>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」はパワートレインの変更、デザインの調整が決定的に。続報を待とうぞ

投稿日:2021/04/24 更新日:

アストンマーティン・ヴァルハラ

| ヴァルハラのデザイン変更はありうると考えていたが、今回はかなり確度の高い報道が出てきた |

さて、アストンマーティンはハイパーカーとして「ヴァルハラ(旧AM-RB003)」をデビューさせる計画を持っていますが、そのデビューは2022年だと言われます。

なお、最初にこのプロジェクトが明らかになったのは2019年ですが、そこからアストンマーティンは「経営者が変わる」という大きな変化を迎えており、当然ながらこれに伴ういくつかの路線変更が生じたわけですね。

具体的にはラピードEの廃止やラゴンダ再生計画の凍結といったところで、そのほかは「自社製エンジン」製造計画もどうやら潰えてしまう模様。

現在アストンマーティンはメルセデスAMGと強いコネクションを持っており、新CEOもまたメルセデスAMGからやってきたトビアス・メアース氏が努めていますが、そういった経緯もあり、アストンマーティン・ヴァルハラに積まれるのは自社開発のV6ではなく、メルセデスAMG製のエンジン(形式は不明)となる可能性が大きい、と報じられています。

アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ
アストンマーティンの新型ハイパーカー「ヴァルハラ」のエンジンが自社製V6からAMG製へ!それに伴い発売も1年遅れて2023年に

| 現時点でどのエンジンかは不明、ただしV6もしくは直4、そしてハイブリッド化ということになりそう | メルセデスAMGからやってきたアストンマーティン新CEO、トビアス・メアース氏が新型車”ヴァルハ ...

続きを見る

参考までに、アストンマーティンがヴァルハラ、そしてこれから登場する他のクルマのために開発しようとしていたV6エンジンは「60年ぶり」の自社製エンジンとなる予定だったそうですが、あえなくこの計画がポシャってしまうということに(ヴァルキリーに積まれるV12エンジンは自社製ではなくコスワース製)。

アストンマーティンが”ヴァルハラ”に搭載するV6エンジン公開!実は「この60年ではじめての、自社設計によるエンジン」だった!

| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 | 現在アストンマーティンのエンジンラインアップは「V812ツインターボ」と「V8ツインターボ」の2つですが、このうちV8ツインターボについてはメルセ ...

続きを見る

「コンセプトカーとは異なるドライブトレーンを搭載」

なお、このウワサのもととなったのは、現アストンマーティンCEO、トビアス・メアース氏が英Autocarに対し、「市販バージョンのヴァルハラに積まれるパワートレインは、2019年に発表されたコンセプトカーに積まれる(自社開発のV6)ものとは異なるものとなるだろう」というコメント。

これは様々な角度から考えても納得の行く話で、メルセデスAMGからするとアストンマーティンにエンジンを販売できるのでそのぶんの売上があがり、場合によっては(F1等を通じ、メルセデスAMG製エンジンの)宣伝も可能。

アストンマーティンからすると、今までかかった開発費は捨てることになりますが、高性能で信頼性の高いエンジンを安定的に得ることができ、パーツのストックもメルセデスAMGに依存することで、自社での保管分は最小で抑えることができるものと思われます。

加えて、「勝手知ったる」エンジンでもあるので、設計についてもややハードルが下がりそう。

アストンマーティン製の新型V6エンジンが陽の目を見ること無く幕を閉じるのは非常に悲しいことで、そして今「凍結」されるということは、全世界でのEV移行スピードの速さ、アストンマーティンのロードマップを見る限り、金輪際二度と「解凍」されることはないと考えるのが妥当かもしれません。

aston-martin-valkyrie (2)

アストンマーティン・ヴァルハラは「ハイブリッド」に

そしてこのヴァルハラについて、エンジンの変更にもかかわらず、当初の計画通り「ハイブリッド」となる可能性が大。

ヴァルハラの「目標値」は1,000馬力だと伝えられるので、その出力を出すことができるとなると、おそらくは現行世代のAMGにも搭載されるV8ツインターボになるかと思われますが、メルセデスAMGが開発を進めている「AMG GT73e」と同じパフォーマンス志向のハイブリッドシステムを搭載することにより、この出力を成し遂げると考えられます。

まだまだ状況は不透明ではあるものの、これが実現できれば「フェラーリSF90ストラダーレ」「マクラーレン・スピードテール」と同等の出力を持つことになり、これらとともにハイパーカーのハードルを「最低1000馬力」に引き上げることになり、今後参入するほかメーカーに対してプレッシャーを与えることにもなりそうですね。

aston-martin-valkyrie (3)

市販モデルのヴァルハラは「外観」も変更?

そしてもう一つ重要なことは、「そのデザインも変更される可能性がある」ということ。

もしV8エンジンが搭載されるのであれば、+2気筒を収めるためにリヤセクションの変更を行う必要があり、しかし気になるのは「他の部分はどうなのか」。

ヴァルハラにつき、「ヴァルキリー」とよく似た外観が与えられることによって、アストンマーティンの「ミドシップ軍団」としてのプレゼンスを高め、そこへ同様のデザインを持つ新型ヴァンキッシュ(ミドシップ)を投入することでさらにスーパースポーツ界でのポジションを確固たるものにしようという戦略を担うクルマ。

ただしそれは前経営者であるアンディ・パーマー氏の意向でもあり、経営者が変わった今、「変化」をあらわすためにその外観を一新する可能性がないでもない、と考えています。

新型アストンマーティン・ヴァンキッシュにはMT採用が決定。MTが無いフェラーリ、マクラーレン、ランボルギーニと決定的な差を持つことに

| すでにヴァンテージAMRに採用される7速MTを使用? | 次期アストンマーティン・ヴァンキッシュはフロントエンジンからミドシップへと劇的な変貌を遂げることになりますが、アストンマーティンCEO、ア ...

続きを見る

合わせて読みたい、アストンマーティン・ヴァルハラ関連投稿

【動画】世界に存在するのはたった4台!アストンマーティン・ヴァルハラはこんなクルマだ

| 骨の髄までハイパーカー | さて、女流スーパーカー系ユーチューバー、スーパーカーブロンディさんが「アストンマーティン・ヴァルハラ」のレビューを公開。ヴァルハラは「ヴァルキリー」「ヴァルキリーAMR ...

続きを見る

アストンマーティンの新型ミドシップスポーツ、AM-RB003の名称は正式に「ヴァルハラ」になると発表。限定500台、1.5億、1000馬力のハイパーカー

| どう考えても死角が見つからない | アストンマーティンがは開発中のハイパーカー「AM-RB003」について、その名称が「ヴァルハラ(Valhalla)」になると発表し、同時にロゴも公開しています。 ...

続きを見る

参照:Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5