>ロータス(Lotus)

ロータス・エミーラのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは6色、内装は4色、ブレーキカラーも4色。このクルマがフェラーリF8トリブートの1/3で購入できるとは

投稿日:

ロータス・エミーラ

| ロータス・エミーラは発表と同時に称賛の嵐に包まれているようだ |

この価格でこの内容を実現できたのは驚きとしかいいようがない

さて、ロータスはブランニューモデル「エミーラ」を発表していますが、今回はそのカーコンフィギュレーターをオープン。

エミーラの受注はすでに欧州にて開始されており、納車は2022年からと言われます。

そして初回生産分は「ファーストエディション」としてのデリバリーになるようで、今回公開されたカーコンフィギュレーターも「ファーストエディション」をベースとしています。

ちなみに価格は6万ポンド(日本円で915万円くらい)からに設定されており、これまでのロータス車の価格設定や、ライバルの価格に比較すると「驚くべき内容」を持っていると考えて良さそうですね。

ロータスが新型車「エミーラ」発表!なんとエンジンはメルセデスAMG製
ロータスが新型車「エミーラ」発表!なんとエンジンはメルセデスAMG製、内外装は「これまでのロータスと未来のロータスとの橋渡し」

| 「エミーラ」は古代語で「リーダー」の意 | 価格帯、パフォーマンスとしてはポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110と同じゾーンに収まるようだ さて、ロータスが待望の新型車「エミーラ」を発表。ロー ...

続きを見る

ロータス・エミーラのボディカラーは6色

今回、カーコンフィギュレータにて公開されているボディカラーは6色。

021-07-08 4.52.47

Seneca Blue、Nimbus Grey、Shadow Grey、Dark Verdant、Hethal Yellow、Magna Redというラインアップですが、これは現代のハイパフォーマンスカーとしてはやや少ないほうかもしれません。

021-07-08 4.53.10

昨今のユーザーはスポーツカーにおいて「機能」よりも「パーソナリゼーション」を重視する傾向にあるといい、そのために(選択肢が少ないと批判されていた)アルピーヌA110も大幅にボディカラーの選択肢を増加させたほどなので、今後ロータスも同様の対応を取る可能性もありそうですね。

021-07-08 4.53.01

アルピーヌが純正カスタムを拡充!A110のボディカラーに29色が追加され、ホイールやブレーキカラーも選べるように。これで購入に一歩近づいたな

| 今まではボディカラーの少なさが”引っかかって”いた | さて、最近になり積極的な展開を行っているアルピーヌA110。発売当初は半年~1年の納車待ちと言われたものの、現在では「初モノ買い」需要も一巡 ...

続きを見る

ねお、6色のうち2色がメタリックグレーです。

021-07-08 4.52.55

英国車らしいグリーンも。

021-07-08 4.52.52

おなじみレッド。

021-07-08 4.52.44

各部をブラック化するオプションも

外装オプションでは「ブラックパック」「ロワーブラックパック」が選択でき、前者はこんな感じでルーフやドアミラーがブラックに。

021-07-08 4.57.03

ロワーブラックパックでは、テールパイプがクロームからブラックに変更される、とのこと(カーコンフィギュレーター上での変化は見られない)。

021-07-08 5.16.03

ホイールは5パターン、ブレーキキャリパーは4色

エミーラに用意されるホイールは2種類5パターンで「デザイン1シルバー」「デザイン1ブラック」「ウルトラライトVスポーク鍛造(ダイヤモンドカット)」「ウルトラライトVスポーク鍛造(ブラック)」「ウルトラライトVスポーク鍛造(シルバー)」。

021-07-08 5.00.02

ブレーキキャリパーはシルバー、レッド、イエロー、ブラックの4色です。

021-07-08 4.59.45

ちなみにブレーキキャリパーのロゴは「LOTUS」。

2021-07-08 5.12.58

インテリアの選択肢は比較的豊富

なお、ボディカラー6色に対してインテリアカラーは4色あり、ここは「住居の外観は質素でも、家の内装にはこだわる」傾向が強いとされる英国ならでは。

021-07-08 5.24.09

カラーとしては「ブラック」「アイスグレー」「レッド」「タン」、そして「ブラックアルカンターラにグレーステッチ」「ブラックアルカンターラにレッドステッチ」「ブラックアルカンターラに・イエローステッチ」が選択可能。

021-07-08 5.01.46

さらにステアリングホイール単体では「ブラックレザー」「ブラックアルカンターラ」に加え・・・

021-07-08 5.25.06

「ブラックアルカンターラにグレーのナッパレザーによるセンターマーク」「ブラックアルカンターラにレッドのナッパレザーによるセンターマーク」「ブラックアルカンターラにイエローのナッパレザーによるセンターマーク」を選べます。

021-07-08 5.23.50

エンジンの選択肢は二種類

エミーラには二種類のエンジンが用意され、ひとつは「メルセデスAMG製のターボエンジン(360馬力)」で、こちらと組み合わせられるのは8速デュアルクラッチ・トランスミッションのみ。

021-07-08 5.16.47

もう一つは3.5リッターV6(こちらは今まで通りトヨタ製、395馬力)で、こちらはマニュアル・トランスミッション、もしくは6速ATが選択可能です。※ボディ形状やディティールに変更はなく、エンジンカバーのデザインが多少変わるようだ。画像はV6版

021-07-08 5.16.26

ロータス・エミーラの実車レビューも続々

ロータスはエミーラの発表に向けて着々と準備を進めていたと見え、発表と同時にいくつかのレビュー動画も公開されており、ここにいくつかを紹介したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロータス(Lotus)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5