>アウディ(Audi) >ベントレー(Bentley)

ベントレーのEV第一弾は予定を変更してアウディの「アルテミス計画」との同時進行!早ければ2024年、SUVとして登場することに

投稿日:

ベントレー・フライングスパー

| ベントレーは今後アウディ直下にて管理されることになり、大きく計画が変更されることになりそうだ |

さて、ベントレーはアウディの管理下に置かれ、エレクトリック化に向けて一直線に進むことになりますが、そのピュアエレクトリックモデル第一弾は「SUV」になること、そしてフォルクスワーゲングループの進める「アルテミス」プロジェクトがベースになることが明らかに。

これはベントレーCEO」、エイドリアン・ホールマーク氏がカーメディアに対して語ったもので、早ければ2024年に発売され、かつ「高度な自動運転システム」を持つであろうことについても触れています。

ベントレー・コンチネンタルGT
21年3月からアウディの管理下に置かれるベントレー。「ポルシェの下でなくて良かった・・・」。なお、今後は少量生産の超高額車生産ブランドに?

| 「バカラル」「ブロワー」等のプロジェクトを見ると、ベントレーは今後方向転換を行いそうだ | さて、ベントレーは2021年3月1日からアウディの管理下に置かれる(フォルクスワーゲンの重役会議の決定に ...

続きを見る

アルテミス・プロジェクトとはなんぞや

なお、アルテミス・プロジェクトとはアウディの新CEO、マルクス・ドゥスマン氏が中心となって進めるプロジェクトであり、簡単に言うと「テスラ対策」。

特定の電気自動車を迅速に開発することを最優先として、プロジェクトメンバーに大きな裁量を与えることでフォルクスワーゲングループの持つ資産を(ソフトだろうがハードだろうが)自由に活用でき、これによって「必要なときに、必要な技術を、必要なところから、必要なだけ」引き出すことが可能になるため、新型車開発に集中することが可能となります。

アウディのキー
その名は「アルテミス・プロジェクト」!アウディが対テスラ精鋭チームを結成し、2024年に次世代EVを発売

さて、フォルクスワーゲングループが年一回の定例ミーティングを開催し、その中でVWグループ会長であるハーバート・ディエス氏がアウディを中心としたエレクトリックカー計画について言及。これによると、まずe- ...

続きを見る

そしてベントレーはこの「アルテミス」プロジェクトに参画することとなり、これによって「最初から、ベントレーの思うようなクルマを作ることが可能になる」とのこと。

今までの新型車開発手順であれば「できあがったものをベントレーに持ってきて、ベントレー仕様に作り変える」必要があったものの、今回は「最初からベントレー仕様で」開発できるため、開発期間を大きく短縮できるということに繋がります。

そして早ければ、このアルテミス・プロジェクト経由にて誕生するベントレーの新型EVは「2024年登場」だということになりますが、これは同じくアルテミス・プロジェクトによって誕生する「初の」アウディのクルマとほぼ同時期。

つまりは相当なハイペースで開発が進められるということになります(ベントレーの顧客の39%が、次に購入するクルマに”電気自動車”を検討しているというデータがあるそうで、ベントレーとしては急がねばならないのもまた事実)。

ベントレー最初のEVはどんなクルマに?

そして気になるのが、この「ベントレー初」のEVがどんなクルマになるのかということですが、ベントレーによると「SUV」。

現在ベントレーにおける販売の主役は「ベンテイガ」であり、それを抜きにしたとしても、世の中の状況を見ると「SUV抜きでは語ることができない」状態です。

2024年まではまだまだ時間がありますが、ベントレーによると「バッテリー密度は年々向上しており、このまま進めば、2024−2025年には、思ったような性能を発揮させるのに、比較的軽いバッテリーで済む可能性がある」とも述べており、今後に期待したいところです。

ベントレーが創業102年にして累計生産20万台を達成
ベントレーが創業102年にして累計生産20万台を達成!なお20万台のうち40%は2003年登場のコンチネンタルGT、2015年発売のベンテイガはすでに12.5%

| さらに20万台のうち75%はフォルクスワーゲン傘下となってから発売されたクルマたち | さて、ベントレーが1919年の創業から数え、102年にしてついに「累計生産20万台に達した」と発表。ただし興 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

ベントレー「バッテリー性能が上がる2025年までEVを発売できない」。加えてEV第一号はコレクター向けの超高価限定モデルになる、とも

| ここ最近、どのメーカーも同様のコメントを発するようになってきた | ベントレーは以前より比較的エレクトリック化に対して理解を示しているブランドであり、過去には何度か「エレクトリック化に注力」「現行 ...

続きを見る

ベントレーのコンセプトカー、EXP100
ベントレー「2025年に発売するEVはハイライダーになる」「女性にアピールしたい」「変化するラグジュアリーに対応する」

| EV時代のクルマは今のクルマの「あり方」とは全く異なる | ベントレーは2025年にはピュアEVを発売すると言われていますが、その新型車は以前に発表されたEXP100 GTのデザインをフィーチャー ...

続きを見る

ベントレー・コンチネンタルGT
ベントレー「2030年にガソリンエンジン完全撤廃。2023年までには全モデルにPHEV追加」。ここからの数年は急激に変化することになりそう

| ベントレーはようやく自らの道を決したようだ | 100周年を迎えたベントレーが、自社の開催したイベント”ビヨンド100”にて、「我々はサステナブル・ラグジュアリーモビリティにおいてリーディングカン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi), >ベントレー(Bentley)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5