>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

マンソリーが「すごく黄色な」メルセデスAMG G63のカスタムカー「GRONOS」公開!手が入っていない場所を探すほうが難しいほどのフルカスタム

投稿日:2021/06/19 更新日:

マンソリーが「すごく黄色な」メルセデスAMG G63のカスタムカー「GRONOS」公開

| マンソリーがこういった明るい色を採用するのは珍しい |

価格はメルセデスAMG G63の「倍」ほどだと思われるが、細部には価格を納得あせるだけの作りも

さて、数々のカスタムカーを精力的に発表するマンソリー。

今回はメルセデス・ベンツGクラス(AMG G63)の新しいカスタムをリリースしていますが、見てのとおり「とことんイエロー」です。

なお、このカスタムプログラム自体はマンソリーによって「グロノス(Gronos)」と命名された一連のシリーズであり、しかし「カラーのみが新しい」ということになりそうですね。

エンジン出力は850馬力へ

このメルセデスAMG G63 マンソリー・グロノスのエンジンは850馬力にまで出力が引き上げられており、これによって0−100km/h加速は3.5秒へ。

1

さらに最高速は(オプションのAMGドライバーズパッケージを装着したG63に比較して)+10km/hの250km/h。

2

出力の割に最高速が高くないようにも思えますが、これはGクラスがもともとオフローダーとして設計されており、得意領域が「高速走行ではない」ということに起因するのでしょうね。

3

カーボン、カーボン、カーボン

そしてメルセデスAMG G63 マンソリー・グロノスの外観上の特徴は「カーボンファイバー」。

4

ボンネットやドアミラー、そしてモールまでもがカーボンファイバー。

ドアミラーにはイエローのラインが入っていますね。

7

ルーフにはLEDライトバー。

6

リアだとスペアタイヤカバー、テールランプベゼル、ダクトやカバー、リアスカートなどもカーボン。

ホイールにはブラックが採用されて全体を引き締め、外周にはイエローのライン入り。

5

リアウイングは「3ピース」。

8

メルセデスAMG G63 マンソリー・グロノスのインテリアはこうなっている

そしてこちらはメルセデスAMG G63 マンソリー・グロノスのインテリアですが、エクステリアに負けず劣らず「イエロー」です。

9

もちろんアクセントカラーは「ブラック」。

ルーフライナーやシートベルトまでもがイエロー、そしてシートベルトのバックルまでもがレザー張り。

今回、メルセデスAMG G63 マンソリー・グロノスの価格は公開されていないものの、これまでの例から見て「新車のメルセデスAMG G63の倍程度」だと思われ、しかしこういった細かいところにまで及ぶカスタムがその価格を「正当化」しているということになりそうです。

10

ステアリングホイールもイエローにカーボンファイバー。

明確にアナウンスはなされていないものの、カーボンファイバーの表面には「金箔」が散りばめられているようですね。

センターには「Gronos」の文字が入ります。

11

シートにはダイヤモンドステッチと「MANSORY」文字が刺繍にて。

14

センターコンソールにもおそらく金箔。

31

スカッフプレートにも金箔と「MANSORY」ロゴ。

フロアマットはレザーに張り替えられ、ペダルも「ブラックとイエロー」のオリジナル品が装着されており、見る範囲では「メーターやスイッチを除くと、なにひとつ手が入っていない部分はない」のかもしれませんね。

12

参照:MANSORY

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5