ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>三菱(MITSUBISHI)

もし三菱がランサーエボリューションを復活させたら?ボクが「スポーツカーは売れないが、会社のイメージを変え、全体の販売を向上させるのに重要」だと考えるワケ

投稿日:

もし三菱がランサーエボリューションを復活させたら?ボクが「スポーツカーは売れないが、会社のイメージを変え、全体の販売を向上させるのに重要」だと考えるワケ

| ロシアより新型ランエボの「復活希望」レンダリング。このまま発売されてもおかしくはなさそう |

スポーツカーはやはり企業の広告塔としての役割も担っている

さて、三菱は今年5月に「ラリーアートの復活と、モータースポーツへの参戦」を発表しており、ここでウワサされたのがWRCやダカールラリーへの復帰。

ただし現在三菱はモータースポーツの場において高い競争力を発揮するクルマを持たないため、ランサーエボリューションの復活を期待する声も同時に高まることになったワケですね。

しかしながら数日前に発表された「ラリーアート復活第一弾アイテム」は単なるステッカーやコスメチューンのたぐいであり、ここで大きく市場を落胆させてしまったのもまた事実。

つまり三菱は、ラリーアートブランドのリブートについて、コストをかけず、しかしコストを回収しやすいSUV向けのパーツに特化することに専念したということなのかもしれません。

三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる
三菱が「新生ラリーアート」パーツ第一弾を発表!モータースポーツ復帰を公表していただけに「ファッションアイテム」のみのリリースに動揺が広がる

| まさか新生ラリーアートがこれだけで終わるはずはないと思うが |この記事のもくじ| まさか新生ラリーアートがこれだけで終わるはずはないと思うが |たしかにタイではこういったアクセサリーが好まれるとは ...

続きを見る

実際にランエボ登場の可能性は限りなく低い

そして今回公表されたのが「新型ランサーエボリューションが登場していたらこうなっていたんじゃないか」というレンダリング。

ダイナミックシールドを装備し、ランエボっぽいイエローのボディカラーを持つ作品であり、全体的な雰囲気は2015年に販売を終了したランサーエボリューションXに似ているように思います。

リアには大きなウイングそして特徴的なLEDテールランプが装着され、現代のクルマらしい雰囲気も持っており、全体的に「このまま登場してもおかしくない」デザインを持っているように見えますね。

2021-12-02 9.34.34

果たしてランエボは復活するのか?

そこで気になるのが「実際にランサーエボリューションが復活する日は来るのか」。

おそらく直近では「ないだろう」と考えるのが妥当であり、というのも現在経営再建中の三菱は「Small but Beautiful」なるスローガンを打ち出していて、コンパクトカーとSUV、そして市場としては主に東南アジアに集中することがアナウンスされているため。

パジェロ生産終了を決めた三菱!「Small but Beautiful」再建プランを打ち出し、強みに特化した新型車11種を発売予定

| 日産のように「新型車の開発凍結」ではなく前に進むのはいいことだ |この記事のもくじ| 日産のように「新型車の開発凍結」ではなく前に進むのはいいことだ |ルノー=日産=三菱間では競争しないこんな記事 ...

続きを見る

もちろんこれは日産やルノーとの共同戦線にて、それぞれの得意分野を活かし、それぞれが競合せず、アライアンスにて最大限の効果を発揮するようにと考えられたものです。

日産がウワサどおり「新再建プラン」発表!ルノー/三菱との取り組みを強化し、これまで以上に共有化推進。開発には車種・分野ごとにリーダーを決めて「競争しない」

| 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている |この記事のもくじ| 実際にどこまで「貫けるか」は各社の覚悟と本気度にかかっている |ルノー・日産自動車・三菱自動車の”今後の取り組み ...

続きを見る

よって三菱はランエボを発売することはもちろん、開発することすら許されないだろうと考えているわけですが、三菱は「ランサーエボリューションを発売するには会社の体力が”まだ”十分ではない」とも語っているので、復活の可能性はゼロではないのも間違いなさそう。

現代ではイメージ戦略が持つ意味は大きい

なお、現代において自動車は性能や機能よりも「イメージ」によって販売されるものと考えてよく、もっとも重要なのは「ブランドイメージ」だと思われます。

実際のところ、トヨタがスポーツカーに注力するようになってからトヨタに対する多くの人の認識が変わったこともまた事実であり、「たとえスポーツカーが商業的に成功しなくとも」会社のイメージを変え、全体的な利益を増加させた、とも考えてよさそう。

加えて、現在世界中で日本の「ネオクラシックカー」の人気が高まっており、とくにトヨタ・スープラやランサーエボリューション、ホンダS2000はそうとうな高値で取引されています。

ランサーエボリューション トミ・マキネンエディション
まさかの2000万円オーバー!6月の1530万円に続き、ランエボVI トミ・マキネンが2240万円にて落札される。ただしシリアルは「001」

| もともとランエボはカルト的人気がある上にモータースポーツ直結という性格もあり、今後も価値を上げ続けるだろう |この記事のもくじ| もともとランエボはカルト的人気がある上にモータースポーツ直結という ...

続きを見る

そしてGRスープラ発売時の熱狂、そして新型フェアレディZの発表が大きな話題を振りまいていることを考慮するに、三菱にとって「ランエボの復活」がなによりも大きな宣伝効果をもたらし、会社のイメージを大きく変えることになるのは間違いなさそう(たとえスポーツカーに興味を持たない人にとっても、”楽しそうなクルマ、話題のクルマを作っている”という雰囲気は伝わる)。

もちろん三菱もそういった例を肌で感じているはずで、しかしまだ「ランエボを復活させるには”まだ”余裕が足りない」ということなのでしょうね。

合わせて読みたい、ランサーエボリューション関連投稿

ランエボが復活するとこうなる!三菱が好きすぎるファクトリーがエクリプス顔の「ランサー・エディションR」を製作

あまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほどこの記事のもくじあまりの完成度の高さにオフィシャルと見まごうほどボディパネルは総入れ替えランサー・エボリューションは復活するのか?あわせて読みたい、ラン ...

続きを見る

【三菱コンセプトRA(2008)】2ドア、そして未来のランエボ。もしこのクルマが発売されていたら、スポーツカー市場を根本から覆していただろう

| ある意味で、このクルマは「先を行き過ぎていた | 三菱が2008年にデトロイト・モーターショー(North American International Auto Show=NAIAS)で発表した ...

続きを見る

ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場
ランサーエボリューションが復活したらこうなる?というCGが登場。ランエボ復活の可能性はゼロではないと思うものの、ボクは「三菱にとってパジェロのほうが優先順位が高い」と考えている

| ランエボらしいディティールが盛り込まれた秀逸なレンダリング |この記事のもくじ| ランエボらしいディティールが盛り込まれた秀逸なレンダリング |三菱としても「ランサーエボリューション」というビッグ ...

続きを見る

参照:Kolesa

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->三菱(MITSUBISHI)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5