レンジローバー

レンジローバー・オートバイオグラフィーの内装カスタム(ヴィルナー)

最高級のレンジローバー・オートバイオグラフィーの内装にも満足できなかったオーナー!内装スペシャリストに命じてフルカスタムを実施

| ここまで内装のカスタムに費用を投じることができる人は少ない | さて、ブルガリアにてインテリアのカスタムを手掛けているVilner(ヴィルナー)。メルセデス・ベンツ、ポルシェ、フェラーリ、BMW等 ...

中国にてレンジローバーのコピー車、ハンクト・カンティシー

まだまだ中国の暴挙は続く!レンジローバーのコピー車を作り、「オプション」としてレンジローバーのエンブレムを2,000円で販売する自動車メーカーが登場

| ここまでのことを平気でできる神経を疑ってしまう | さて、最近は(以前とは異なり)オリジナリティの追求を重要視していると言われる中国の自動車メーカーですが、まだまだ「コピー」「パクリ」から抜け出せ ...

ランドローバー・ディフェンダー

新型ディフェンダーが日本市場で「売れすぎ」。受注が止まらず納車待ちが長くなり、納車までにもう一台のランドローバーを持ってもらう「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」が登場

| 新型ディフェンダーはメルセデス・ベンツGクラス同様に「セレブ御用達車」の仲間入りか | さて、2019年に先行受注が開始された新型ディフェンダー「ローンチエディション」「スタートアップエディション ...

レンジローバー・イヴォークにリコール、火災のおそれ

レンジローバー・イヴォーク、ボルボS60/S80にリコール!イヴォークはハイブリッド関連の問題にて「最悪の場合は車両が燃える」

| レンジローバー・イヴォークのリコールは珍しい | さて、年の瀬に差し掛かった現在、ランドローバーとボルボにリコール発表。両者ともに「あまりリコールの例を見ることはない」珍しい顔ぶれですが、まずラン ...

新型メルセデス・ベンツCクラスの試作車

新型車スパイフォト3連発!メルセデスAMG C53、ニュルブルクリンクを走るGクラス4X4、レンジローバー

| 新型メルセデス・ベンツCクラスはおそらく2021年発表。もちろんAMGモデルも健在 | さて、各自動車メーカーとも、これまでの遅れを取り戻そうとニューモデルの開発を活発化。まだまだコロナウイルスの ...

2027年のレンジローバーはオフロードからオンロードへ!ピュアEV、自動運転の「アーバン」コンセプト

| レンジローバーは今後どの方向へ? | インダストリアルデザイナー、Tomas Zumalakarreguiが2027年のレンジローバーを考案。レンジローバーは1970年に「世界初の高級オフローダー ...

ランドローバーが「ベイビーディフェンダー」を2022年に発売とのウワサ!外観はまんまディフェンダー、価格は340万円から

| ただし現時点では公式に何も語られてはいない | さて、ディフェンダーを発表したばかりで勢いづいているジャガー・ランドローバー。直近だとフルモデルチェンジ版のジャガーXJそしてレンジローバーの登場が ...

急だけどポルシェ・マカンを買うことにした!ボクは常に「買うべきクルマ」リストを作り、評価項目を定めている

| 今回の目的で言えば、マカンはベストマッチ | さて、ポルシェ・マカンを購入することに決定。なんどかアップしている通り、なるべく早く乗れるクルマを購入する必要が生じ、その状況に対処すべく中古車という ...

年内に車を買わなければならなくなった!現在の候補は「レンジローバー イヴォーク」、「ポルシェ マカン」、「ミニJCW」

| 中古車は「すぐ乗れる」というメリットがある反面、なかなか希望の個体が見つからない場合も | さて、現在中古車の購入を検討中。なぜ中古車なのかというと、「すぐに乗れるから」。そしてこの「すぐに乗れる ...

北米で「最も売れやすい車」「最も売れにくい車」公開!やはりスバルが強く、三菱、日産、ランドローバーが下位を埋める

| これを見るに、日産と三菱が業績を回復するのは並大抵のことでは難しいだろう | さて、米国 iSeeCarsが「もっとも回転のいい車」と「もっとも回転の悪い車」を発表。注意すべきは、この統計は「在庫 ...

【今日のニュース:新型車編】メルセデスAMG C53、リア周りのデザインが新しい次世代レンジローバー、想像とちょっと違ったBMW iNextが目撃に

| 今年後半もニューモデルの発表ラッシュとなりそうだ | さて、今日のニュース、「新型車編」。まずはメルセデスAMG C53と思われるプロトタイプですが、これはもはや説明不要、フルモデルチェンジ版Cク ...

新型ランドローバー・ディフェンダーに試乗!オンとオフ、ギア感と高級感、新と旧など「相反する要素」を巧みにブレンドした類稀なるSUVだった!!

| 正直、ここまでの出来だとは思わなかった | さて、待望のランドローバー・ディフェンダーに試乗。意外かも知れませんが、ぼくはSUVやオフローダーが大好きで、これまでにもレンジローバー・イヴォーク等を ...

レンジローバーが「50年前の初代」をイメージした限定モデル「フィフティ」を発表!当時をイメージしたブルーそしてベージュが設定され特別感を盛り上げる

| このカラーは現代のレンジローバーに設定されていないだけに新鮮 | レンジローバー誕生50周年を記念し、初代レンジローバーをイメージした特別仕様”レンジローバー・フィフティ”が登場。誕生した年(19 ...

こんな四角いクルマは見たことがない!新型レンジローバー試作車が目撃に。独特のシルエットとディティールでライバルと差別化か

| レンジローバーは「食われたシェア」を取り戻さなくてはならない | フルモデルチェンジ版となるレンジローバーのプロトタイプが目撃。今回のスパイフォトはかなり鮮明な画質で捉えられており、全身くまなくフ ...

まいった だんだん話がわからなくなってきた。中国にてレンジローバーのコピー車が発売→別の会社から名前を変えてまた発売

| 中国のコピービジネスは思ったよりも闇が深そうだ | さて、中国にて発売されたレンジローバーのコピー車”Kuangshi”が話題に。このコピー車はもともと「中国でも有名な」コピー車製造会社、Zoty ...

レンジローバー・イヴォーク、ディスカバリースポーツにPHEV設定。バッテリーのみで60km走行可能、エンジンは1.5リッター3気筒

| ガソリンエンジンは前輪、エレクトリックモーターは後輪を駆動 | ジャガー・ランドローバーがレンジローバー・イヴォーク、そしてランドローバー・ディスカバリー・スポーツにプラグインハイブリッドモデルを ...

完全新設計、5代目レンジローバーが初めて目撃。現行以上に高級感と存在感を増し、さらには「フルエレクトリック版」も

| ボディサイズは標準そしてロングホイールベースの二種 | さて、そろそろフルモデルチェンジの時期が近づいているレンジローバー。今回、その次世代レンジローバーと見られるプロトタイプが捉えられています。 ...

2019年、もっとも英国で人気を集めた車はVWゴルフ。しかし4位にはレンジローバーが。人気色だとブルー、レッドが入り他の国とは異なる傾向

| 一方、「エコカーランキング」ではトヨタの独壇場 | 英国メディア、AutoTraderが「2019年、イギリスでもっとも興味をひいた」クルマを統計とともに公開。結論から言うとこれは「フォルクスワー ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f