ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが他社EVにも専用充電器「スーパーチャージャー」開放!一見するとテスラにはなんのメリットもなさそうだが

投稿日:2021/07/23 更新日:

テスラ・モデル3、モデルS、モデルX

| ただしイーロン・マスクCEOのことなのでなんらかの勝算があるのは間違いない |

テスラオーナーが充電しにくくなることも間違いない

テスラが自社にて設置した充電器「スーパーチャージャーを開放する」模様。

これは今年後半にも行われ、かつ「すべての国と地域」が対象となるようですね。

テスラはすでに世界中に2700もの充電ステーション、5,000台以上のスーパーチャージャーを設置していますが、これによってテスラがほかのEVよりも充電しやすい環境にあるのは間違いなく、「テスラの販売を有利に進めていた理由の一つ」でもあったわけですね。

テスラ・モデルS
テスラが中国に媚びる?「シルクロード沿いに、5,000kmにおよぶ充電ネットワークを設置した」と発表。最終的には上海〜ロンドンまでを結ぶ充電ルートを作るようだ

| 充電ネットワークの豊富さはテスラの一つの魅力でもある |この記事のもくじ| 充電ネットワークの豊富さはテスラの一つの魅力でもある |これでテスラは中国政府や中国人民の信頼を取り戻せる?テスラは最終 ...

続きを見る

スーパーチャージャーを開放することによるテスラのメリットは?

さらに、スーパーチャージャーはテスラ専用であるために「そんなに混んでない」「充電したいときに充電できる」のもメリットだったわけですが、これを開放することで他社のEV販売も加速され、かつテスラオーナーが充電しにくくなる、ということも容易に想像ができます。

ただ、イーロン・マスク氏がボランティアを行うとは到底思えず、よってこの「スーパーチャージャー開放」の裏にはなんらかの意図があるものと思われ、たとえば今後増えるであろう他社の充電ネットワークとの乗り入れを行ったり、テスラオーナー以外には「割増料金」による課金を行うのかもしれません。

いずれにせよ、これがEV普及に拍車をかけることは間違いなく、というのも、今までEVが普及しなかった理由のひとつが「充電する場所がなかったから」。

ポルシェ・タイカンを購入した人気ユーチューバー、EVに乗る苦労を語る
【動画】ポルシェ・タイカンを購入した人気ユーチューバー、EVに乗る苦労を語る。「これほどツラい思いをしたことはない」「自身の忍耐力を試されている」

| 自宅に専用充電器を設置できる環境になければ、「充電難民」となるのは目に見えている |この記事のもくじ| 自宅に専用充電器を設置できる環境になければ、「充電難民」となるのは目に見えている |ただし航 ...

続きを見る

実際に「充電」問題にてEVオーナーの1/5がガソリンに戻っているという調査もあり(ぼくもその一人)、このスーパーチャージャー開放が今後どう働くのかは注目に値するところですね。

ただ、テスラのスーパーチャージャーは「専用」コネクタを持っているので、このコネクタを他社製EV用に変換できるアダプターが必要となるのは間違いない、と思われます。

BMWのキー
米ではもっともEV化が進み、EVに優しいカリフォルニアでも「EV購入者の1/5がガソリンに戻っている」という事実。その理由とは?

| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買うつもりはない |この記事のもくじ| 地域こそ違えど、ボクもEVからガソリンに戻った一人でもある。そして当面EVを買う ...

続きを見る

現在、様々な充電ネットワークが増えているが

なお、「家でEVを充電できる」環境にある人はあまり多くはなく、つまり自宅駐車場を持ち、さらに充電器を設置できる環境でないと「家での充電は無理」。

大阪だとその環境にある人は最大で35%くらいと聞いたことがあり、となるとあとは「外で充電するしかない」わけですね。

これは海外でも同じ事情だと見え、アメリカだとBlink Charging社、EVgo社、ChargePoint Holdings社、Volkswagen社のElectrify Americaが充電インフラの拡充に動いており、ジョー・バイデン大統領政権は最近、充電ステーションを含む電気自動車のインフラ整備に75億ドルを投じることを含む、「インフラ整備に1.2兆ドルを投資する」という上院の合意を受け入れたと報じられ、同様の動きが他の国や地域でも見られることになりそう。

6cf6a265-tesla-supercharging-2

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ・モデルS
テスラの2021年第2四半期は「過去最高」の販売台数を更新!一方、納車が開始されたばかりのモデルSプレッドが炎上、そして「品質に問題あり」との指摘も

| ただし販売のほとんどがモデル3とモデルYに集中し、この状況の判断は二極化しそうだ |この記事のもくじ| ただし販売のほとんどがモデル3とモデルYに集中し、この状況の判断は二極化しそうだ |このまま ...

続きを見る

テスラ・モデルS
テスラが中国にて28万台超の大規模リコール!やはりブレーキ問題で中国人民の感情を損ねたことに配慮か

| テスラは中国での国民感情を損ねたことで、販売が半分に落ち込んだと言われている |この記事のもくじ| テスラは中国での国民感情を損ねたことで、販売が半分に落ち込んだと言われている |その後は「シルク ...

続きを見る

テスラ・モデル3
テスラが既存自動車メーカーのEVに襲いかかる?新型「ベイビー・テスラ(モデル2)」は価格、航続可能距離ともに既存のどのコンパクトEVより優れるようだ

| これまでは「追われる」ことが多かったテスラだが、欧州市場で人気のコンパクトEV市場へ |この記事のもくじ| これまでは「追われる」ことが多かったテスラだが、欧州市場で人気のコンパクトEV市場へ | ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5