの高いMT車? ...

続きを見る

本当にこの価格は実現可能?

たしかにフェアレディZプロトタイプの公式スペックでは「V6ツインターボ」という記載があるものの、34,995ドルという価格はV6ツインターボ搭載車としてはあまりに安価で、よってこの34,995ドルという(おそらく)ベースモデルは自然吸気V6エンジン搭載モデルなんじゃないかと思ったり。

ただし400Zフォーラムの書き込みでは「搭載されるエンジンはV6ツインターボ(VR30DETT)」と明言しており、本当に「400馬力の3リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、34,995ドル」で発売してくるとなると相当な人気を呼ぶ可能性もありそうです。

preview-928x522 (4)

日産は慣例として(日本で生産し、北米に輸出するクルマであっても)日本よりも意図的に安い価格をつける傾向があるので、おそらく日本ではこの34,995ドル(約380万円)よりも高価な値付けがなされるのではと考えていますが、仮に日本でも380万円くらいで販売されるとなると、3,979,800円という価格は”現行モデルよりも安い”ということに。

なお、新型フェアレディZについて、その外観が一新されてはいるものの、「中身は現行フェアレディZとほぼ同じ」だと言われ、となると日産は「ハイパワーなエンジンと初代風のオッサンホイホイ的ルックス」をメインの武器とし、そのほかはなるべくコストをかけずに新型フェアレディZを開発したということになりそう。※フルモデルチェンジというよりも、日本的な言い方をすると「ビッグマイナーチェンジ」に近い

これはこれで正しい戦略の一つであり、かつてスバルが「コストを掛けることが許されなかった」時代に採用してきた苦肉の策に(所の手段に差はあれど)よく似ているようにも思います。

スバルのキー
熱狂的ファンの多いスバル!いかにしてスバリスタが形成されたのかを考察する。「パワーに対して価格が安い」「数字などスペック的特徴が多い」

この記事のもくじ1 | ただしそれは苦肉の策から生まれた戦略だったのだと考える |1.1 実際にスバルは馬力あたり単価が最も低い1.2 これは今に始まったことではない1.3 スバルは基本的に投資ができ ...

続きを見る

新型フェアレディZの仕様はこうなっている

そして同じ書き込みによれば、新型フェアレディZには「タイプS」「タイプT」パッケージがそれぞれ5000ドルにて用意され、前者はブレンボ製ブレーキシステム、より太いスウェイバー、そして強化されたクーリングシステム、後者にはレザーインテリアに電動調整+クーラー/ヒーター内蔵シート、クルーズコントロール、ブラインドスポットモニター等が含まれます。

つまりタイプSパッケージは「走り」、タイプTパッケージは「快適性」を追求したものだということになりますが、両方装着すると10,000ドル(110万円近い)コストアップを余儀なくされ、これは新型C8コルベットにて「車両本体価格を抑え(1台あたり200万円くらいの赤字だと言われる)、しかしオプション装着率を上げてモトを取る」という戦略が採用さているのと近い考え方なのかもしれません。

逆に標準装備としてはデジタルメーター、アンドロイドオートとアップルカープレイ対応のインフォテイメントシステム、ダックテールリヤスポイラー。

ボディカラーについては現行フェアレディZと同様の構成を持ち、しかし初代フェアレディZをイメージさせるイエローとオレンジが追加される、とのこと。

正式発表は2021年後半、デリバリーは2022年から、そしてクーペのみの展開で「ロードスターはない」という情報です。

preview-928x522 (8)

合わせて読みたい、新型フェアレディZ関連投稿

新型フェアレディZにV8エンジンを スワップしたレンダリング
新型フェアレディZにV8エンジンをスワップするとこうなる?アメリカ人なら本当にやりそうなレンダリングが登場

この記事のもくじ1 | V8エンジン搭載にあたってはちゃんとフェアレディZの車体も補強済み |2 新型フェアレディZにV8エンジンを積むとこうなる2.1 アメリカ人なら本当にやりそう2.2 ほかにはこ ...

続きを見る

新型日産フェアレディZのパテント画像
新型フェアレディZ市販モデルのパテント画像が登録に!「プロト」とほぼ同じ、ただしフロントグリルはじめいくつかの相違点も

この記事のもくじ1 | 新型フェアレディZは「そのデザインが命」だけあって、プロトタイプに忠実な仕様を持つようだ |1.1 ただしいくつかの相違点も1.2 合わせて読みたい、新型フェアレディZ関連投稿 ...

続きを見る

日産フェアレディZの最新プロトタイプ
【動画】新型日産フェアレディZプロトには「別バージョン」も存在!新型パスファインダー/フロンティアのライブ発表動画にグレーのZが映り込む

この記事のもくじ1 | おそらく日産は意図的にチラ見せしているようだ |1.1 その場所は日本の日産デザインスタジオ2 別仕様の新型日産フェアレディZが登場する、新型フロンティア/パスファインダー発表 ...

続きを見る

参照: 400Z Club

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5