>その他イタリア車 >ランボルギーニ(Lamborghini)

デ・トマソ・パンテーラ現代版、アレス・パンサーはなんとデュアルクラッチなのにMT風シフトパターンを持っている!これぞ理想のトランスミッション?

投稿日:

アレス・デザインのフェイクマニュアルシフト

| さすがは少量生産、そして「車好きのためだけに」生産を行うコーチビルダーだけのことはある |

さて、デ・トマソ・パンテーラを現代に蘇らせるという計画によって誕生した伊アレス・デザインの「プロジェクト・パンサー」。

デ・トマソそのものは香港の企業、ITVが商標の所有権を購入してしまったので、アレス・デザインではこの名を使用できないものの、そのデザインは誰がどう見ても「デ・トマソ・パンテーラ」という出で立ちです。

【動画】ランボルギーニベースにて「デ・トマソ・パンテーラ」を再現した”パンサー”がついに生産開始!限定21台、価格は7500万円

この記事のもくじ1 | リリースするのは元フェラーリ副社長による「アレス・デザイン」 |1.1 ただし「パンテーラ」の名は使えない1.2 プロジェクト・パンサーのインテリアはランボルギーニ・ウラカンを ...

続きを見る

アレス・デザイン「プロジェクト・パンサー」は(デュアルクラッチなのに)Hパターンのシフトゲートを持っていた

そして今回、アレス・デザインはその「パンサー」の新しい画像を一枚公開しており、これを見ると、なんと「マニュアル・トランスミッション風の」ゲートを持つことがわかります。

パンサーそのものはランボルギーニ・ウラカンの車体とパワートレインを流用しているので、V10エンジンはもちろんトランスミッションも7速デュアルクラッチを採用しているということになりますが、それを考えるとこの構造はいささか驚きだと言えそうです。

ただ、画像をよく見れば、H型ゲートを持つといえど、左上はDレンジ、その下がNレンジ、真ん中だと上がシフトダウン、下に引くとシフトアップ。

右側では上がPレンジ、その下がリバース。

よって、このH型ゲートを使用してシフトレバーを上下左右に動かしシフトチェンジを行うわけではありませんが、シフトレバーにはエンジンスタートボタンが内蔵され、ここを押してエンジンをスタートした後、シフトレバーを操作して「PからDへ(もしくはセンターのマニュアルモードへ)」とゲート内を移動させることになります。

また、駐車する際には「DもしくはマニュアルモードからPへ」とレバーを動かすことになり、これだけでも気分が盛り上がろうというものですね。

ちなみにこのシステムはLeva Cambio Manuale Elettroattuata(電気作動式ギアスティックレバー)だと命名され、その後方にはドライブモードを変更するスイッチ(STRADA、CORSA、PISTA)も。

このドライブモードについても、単にそのモードの名称を変えたのみで、実際にはウラカンのドライブモードと同一だとは思われますが、H型のゲート、その上にある各種スイッチとも、非常に高い質感を持つパーツにて構成されており、このあたりは「さすが少量生産のコーチビルダー」だと思わせるところですね。

その他にはこんな「疑似マニュアル・トランスミッション」を持つクルマも

なお、この他にも似たような考え方を持つクルマ(コンセプトカー含む)がいくつか存在し、たとえばトヨタGR HV Sportもそのひとつ。

これは86をスポーツハイブリッド化した2017年のコンセプトカーですが、トランスミッションはATながらも、マニュアルモードを選択すれば「Hパターンにシフトレバーを動かすことで」シフトチェンジが可能です。

20171006_01_09_s

トヨタが東京MSで公開の隠し玉。ステルス戦闘機風のハイブリッドコンセプト、「GR HV SPORTS」

トヨタが世界初公開の隠し玉を公開。86のハイブリッド版? トヨタが東京モーターショーにて公開する「隠し玉」を披露。 これは世界初公開となる「GR HV SPORTS concept」となりますが、GR ...

続きを見る

そして未発売ながらも、実際に「DSG搭載ながらも、Hパターンシフトにてギアチェンジが可能な」構造を持っていたフォルクスワーゲン400Rも(ディーゼル不正事件のエ影響にて、ついぞこのクルマが発売されることはなかった)。

ついにゴルフR400発表?「サプライズがあるだろう」フォルクスワーゲン上層部語る

この記事のもくじ1 | 技術的には「十分可能」 |1.1 ATなのにMT風シフトノブ1.2 関連投稿:これはもう最強。フォルクスワーゲン・ゴルフR400(R420)が市販の見込み1.3 関連投稿:AB ...

続きを見る

なお、新型ポルシェ911(992)については、H型シフトゲートを持つわけではないものの、ほかの992型911のシフトレバーが「スイッチ」なのに対し、しっかりとしたシフトレバーが与えられています。

2022-Porsche-911-GT3-10

ポルシェが日本でも新型911GT3を発表
ポルシェが日本でも新型911GT3を発表!ハンドル位置は左右選択可能、価格は6速MT、7速PDKとも2296万円。とりあえずポルシェセンターに行ってくる

この記事のもくじ1 | RSのつかない911GT3であればボクでも売ってもらえそうだ |1.1 6速マニュアル/7速PDKの価格は同じ1.2 911GT3は限定?1.3 合わせて読みたい、新型ポルシェ ...

続きを見る

各社とも同様の考え方を持つ機構を開発しようとしているようだ

なお、韓国キアは3ペダル+シフトレバーを持ちながらも「クラッチやシフトレバーはスイッチにしか過ぎない」システムを開発中。

これは、従来のMTとの組み合わせでは難しいとされてきたアイドリングストップやハイブリッドとの連携を容易にするもので、ガソリン/ディーゼルにおけるMT比率が86%にものぼるという欧州市場において「燃費を稼ぐための方法」であり、どうやらスポーツカー向けではない模様。

そしてシボレーもコルベット向けと思われる「クラッチバイワイヤー」の特許を過去に出願しており、これによって「ペダルを踏めば自動的にクラッチが切れる」ことに。

これがどう使用されることになるのかはわかりませんが、なにかこう「驚くような」用途を実現して欲しいと思います。

やるやんシボレー。新型コルベットではクラッチを「スイッチ化」してまでMTを継続?

シボレーはマニュアル・トランスミッションに関する特許も出願 最近になって立て続けに登録されるシボレーの特許。 主にはミドシップ化される新型コルベットに採用されるものだと考えられているものの、今回は「マ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車, >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5